週刊文春に負けっぱなしの大メディア
1715

テーマ

週刊文春に負けっぱなしの大メディア

ベッキーの「禁断愛」に始まり、甘利大臣秘書の口利き疑惑、イクメン議員の不倫、そして最新号はショーンKの学歴詐称疑惑…。今年に入り、世間に衝撃を与えるスクープを飛ばしまくる『週刊文春』。新聞、テレビも後追いばかりの「文春砲」は流行語になりつつある。なぜ文春だけが「一人勝ち」するのか。

ベッキーの「禁断愛」に始まり、甘利大臣秘書の口利き疑惑、イクメン議員の不倫、そして最新号はショーンKの学歴詐称疑惑…。今年に入り、世間に衝撃を与えるスクープを飛ばしまくる『週刊文春』。新聞、テレビも後追いばかりの「文春砲」は流行語になりつつある。なぜ文春だけが「一人勝ち」するのか。

わがふるさとよ、ガンバレ!

報道の耐えられない自由さ

美談の「ウラ」を暴け!

文春は磁石のような雑誌

 「ベッキー不倫事件」に続いて「甘利大臣秘書口利き疑惑」、『週刊文春』の快進撃が続いている。
と、そこへ「清原逮捕」のニュース。これも実は一昨年3月『文春』が疑惑を報じたのがキッカケだ。
その他にも「ASKAの覚醒剤使用」「佐村河内盗作」……。「SMAP解散騒動」だって昨年『文春』がメリー喜多川副社長を直撃インタビューしたのが発端だ。
 それにしても『週刊新潮』を除いて他の週刊誌が、まったく精彩がない状況のなかで、なぜ『文春』だけがこれほどスクープを飛ばし続けるのか。ぼくは「今や『文春』は磁石のような雑誌になっている」と言っている。「磁石のような雑誌」、そう、ネタが向こうから飛び込んでくるのだ。
 たとえば誰かが内部告発なり、特ダネを売ろうと思ったりした時、内部告発者がまず考えるのは、どこで発表したら、いちばん効果があるか、相手にダメージを与えることができるかということだろう。 特ダネを売ろうと思ったら、どこに売ればいちばん高く買ってくれるかということを考える。と、なると結局『文春』が選ばれることになってしまうのだ。
 お断りしておくが、特ダネの謝礼、『文春』といえども、それほどの額を払うわけではない。だいたい、想像している額とマルがひとつ、つまりヒトケタ違うと考えていただければいい。取材謝礼ならせいぜい5000円から1万円。
 ぼくの経験で言うと、スクープネタの場合でも最高に払ったのが100万円だ。オウム真理教坂本弁護士一家殺害事件に関するスクープ写真数点が知人を通じて持ち込まれ、200万円というのを100万円に値切って買ったが、警視庁で確認するとニセモノとわかった。
『文春』がスクープを連発できる、もうひとつの理由は、今の厳しい出版状況の中で、『文春』はいまだに少しは余裕があることだろう。
つまり、何人かの記者を遊軍的に長期取材にあたらせることができる。
 長期取材しても、必ずスクープが取れるとは限らない。取材費も莫大にかかるし、他誌にはできないのだ。チームを作って何ヶ月も取材し、結局モノにならなかった時の徒労感も大きい。
 そういうことに耐えて『文春』はスクープを連発しているのだ。(花田紀凱 Yahoo!個人 2016.2.10

落としどころは「茶の間の論理」

記者としてのプライドは?

週刊誌に丸乗りする新聞

 新聞の力がいかに衰えているかを示す事例が、ここのところあとを絶たない。新聞がいくら懸命に書きたてても、世の中は動かない。それは、新聞にとって「笛吹けど踊らず」と言うしかない現象だろう。
 週刊誌が火をつけ、それを新聞やテレビがあと追いするというパターンも定着しつつある。年明け以降、そんなケースが目立つが、私は甘利明・経済再生担当相が辞任に追い込まれた一件に、いろいろ考えさせられた。
 最初に報道したのは週刊文春だ。だが、当事者が甘利事務所の秘書に金銭を渡す場面を同誌のカメラマンが撮影するなど、告発者と“一体化”する取材手法が果たしてメディアとして許容されるのか、釈然としない。当コラムは週刊誌報道について取り上げる欄ではないので、その点については措(お)かせてもらう。
 私は、むしろその後の新聞報道が興味深かった。それは、日頃、安倍政権打倒に熱心なメディアが、この問題に「飛びついた」ことだ。
 朝日が〈政権の姿勢が問われる事態だ。首相は内閣を挙げて全容解明の努力をする必要がある〉(1月22日付社説)と書けば、毎日も〈第2次内閣以来「政治とカネ」で3閣僚が辞任している中での疑惑発覚は重い〉(同)と、安倍晋三首相の責任を問う姿勢を鮮明にした。
 朝日は、なおも同29日付社説で、〈疑惑のさなかに、自民党の中から気になる声が聞こえた。党幹部から「わなを仕掛けられた感がある」といった発言が続いたのだ。現金を受け取った甘利氏の側が、あたかも被害者であるかの言い分である〉と糾弾した。
 朝日は発覚後、告発者にインタビューもしている。しかし、そこでも「甘利氏を嵌(は)めるためにおこなったのか」という疑問の提示はしていない。つまり週刊誌に“丸乗り”したのである。
 だが、政権への打撃を企図したこれらの記事は、記者たちにとって虚(むな)しい「結果」に終わる。文春報道1週間後の1月28日、甘利氏は記者会見を開いて辞任を表明。週末、これを受けて各メディアは世論調査を実施した。内閣支持率が「どこまで下がったか」を見るためである。
 しかし、大方の予想に反して支持率は前回(昨年12月)より上昇していた。毎日は8ポイント、共同通信は4・3ポイント、読売が2ポイントと、いずれも下落どころか「上昇」していたのだ。まさに読者は「笛吹けど踊らなかった」のである。
 新聞の衝撃の大きさが伝わってくる気がした。週刊誌のあと追いで、政権への打撃を目的とした報道を繰り広げたにもかかわらず、読者はとっくにそんな意図的な記事を書き続ける新聞を「見限って」いたのである。新聞は、いつからここまで「見識」というものを失ったのだろうか。
 いま新聞がやるべきことは、週刊誌に丸乗りすることなどではなく、大人としての見識を示すことではないだろうか。(門田隆将 産経新聞 2016.2.7

既存メディアが陥る悪循環

貧すれども鈍しない

 貧すれば鈍する。最近、この言葉が我が事のように思えてならないことがよくある。iRONNAというメディアを立ち上げてから1年余り。この間、興亡著しいインターネットの世界で認知を広げるべく、編集長という名ばかりの「肩書」をいただいて突っ走ってきたのだが、正直この世界で一朝一夕に成功を収めるのは難しい。
 とはいえ、このサイトを訪れる人は日々増えている。立ち上げ当時に比べると、訪問者数は8倍以上、PV数は5倍以上にまで成長させることができた。これもひとえに熱心なユーザーの皆様のおかげである。この場を借りて御礼申し上げたい。
(瀧誠四郎撮影)
(瀧誠四郎撮影)
 さて、話を本題に戻そう。本日のテーマで取り上げた『週刊文春』は、なぜスクープを連発できるのか。同じメディアに携わる一人として、これは非常に興味深いテーマである。もちろん、理由はさまざまあるのだろうが、かつて文春編集長を務めた我らが花田さんもおっしゃる通り、一つのネタにかけるヒト、カネ、テマの3つを惜しまない取材姿勢が他誌を圧倒しているからだろう。
 だからといって、誰しも簡単にマネできるわけではない。モノになるかどうか分からないネタに人も金も投入できる編集長の判断力、ネタを裏取りする個々の記者やネタを扱う編集者の能力、そしてすべてが無駄に終わるかもしれない取材手法に対する会社という「組織」の理解力も当然必要である。端から見ていて、いまの文春はこうしたすべての歯車がうまくかみ合っているように思えてならない。
 スクープが週刊誌の売り上げにつながり、そのカネがまた新たなネタ探しへの原資となる。さらに、スクープのたびに媒体としての信頼度は増し、確度の高い新しいネタをどんどん呼び込む好循環が生まれる。「文春一人勝ち」の状況が確立されたのは、決して難解な理由ではない。単純だが、マネしたくてもマネできないジャーナリズムの「王道」を突き進んでいることが大きい。
 ことジャーナリズムの追求という点に関して、ネットメディアに置き換えてみるとどうか。このiRONNAもそうだが、多くのネットジャーナルは、ヒトもカネもテマも、紙媒体や映像媒体に比べると、圧倒的に少ないのが現実である。
 むろん、その要因として、ネットメディアのビジネスモデルが紙媒体と異なるからに他ならない。もっとはっきり言えば、ネットメディアは紙媒体ほど儲からない。儲からないから、ヒトもカネもテマも掛けなくなる。要するに「デフレスパイラル」の状態に陥っているのである。
 これが冒頭の故事に悩まされるゆえんでもあるが、どんな状況であれiRONNAが目指す先にあるのは、やっぱりジャーナリズムでありたいと思う。現実は厳しいけれど、せめて志だけは「ネット界の文春たれ」の気概を持って、「貧すれども鈍しない」メディアをつくっていこうと心に決めた、今日この頃である。(iRONNA編集長、白岩賢太)

週刊文春に負けっぱなしの大メディア

みんなの投票

『週刊文春』に勝てそうなメディアは下記のうち、どれだと思いますか?

  • 新聞・テレビ・他の週刊誌

    60

  • ネットメディア

    1219

  • ない

    436