「下流老人」のウソ
2499

テーマ

「下流老人」のウソ

下流老人に老後破産。老後リスクを扱う書籍や雑誌は、年金目減りにおびえるシニアのマインドには刺さったが、日本の貧困問題は、実は現役世代の方が根が深いのだ。

下流老人に老後破産。老後リスクを扱う書籍や雑誌は、年金目減りにおびえるシニアのマインドには刺さったが、日本の貧困問題は、実は現役世代の方が根が深いのだ。

消費低下を引っぱった無職高齢者

高齢者の貧困は改善 下流老人ブームで歪む政策

 約30年ぶりに販売額が1兆6000億円を割り込み、統計開始以来の落ち込みを記録した2015年の出版界(書籍・雑誌)だが、〝老後リスク本〟はよく売れた。6月発刊の『下流老人』(藤田孝典著、朝日新書)の帯には20万部突破と銘打たれ、7月発刊の『老後破産』(NHKスペシャル取材班、新潮社)の奥付には12月に13刷とある。雑誌やテレビも相次いで特集した。
 火付け役は14年9月のNHKスペシャル「老人漂流社会」(『老後破産』のベースになった番組)だ。「それに続くかたちで、高齢者の貧困の実態について、新聞や週刊誌も相次いで報道している。しかし残念ながら、全体を網羅した分かりやすい文献はいまだない」と、自らの〝全体像把握〟に自信を見せる『下流老人』は「まもなく高齢者の9割が下流化する」とする。
 同書が最大の根拠にしているのが、高齢者、とくに一人暮らし高齢者の相対的貧困率の高さだ。しかし、現実は下図の通り。高齢者の貧困率は改善傾向にあり、貧困化が進んでいるのはむしろ現役世代のほうである。
 同書はまた、「10年版男女共同参画白書」から数字を取り、「65歳以上の相対的貧困率は22・0%、さらに高齢男性のみの世帯では38・3%、高齢女性のみの世帯では52・3%にもおよぶ」として、一人暮らし高齢者の貧困を問題にするのだが、この統計の原典は、阿部彩・首都大学教授の作成資料。阿部教授が詳細な分析を発表している「貧困問題ホームページ」を開けば、これまた一人暮らし高齢者の貧困が改善傾向にあることが明示されている。
 貧困とは相対的な概念であり、経年変化、世帯間、対諸外国など何らかの比較を持って表現する必要があるのだが、老後リスクを扱う書籍や記事の特徴は絶対値ばかりが出てくること。そして、もうひとつの特徴は、「○○さん(×歳)はこうして転落した……」とミクロの事象を積み重ねることだ。
 もちろん、現場を歩き一つ一つの事象を拾うという、足で稼ぐ取材活動は敬意に値するものだ。しかし、政策変更などの社会の変革を訴えるならば、ミクロの発掘とマクロの分析の往復が欠かせない。ミクロをいくら積み上げても全体感を見失うと「木を見て森を見ず」になってしまう。(Wedge編集部 大江紀洋)

悪化する老人の懐事情

“老後リスク”論が刺さったワケ

 しかし、これらの「老後リスク」論は人々の心をつかんだ。なぜか。
 ひとつは高齢化だろう。高齢者は年々増えているから、貧困高齢者も転落高齢者も数としては増えている。現場を歩けば目につくのは当然だ。
 もうひとつは、年金給付額の切り下げだろう。年金は13年10月と14年4月に大きく切り下げられた(下図)。同時期に消費税は5%から8%に上げられており、年金受給世帯の懐事情の悪化が「老後リスク」論を受容しやすい下地となったことが推察される。
 15年度は給付水準が引き上げられたが、それでも12年度以前と比べれば低い。金融緩和によるデフレ脱却ムードに見合わず、14年度大きく下げた高齢者世帯の消費は15年度も弱含んだままだ。そこで、補正予算で約1000万人の低所得高齢者向けの臨時給付金(1人3万円)が立案された。
 給付金の予算額は3624億円。これは、アベノミクス第2ステージの柱である「出生率1・8」のための保育充実(1245億円)や子育て困難家庭対策(209億円)、あるいは「介護離職ゼロ」対策(1384億円)より圧倒的に手厚い。給付金はそもそも経済財政諮問会議の民間委員が提案したものだが、当初は1人5000円だった。それなら予算額は600億円規模。与党で揉むうちに現役世代向けをはるかに超える規模に膨らんだのだ。
 そもそも、年金が14年にかけて切り下げられたのは、それまで10年以上にわたって、なされるべきマクロ経済スライドが政治的配慮で棚上げされてきたのを元に戻すためだった。この年金給付調整は、現役世代の負担感を和らげ、年金制度の持続性を高めるために行われるべきもの。給付金に消費回復の下支え効果がなくはないが、高齢者対策を優先しすぎると将来に禍根を残すだろう。
 『下流老人』は、とるべき政策として生活保護をもっと使いやすくすることや、家賃補助にする高齢者向けの安価な住宅の提供などを挙げるが、負担論や財源論には踏み込まない。
 高齢化なのだから年齢区分で年金を支給し保護を強めれば負担と給付のバランスは崩れる一方だ。年齢によらず働ける人は働き、負担の一部を担ってもらうという考え方で、政策を組み立て直すことが必要ではないか。(Wedge編集部 大江紀洋)

保険がなくても大丈夫!?

働ける者は働くべき

格好良く老いる極意

 アメリカではスタイリッシュ・エイジング(格好(かっこう)良く老いる)が盛んに言われており、それが日本にも入ってきて最近の雑誌でも「格好良い老人になろう」などと宣伝されているのを見る。老後の生活をいかに愉快で、かつ快適に過ごすことができるか、などと新聞でも色々な記事になっている。
 半面、高齢者社会になり介護の問題も起こっている。交通事故の原因でも高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いや道路の逆走などがニュースになっている。私は60歳で自家用小型飛行機の操縦免許を、75歳で自動車の2種運転免許を返上した。
 もともとメカが好きだったので、20代で軍から復員した後はオートバイやスクーターを乗り回していた。その頃は茶道の家元の跡継ぎだったが、戦後の荒廃した京都で、仲間とともに修練・奉仕・友情のJC(青年会議所)活動にいそしんだ。古い伝統を持つ茶家の息子がと、さまざまな目で見られ、陰口も耳に入ってきた。しかし母は「自分の思うことが正しいという信念があればチャレンジしなさい」といつも励ましてくれた。母の気質は、明朗でくよくよしない、さっぱりとしたものであった。茶道一筋の生真面目(きまじめ)な父を支え、戦前から戦後までの苦労を乗り越えた女傑とも言われたが、私はそうは思わない。私たち子供を、そして孫を慈しみ、嫁いできた私の妻が家の人になるよう優しく導き、見守ってくれたのである。
 ただし、なぜか負けず嫌いの気性が私に受け継がれており、「貴方は亥歳(いどし)生まれの五黄(ごおう)、強い向こう見ずの気性だから何事も一歩引く心、他を思う心、安らぎの心を持ちなさい」と常々諭された。これがなかなか難しいのである。できるようでできない。後で「しまった」と後悔しきりであり、母にも妻にも、まして息子たちにも「申し訳ない」などと言うのは男がすたると、手前勝手なこと甚だしかった。しかし、段々年をとるに従って、猪突(ちょとつ)猛進も手前勝手も大波が引いていくように穏やかになってくる。昔から言われている「伊達に年はとらぬ」。この意味がわかってきた。
 スタイリッシュ、すなわち格好だけ老人臭さから逃れようと身を着飾っても駄目である。やはり心の持ち方が大事で、相手に嫌な思いをさせないように心がけないと知的高齢者とはいえない。老人特有なわがままや傲慢(ごうまん)無礼な振る舞いで他人に嫌な思いをさせ、それに気付いても気付かぬふりで押し通し、自分の言うことが正しい、とばかりに勝手な振る舞いをなす年寄りもいる。
 年をとるほど、気高い包容力をもって手を差し伸べるくらいの鷹揚(おうよう)さがなければならない。海外でも老人の鷹揚さのなさが問題になっている。高齢者は過去に思いを馳(は)せ、現在の自分の在り方を考えなければならない。多くの人々に囲まれて生かされていることに感謝する生き方こそ、真のスタイリッシュ・エイジングではなかろうか。
 仕合(しあわ)せとは、老若男女共に仕え合ってこそ生まれる幸せなのである。(裏千家前家元・千玄室 産経新聞 2016.1.31)

新たな老後破産も

「下流老人」のウソ

みんなの投票

老後の生活に不安がありますか?

  • ある

    1779

  • ない

    591

  • わからない

    129