北方領域へのロシア侵略と売国の徒

北方領域へのロシア侵略と売国の徒

北方領土四島だけでなく、帰属未定の樺太・北千島の不法占拠を続けるロシア。数年来の強硬姿勢は「これが戦後秩序だ」とする主張に、実は国際法上の根拠がないことの〝裏返し〟だという。そして日本にはロシアを利する勢力がある。

無効なヤルタ密約を有効にしたい者たち

 平成28年2月7日、わが国は「北方領土の日」を迎え、各地で返還期成行事が催された。
 大統領ウラジーミル・プーチン率いるロシアは数年来、四島をはじめとするわが国北方領域の不法占拠を正当化しようとする主張を、より強硬にしている。
 これは、21世紀の専制皇帝を志向するプーチンの意向を領土にも反映していると思われがちだ。だが実は、「戦後体制によるものだ」とするヤルタ密約などロシアの論拠が、国際法上はまったく無効であることを自覚している〝裏返し〟でもあることを有馬哲夫氏が別冊正論「『樺太―カラフト』を知る」で論証しているので、お読みいただきたい。
 早稲田大学でメディア研究を続ける有馬氏は、欧米の公文書館などを飛び回っては膨大な一次資料に当たり、戦後に歪められたわが国現代史の実像を発掘し続けておられる。
 そもそも「北方領土の日」とは、1855年の日露和親(通好)条約を結んだ日にちなんでいる。ここからして「控えめ、遠慮深い日本人」の勘違いなのである。
 1855年は安政元年。安政年間といえば、江戸幕府が軍事力を背景にした欧米列強5カ国と不平等条約を結ばざるを得なかったことで知られる。
 日露和親条約はこの最たるものだ。「日米修好通商条約と違い、日露和親条約は双務的だった」と、いかにも対等な立場で締結されたと主張する左巻きの学者が実に多い。
 しかし実際の締結交渉は、樺太・千島という歴史的なわが国領域へ軍事威嚇を加えながらのもので、北千島を奪われ、樺太も侵奪の突破口を掴まれてしまった。つまり、安政不平等条約の中でも、わが国が列強に領土を奪われた唯一の条約なのだ。
開発が進む択捉島 指臼山の中腹からは択捉島で最も多い3000人が暮らす紗那の街は見える。日本一大きな島、択捉島のほとんどが手つかずの原生林だ=北方領土択捉島(鈴木健児撮影)
開発進む択捉島 指臼山の中腹からは択捉島で最も多い3000人が暮らす紗那の街は見える。日本一大きな島、択捉島のほとんどが手つかずの原生林だ=北方領土択捉島(鈴木健児撮影)
 こんな条約にちなむとなれば「同じようにロシアの強硬要求、軍事圧力に屈するのか」と思わせ兼ねない。
 日本はシャム(タイ王国)と並び、アジアで列強から領土侵奪を受けなかった数少ない国だ―とよく言われるが、違う。ロシアによって領土を奪われており、ロシアは明治以前からわが国領土を侵奪した唯一の国(戦後はこれに韓国が加わり、今またシナが加わろうと狙っている)だ。
 大東亜戦争敗戦後、アメリカだけでなくソビエトロシアやシナ中国共産党による洗脳工作によって、私たち日本人は自国の近現代史を捻じ曲げて認識させられ続けた。それは70年以上経ても薄らぐどころか、大学をはじめとする教育現場、日本共産党をはじめとする左翼の政党やマスコミで、逆に強まっている。
 日本共産党は、北方四島の返還をめぐり、四島だけでなく全千島列島を戻すよう主張している。一見「ほぉー」と思わせるが、実はロシアを利するものでしかない。ロシアの狙いは小さな島々より、むしろ南樺太の大地を恒久支配することだからだ。日共の歪んだ主張を篠原常一郎氏が暴いているので、紹介させていただく。
 党政策委員長と参議院議員だった筆坂秀世氏の公設秘書も務めた篠原氏は、日共の内実を熟知しておられるので、その論考は生々しい。
 わが国を覇権国家から守る安保法制を「戦争するための法律」とすり替え、まるでロシアやシナ中共軍が侵略しやすくしたいようにさえ見える日共。わが国北方領域についても捻じ曲げて主張していることが、篠原氏の論考でよくわかる。
 そして戦後ロシアとの国交回復に当たった鳩山一郎と河野一郎の〝W一郎〟が自らの功名心のため、いかに国を売ったかを産経新聞の記事を基に別冊正論編集部がまとめているので、こちらもお読みいただきたい。
 これを読めば、デタラメな談話でわが国を貶めた元官房長官河野洋平、尖閣は日本が中国から盗んだとし、ロシアの南侵を防いだ日本の朝鮮統治を侵略と単純化する元首相鳩山由紀夫の、国や国民をも売ってしまう愚かさが、父祖の代から脈々受け継がれたものであることがわかる。
(「別冊正論」編集長 八並朋昌)

ヤルタ密約は米が破棄した

  • 盗るだけ盗ったソ連の無法 ロシアの四島占拠に根拠なし

    盗るだけ盗ったソ連の無法 ロシアの四島占拠に根拠なし

    わが国北方領域の不法占拠を正当化しようとするロシア。論拠とするヤルタ密約などが国際法上全く無効であることを自覚している〝裏返し〟でもあることを有馬哲夫が論証する。

選挙目当てのご都合主義

  • 党略で樺太を投げ棄てた日本共産党  ロシアを利するおかしな領土解釈

    党略で樺太を投げ棄てた日本共産党  ロシアを利するおかしな領土解釈

    日本共産党は北方四島だけでなく全千島列島を戻すよう主張しているが実はロシアを利するものでしかない。ロシアの狙いはむしろ南樺太の大地を恒久支配することだからだ。日共の歪んだ主張を篠原常一郎氏が暴く。

売国の血筋

  • 功名心で国家を大きく損ねる 父祖の代から続く「鳩山・河野」コンビ

    功名心で国家を大きく損ねる 父祖の代から続く「鳩山・河野」コンビ

    戦後ロシアとの国交回復に当たった鳩山一郎と河野一郎が功名心のため、いかに国を売ったか。産経新聞の記事を基に別冊正論編集部がまとめた。

「無法のデパート」ロシアに対抗するために

 2月7日は北方領土の日です。先月26日にロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣がとんでもない発言をしました。北方領土について「日露平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味ではない」と、日本は第2次大戦の結果の歴史修正をしたがっているとしています。問題を長引かせてしまったためにロシアはソ連時代からの約束をひっくり返して新たな既成事実を作り上げようとしています。当然ロシアも分かっているはずですが、1993年に日露首脳会談が行われた時に「東京宣言」が出され、そのなかで「北方四島の帰属問題を解決して、平和条約を早期に締結する」と明記されています。北方領土の帰属がしっかりしてこそ、日本とロシアは平和条約を結んで前に進めると謳っているわけです。
骨組だけが残された択捉島の紗那郵便局舎。この郵便局舎で「択捉島がソ連軍に占拠された」との一報を北海道根室に向けて打電した。紗那郵便局の保存を求める元島民は多い =北方領土・択捉島紗那(鈴木健児撮影)
骨組だけが残された択捉島の紗那郵便局舎。この郵便局舎で「択捉島がソ連軍に占拠された」との一報を北海道根室に向けて打電した=北方領土・択捉島紗那(鈴木健児撮影)
 「日露平和条約締結と領土問題の解決は同じ意味ではない」とはとんでもない発言です。サンフランシスコ講和条約で日本は千島列島は放棄しましたが北方領土が含まないことは条約署名参加国は認識しており、アメリカも北方領土は日本の領土であると明確なスタンスを持っています。(ちなみに尖閣諸島についてはアメリカは曖昧です)それではなぜいま北方領土が旧ソ連、現ロシアの支配下にあるのか?
(ソ連の無法①)昭和20年8月8日、日ソ中立条約で「相互不可侵」であったにもかかわらずソ連が一方的に侵攻。
(ソ連の無法②)14日に日本はポツダム宣言を受諾し連合国に降伏。ところが4日後の18日にソ連は千島列島の最北東端・占守島に。
(ソ連の無法③)23日に日本はロシアと北方領土について局地停戦協定を結びソ連と停戦状態に。ところがさらに10日後の8月29日にソ連が択捉島に上陸し9月4日までに色丹・国後・歯舞諸島まで次々に占領。
そして2年後の1947年までに当時住んでいた日本の島民を全部追い出した。こうして旧ソ連、現ロシアによって北方領土は支配されている状況です。領土問題の解決はロシアの国状が困難となった時に援助などの力関係も利用して譲歩させる方法しかないと思っています。正攻法で、かつての条約や歴史問題を説いても理解する相手ではありません。どうやって解決するか、政治手腕が求められるところです。(中田宏公式WEBサイト 2016年2月5日

誰も止められない?

  • “宇宙人”鳩山元首相のクリミア訪問を最大限利用するロシア

    “宇宙人”鳩山元首相のクリミア訪問を最大限利用するロシア

     「いよいよ宇宙人になった」と弟邦夫氏に酷評された鳩山由紀夫元首相のクリミア半島訪問は、ロシア主要メディアが連日トップニュース扱いで伝えた。 行く先々で手厚い歓迎を受けた元首相はクリミアへの移住の可能性まで口にした。

鳩山由紀夫元総理の反日商法

 もうこの人が何を言っても驚かなくなった、という意味で、凄い人だ。鳩山由紀夫元総理だ。韓国で次のように語ったという。
「首相は自らを愛国者とはき違えているのだろうが、自信のなさの裏返しだ」「真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目をつむらず、過ちには謝る勇気を持つことではないか。(安倍談話が)このような内容になってしまったことを申し訳なく思う」「日本の政治エリート層に反知性主義がはびこっているといわれる。反知性主義と闘うために、日本人一人ひとりの教養を高めることが求められている」「日本全体が右傾化しているように思うが、日本の政権がこのような雰囲気をそれとなく作り出しているように思えてならない」「(9月の)抗日勝利70周年の式典で、30万人の兵力削減を約束した中国の習近平国家主席を見習うべきだ」
 やはり凄い人だ。その発言の一つ一つが常軌を逸している。ここまで突拍子もないことを続けざまに堂々と発言できる無神経さに呆れかえるしかない。ちょっと検討してみよう。
3月11日、ウクライナ南部クリミア半島の中心都市シンフェロポリで記者会見する鳩山由紀夫元首相(共同)
昨年3月、ウクライナ南部クリミア
半島の中心都市シンフェロポリで記
者会見する鳩山由紀夫元首相(共同)
「首相は自らを愛国者とはき違えているのだろうが、自信のなさの裏返しだ」「真の愛国心とは、過去の歴史的な事実に目をつむらず、過ちには謝る勇気を持つことではないか。(安倍談話が)このような内容になってしまったことを申し訳なく思う」
 鳩山氏に聞きたいのは、そもそもあなたには愛国心があるのか、ということだ。日本列島は日本人だけのものではないと主張したり、「日本人」と呼ばれることよりも「宇宙人」と呼ばれることを好むあなたに愛国心があるのか。そして、果たして過去の歴史的な事実に目をつぶっているのは、本当に日本の方なのだろうか?日本は幾度となく謝罪を繰り返してきたが、未来永劫、続けるべきだというのだろうか?
 鳩山氏は以前、次のように語ったことがある。
「『エンデバー号』で宇宙を飛んだ若田光一飛行士は…(略)…地図には国境があるが、実際の地球には国境が存在しないということを、どのように実感したであろうか。宇宙意識に目覚めつつあるこの時代に、国とは何なのか、私たちは何のために生きているのかを、いま一度考え直してみるべきではないか、政治の役割をいま見つめ直す必要があるのではないかと思う」(「わがリベラル・友愛革命」、『Ronza』九六年六月号)
 当然の話だが、国境とは概念であるから、自然物のように目に見えない。だが、国境線を越えたら、そこは外国であり、我が国の主権の及ばぬ領域となる。各国は自国を守ることに真剣であり、それは、昔も今もかわらない。一国の総理まで務めた政治家が国境を軽視するような発言をするのは、不見識というものだ。国家意識が欠如していると批判されても致し方の無いことだろう。
 「日本の政治エリート層に反知性主義がはびこっているといわれる。反知性主義と闘うために、日本人一人ひとりの教養を高めることが求められている」
 「反知性主義」という言葉は、本来宗教的意味を持つ。そういう意味で言えば、日本に「反知性主義」が蔓延っているというのは、妄想だ。ここで鳩山氏がいいたいのは「無知」や「バカ」、愚かさの象徴としての「反知性主義」ということだろう。確かに、日本の安全のための法整備に関して「戦争法案だ!」と非難の声を上げたり、いい年をした大学の研究者が、総理に対して「お前は人間じゃない、叩き斬ってやる」などと叫び声をあげていたのだから、「反知性主義」が蔓延っているようにも思われる。だが、鳩山氏の主張はそうではないらしい。
 そもそも、この方は外国の新聞で「ルーピー」と指弾される程の「反知性主義」の象徴ともいうべき存在だ。貴方にだけは馬鹿扱いされたくないという国民が多いのではなかろうか。(中略)
 「(9月の)抗日勝利70周年の式典で、30万人の兵力削減を約束した中国の習近平国家主席を見習うべきだ」
 この発言にも呆れかえる。兵隊の人数を削減して、浮いたお金で更なる軍拡を進めようとする侵略主義的な政策を模倣しろというのだろうか?本音では、鳩山氏は軍拡主義者なのだろうか?表面的な事柄を都合よく解釈し、とにかく日本のことを悪く言い募る。元総理が日本を悪く言ってくれるのだから、日本のことをよく思わない国々の人からすれば、実に都合のいい存在だ。日本では、小選挙区で勝利すら望めない程落ちぶれた政治家が、祖国を悪しざまに罵って、正義面をして歓声を浴びる。「反日商売」、という商売があるとするならば、まさに鳩山氏こそが「反日商売」の大御所ということになるだろう。憲法九条にノーベル平和賞はいらないが、鳩山元総理に「孔子平和賞」を授与すべきだろう。(岩田温の備忘録 2015年11月06日

冷戦の海、今なお

  • ロシアが北方領土返還を拒むのはなぜか オホーツク海の戦略原潜が障害物だ

    ロシアが北方領土返還を拒むのはなぜか オホーツク海の戦略原潜が障害物だ

    ロシアはなぜ、北方領土の返還を拒むのか。領土に強欲な国家だからであることは歴史的に明らかだが、理由はそれに止まらない。榊原智がロシアの戦略原潜の思惑を暴く。

返還交渉阻む強弁

  • プーチンは対日関係改善の意欲喪失 北方領土交渉進展絶望的

    プーチンは対日関係改善の意欲喪失 北方領土交渉進展絶望的

    北方領土交渉が新生ロシア成立後、最大の危機を迎えている。昨秋には、ロシアの交渉担当責任者が「私たちは日本側といかなる交渉も行わない」と発言した。今後の交渉の進展について、作家の佐藤優氏が解説する。

  • 最大の過ちだったヤルタ協定 歴史修正しているのは誰なのか

    最大の過ちだったヤルタ協定 歴史修正しているのは誰なのか

    北方四島に対するロシアの主権は、第二次大戦の結果だと主張したのは、プーチン大統領が05年9月27日に国営テレビで述べたのが初めてだ。袴田茂樹がロシアの転倒した歴史認識の目論見を突く。

北方領域へのロシア侵略と売国の徒

北方領土返還をめぐるロシアの強硬姿勢の背景に、日本の左翼勢力の影響があると思いますか?

  • 978

    思う

  • 70

    思わない

  • 26

    どちらでもない

返信を入力