田母神閣下、あなたの持論だけは正しかった
2679

テーマ

田母神閣下、あなたの持論だけは正しかった

元航空幕僚長、田母神俊雄容疑者が公職選挙法違反容疑で逮捕された。在職中に発表した「田母神論文」で更迭された後も過激な持論を曲げず、「閣下」のあだ名で熱狂的なファンがいたことでも知られる。政治とカネが仇となり、足元をすくわれた田母神閣下。あなたの「野望」もこれで終わりですか?

元航空幕僚長、田母神俊雄容疑者が公職選挙法違反容疑で逮捕された。在職中に発表した「田母神論文」で更迭された後も過激な持論を曲げず、「閣下」のあだ名で熱狂的なファンがいたことでも知られる。政治とカネが仇となり、足元をすくわれた田母神閣下。あなたの「野望」もこれで終わりですか?

すべてはここから始まった

石破氏「解任は当然だ」

「田母神論文」識者はこう見た

「国家権力にはかないません」

 「本日、田母神は逮捕されるようです。何とも理不尽さを感じますが、国家権力にはかないません。暫く発信できなくなります」。
「本日、田母神は逮捕されるようです」とつぶやいた、田母神俊雄氏の4月14日朝のツイート(ツイッターから)
 平成26年の東京都知事選で61万票を獲得した元航空幕僚長の田母神俊雄容疑者(67)は逮捕直前の14日朝、自身のツイッターにこう書き込んだ。保守政治の新たな潮流に期待し、多くの支援者が田母神容疑者に「浄財」を託したはずだったが、その浄財が選挙運動員への買収目的に使われていたことになる。
 関係者によると、陣営事務局長だった島本順光容疑者(69)は26年2月の都知事選直後、運動員の貢献度に応じて金額を決めた「報酬リスト」を作成。産経新聞が入手したリストには、計18人の陣営幹部らの個人名と1人当たり400万~20万円の金額のほか、事務員ら10人分の報酬額などが記されていた。その総額は計2千万円だった。報酬リストでは、選挙カーで支持を呼び掛ける女性運動員を「ウグイス」と表記。選挙管理委員会に届け出た運動員については一定の報酬を支払うことが認められているが、規定の日当(1万5千円)を上回る金額を受け取っていた女性運動員の一人は、産経新聞の取材に「日当のプラスアルファはもらった」と受領を認めた。別の運動員は、島本容疑者から「選挙を手伝ってくれた人にお礼をしている」と言われ、封筒に入った現金を直接手渡されたと証言した。
 「報酬を払わなければいけない」。都知事選後、田母神容疑者は島本容疑者からこう言われたという。だが、田母神容疑者は当時、公選法に抵触するとの認識はなく、昨年2月、陣営関係者から指摘を受けて初めて、「違反なのか」と気づいたという。田母神容疑者は取材に「認識があればそんなことはしなかった」と釈明する一方、「知らなかったから許してくれとは言ってない」と話した。「思想と行動は別だった。正直、田母神さんにはがっかりした」。陣営関係者の一人はこう振り返る。田母神容疑者は空自トップの航空幕僚長だった20年、先の大戦を日本の侵略とする見方に疑問を示し、集団的自衛権行使容認を求める論文を公表したことが問題視され更迭された。
 「勇気ある発言をされたが、お金に目がくらむ人だった」。田母神容疑者をよく知る陣営関係者の言葉は辛辣だ。26年の都知事選と衆院選に出馬し、政界進出を狙うも落選。政治資金を着服したとして、昨年3月に元会計責任者を告訴した田母神容疑者本人が、同12月には選対幹部らから逆に告発されるという異例の展開をたどった。
 「本当に浄財だと思っていたのか」。ある検察幹部の率直な感想だ。スタッフの一人は、当時の陣営の様子をこう表現した。「みんな金のために集まっていたのではないか。本気で田母神さんを応援しようとした人はほとんどいなかった」(産経新聞 2016.4.14

右翼のスターに祭り上げた責任

ネットの情報収集能力を侮るな

「田母神さん、防御もしっかり固めましょう」

 元航空幕僚長・田母神俊雄氏の政治資金にまつわるニュースが報道されています。およそ5500万円が三つの政治資金団体から使途不明金になっている、金額も尋常でないと東京地検特捜部がすでに捜索に入っているということです。当然、実態はこれから調べていくことになるでしょう。
 田母神俊雄氏といえば「現実を踏まえた安全保障論」で、私も勉強になりましたし、傾聴に値する正論でした。安全保障の専門家として一定の評価をされていた人ですし、また思想を含めて歴史家との評価もあった方です。だからこそやはりこれだけの使途不明金が出ていることがもったいないと思います。
 会計責任者あるいは本人が流用している、さらに田母神氏が指示して30万円を選挙運動に携わった方にお礼として渡したことも報じられていますが、もしそうだとすると事後買収になってしまいます。
 返すがえす、正論を言っていくことはしっかりとリスク管理をしなければなりません。田母神さんが言ってきたことは正論でした。
ただ、正論を声高に言えば言うほど日本社会ではバッシングの対象にもなるのは私も身をもって知ってきたことです。濡れ衣まで着せられました。そういう意味で、余計なところで批判されないようにすることは必ずやらなければなりませんが、この点は正直甘すぎると言わざるを得ません。
 もう一つ残念なことは、田母神さんは保守論客の中で一人のスターで、保守陣営のいろいろな人が賛同して加わって選挙を手伝ったりしたわけです。そうした人達がいながらこうした事態になっている。
 言った言わない、田母神さん本人がやっている私はやってないと、こうなっているのは簡単に言えば仲間割れ状態です。同じ方向を向いてる人たちが仲間割れをしたら、はっきり言えば、国にとってもマイナスです。
 こうしたお金の問題などが出ないよう未然に防ぐ・注意することできなかったのかと思います。今後の捜査の行方を見るしかありませんが、航空幕僚長の戦況・旗色、悪いです。(「中田宏公式WEBサイト」ブログ 2016.3.9

「田母神節」が炸裂

田母神閣下、あなたの持論だけは正しかった

みんなの投票

「田母神論文」についてどう思いますか?

  • 主張は正しい

    2300

  • 主張は間違っている

    338

  • どちらでもない

    41