真田昌幸のギャンブル人生がヤバすぎる!
1235

テーマ

真田昌幸のギャンブル人生がヤバすぎる!

大河ドラマ『真田丸』で、草刈正雄演じる真田昌幸の存在感に圧倒された人も多いのではないだろうか。主役をしのぐ強烈なキャラに魅せられる理由は、戦国の騒乱を生き抜いた昌幸のギャンブル人生があまりにヤバすぎるからに他ならない。戦国の世で「表裏比興」と呼ばれた男。その壮絶な生き様を見よ!

大河ドラマ『真田丸』で、草刈正雄演じる真田昌幸の存在感に圧倒された人も多いのではないだろうか。主役をしのぐ強烈なキャラに魅せられる理由は、戦国の騒乱を生き抜いた昌幸のギャンブル人生があまりにヤバすぎるからに他ならない。戦国の世で「表裏比興」と呼ばれた男。その壮絶な生き様を見よ!

父祖伝来の地は渡さぬ

大博打の始まりじゃあ!

「武田二十四将図」からわかる昌幸の実力

 関ヶ原の合戦で東西に分かれて戦わざるを得なかった真田信幸(信之)と幸村(信繁)。真田兄弟が着用していた甲冑が大阪城天守閣の展覧会で並び立ち、平成の世で兄弟の再会が実現した。真田兄弟の甲冑が横並びで展示されるのは珍しく、大河ドラマ「真田丸」人気と相まって話題を呼んでいる。
 この展覧会は「真田幸村をめぐる人々」展。真田兄弟の甲冑再会に触れる前に、展覧会の基本方針を押さえておきたい。企画した北川央大阪城天守閣館長が次のように話す。
 「幸村は大坂の陣で49年の生涯の幕を閉じた。真田家が信州真田を追われて武田の家臣になって以降、名だたる武将たちと出会い、戦った生涯でした。幸村がかかわった人たちの史料を通じて、幸村の生涯を振り返る企画です」
 幸村の人生には武将たちが綺羅星のごとく登場してくる。「武田信玄、勝頼、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、石田三成、大谷吉継、徳川家康、秀忠、伊達政宗など、ほんとうに多くの武将たちと幸村は出会い、ときに戦っている。激動の時代を生きた真田家が、武将たちとどのようにかかわり、武将たちがどのようにみていたかを探ってみましょう」(北川館長)
 幸村や真田家を取り巻く人間模様に光を当てることで、戦国絵巻そのものを読み解くことも不可能ではない。
「武田二十四将図」の一部。最上位中央に武田信玄が描かれ、左手の家臣で上から4人目が当時武藤喜兵衛を名乗っていた真田昌幸
 たとえば「武田二十四将図」。最強と恐れられた武田軍団を率いる信玄を最上位の中央に据え、主だった重臣たちを左右に描き込む。武田の家臣だった真田家三兄弟も、信玄に近い好位置に控えている。
 三兄弟とは長男信綱、次男昌輝、それから信幸と幸村の父である三男昌幸だ。昌幸は当時、信玄の命で武藤家を継ぎ、武藤喜兵衛と名乗っていた。昌幸は三男であるため、三兄弟の中では下位に扱われるはずだが、二十四将図では兄たちを差し置いて、もっとも信玄に近い上位に描かれている。なぜか。
 「武藤家は武田一門の分家筋で家格が高い。真田三兄弟はともにすぐれた人物だったが、中でも昌幸は奥近習を務め、つねに信玄のそばで仕えるなど、とくに信玄の信任が厚かった。そのため、武藤家を継いだうえ、三兄弟でもっとも上位に描かれるほど重用されていた」(北川館長)
 武田家の家臣時代から、昌幸が知略の才を秘めていた様子がうかがえる。
 さて、信幸と幸村。ともに父昌幸の薫陶を受けながら、対照的な人生を送る。大河ドラマ「真田丸」の進展に伴い、今年もっとも注目される兄弟になるかもしれない。北川館長は次のように兄弟を対比する。
 「信幸は90歳を超える長命だった武将で、信州松代の真田家の基礎を築いた。信幸の子孫が真田家の命脈を受け継いでいく。真田の家をどのように継承していくか、非常に腐心していた。一方、幸村は兄がしっかり家を守っていてくれることから、思う存分、意志を貫くことができた。ふたりのコントラストがきわめて鮮烈なため、今なお人々の関心を集めているのではないか。もしも信幸も幸村のように行動していたら、真田家は破滅していたでしょう」(北川館長)
 確かに幸村と比べると、信幸は地味な存在ではある。「関ヶ原の合戦で父の昌幸が秀忠軍を食い止めた。大坂冬の陣では豊臣方の幸村が真田丸を築いて徳川方を苦しませ、翌年の夏の陣では家康の本陣へ突っ込み、家康をあと一歩まで追い込んだ。昌幸や幸村が活躍するたびに、徳川方に就いた信幸の立場は危うくなり、苦労が増えたはず。しかし、信幸は幕府によるお取り潰しの危機を何とかしのぎ、懸命に真田家を守り抜きました」(北川館長)
 両者の甲冑を比べてみよう。信幸の甲冑は「昇梯子文革包二枚胴具足」。胴の中央に、大胆な構図で描かれた昇りはしごが印象的だ。「信幸の甲冑は幼いころ着用したもので、やや小ぶりです。昇りはしごは文字通り、上へ上へとどんどん昇っていく喜ばしい吉祥の文様です。父昌幸も同じ昇りはしごの甲冑を持っていました」(北川館長)
 幸村の甲冑は「鉄二枚胴具足」。実戦的な重装備で、威厳が漂う。「ヨーロッパの騎士の甲冑を模した南蛮胴と呼ばれる甲冑です。胴は鉄砲の玉を通さない厚い鉄で作られています」(北川館長)
 末長く栄えよとの願いを託され、苦難を長寿で乗り切り真田家を繁栄させた兄信幸。歴史的大戦に身を投じ、存分に戦い華々しく散った弟幸村。ふたりの対照的な生き方が、仲良く並んだ甲冑からも伝わってきそうだ。
 展覧会は3月16日まで。詳しくは大阪城天守閣の公式サイトで。(文責・岡村雅之/関西ライター名鑑 THE PAGE、2016.3.3

「真田丸」時代考証が語る

一代に鳴った表裏比興

 真田氏は東信濃に本拠をもつ小豪族にすぎない。上杉・武田・北条といった大勢力や、織田・豊臣・徳川といった新興勢力の力関係によって、真田氏の立場も変転せざるを得なかった。
 そんな小豪族が必要とするのは、情報と智恵である。真田氏は代々、そうやって生きてきた。俗に、〈表裏比興(ひょうりひきょう)の者〉といわれた。
真田家居館跡
真田家居館跡
 油断ならぬ策略家というくらいの意味だが、この時期、表裏比興ならざる者はいない。真田氏がとくにすさまじかったのだろう。
 なかでも幸村の親昌幸(まさゆき)の智謀は一代に鳴った。単に家を維持するだけでなく、信州上田に本拠を構え、ぼつぼつ自立をはかった。
 そのころ家康は旧武田領を収めていたが、真田氏が自力で得た沼田領を、勝手に北条氏に譲り渡した。小勢力など無視したのだろうが、昌幸は黙っていない。上田の小城に千人足らずの兵とともに篭城し、反抗した。
 怒った家康は、二万の軍勢を差し向けてきた。ひとひねりだと思ったに違いない。昌幸はしかし、稀代の軍略家だった。招降に応ずるようにしてときを稼いだのは序の口で、城下へ攻め入った徳川勢を、“負け衆”と称する真田の一隊が、あちらこちらと逃げて勝手知らぬ敵を迷路のような町並みへ誘導し、ひしめき騒ぐところを、攻撃隊が出没してさんざん痛めつけた。
 城壁に近づく者は、雨あられの銃丸を受けた。逃げ出す連中は伏兵が襲った。増水した神川に追い落とされた者も数知れない。その間、昌幸は櫓の上で甲胄もつけず、悠然と碁を楽しんでいたそうだ。
 真田の武名はいちどきにあがった。しかも関ヶ原戦のとき、徳川秀忠の中山道軍三万を、ふたたび上田城で迎え撃ち、こんども小勢力をもって大勝する。経過もさきの第一次上田攻防戦に変わりない。
 大阪役にさいし、昌幸はすでに没していたが、伜幸村が大阪城へ入った。早速、家康のもとへ報告がいった。家康は聞くなり敷居ぎわまで立ってきて、「真田が入城したというが、親か子か」と、うろたえて訊ねた。そのさい仕切り戸にかけた手がふるえ、がたがた鳴ったそうだ。
 家康は昌幸の死を知らないはずがない。死者の真田のその名が、あたかも孔明の故事のように家康をおびやかしたのである。
 (戸部新十郎  日本工業新聞 1998.6.4)

大企業に翻弄される中小企業の社長

戦国の世を巧みに生き抜く

真田昌幸のギャンブル人生がヤバすぎる!

みんなの投票

「表裏比興」と呼ばれた真田昌幸の生き様に魅力を感じますか?

  • 感じる

    1115

  • 感じない

    65

  • どちらでもない

    55