子供のしつけに「体罰」は必要か
1118

テーマ

子供のしつけに「体罰」は必要か

北海道七飯町の山林で行方不明になった北斗市の小学2年の男児が6日ぶりに無事保護された。男児の両親が「しつけのため」として置き去りにしたことは、海外にも衝撃ニュースとして伝えられ、日本のしつけの在り方を批判的に報じたメディアもあった。しつけと体罰。その境界線はどこにあるのか。

北海道七飯町の山林で行方不明になった北斗市の小学2年の男児が6日ぶりに無事保護された。男児の両親が「しつけのため」として置き去りにしたことは、海外にも衝撃ニュースとして伝えられ、日本のしつけの在り方を批判的に報じたメディアもあった。しつけと体罰。その境界線はどこにあるのか。

痛みと感情が進歩させる

問題生徒を排除すれば済むのか

長男が遭遇した体罰教師

おとな自身の躾が先

体罰を必要とするルール

 テレビを見ていたら「教育に体罰はゼッタイにダメ!」と叫んでいる女性がいました。私は小さい声で「ウソつくな!」と叫びました。先日のブログに書いたように「お母さんが、言っても言っても聞かない子どもの手のひらをピシッとうつ」ことをその女性は「仕方が無い」と言うでしょう。ご自分でもその経験があるかも知れません。
 座禅で「ビシッ」と肩を叩くのも同じです。「教育上の体罰」ですが、それは「ルール化」されています。なぜ座禅の時に体罰がルール化されているかというと、「体罰は必要だ」という合意があるからルールができます。ところが学校では教育をするのに体罰が認められていないので、ルール化できずに、行きすぎが生まれます。
 それでは、家庭や座禅での教育は体罰が許されるけれど、学校では許されないということになると、学校での教育はもっぱら読み書きそろばんであって、イジメやそんなことが起こっても「知らない」ということになります。
座禅に取り組む少年ら=大津市の三井寺
 学校やクラブ活動が「子どもの全人格的教育の一環」である以上、家庭や座禅などに体罰が必要なら学校教育にも同様に体罰が必要ということになります。もし家庭で礼儀や誠実さを十分に教育できるなら、学校は体罰はダメと言うことになります。
 親ができないことを先生に求めるのは無理で、もし学校でイジメなどを無くす責任があるなら、体罰を認めて「体罰のルール」を作ることができます。
 私の感じでは、現在の日本社会の常識や日本文化から言って、「教師が口で言っても子どもが聞かなければ、携帯電話で警備員を呼ぶ」とか、「学生が実験でこぼした薬品をそのままにしたら、掃除のおばさんに来てもらって薬品を拭く」ということは賛成が得られません。
 まだ日本文化はそれほどドライでは無く、またそれが日本の良いところと思います。
 つまり、教育は先生が行うというのは日本文化の一つであり、それなりに愛情も育ちますし、素晴らしいことです。そしてスポーツでも、「お金のためにスポーツをする」という外国なら、体罰も入りませんが、柔道、剣道の伝統からいえば、スポーツはお金では無く道を究めるのですから、やはり何らかの体罰が必要かも知れません。すべて外国流が正しいのでしょうか?
 たとえば、次のようなルールはどうでしょうか?

1) 子ども同士がいじめたり、暴力を振るったりしていたら、「力」でその子どもを学校の外につまみ出す(学校は暴力を振るったり、いじめたりするところではないから)

2) 学校の中で未成年がタバコを吸っていたら、先生は力で取り上げ(私の経験では注意しても10人に2人は聞かない)、外につまみ出す

3) 授業中に携帯、雑談、ゲームなどをしている子どもはつまみ出す

4) つまみ出しが3回続いたら、保護者に連絡して引き取りに来てもらう

5) チームプレーのスポーツで、キチンとした態度で練習をしなければ、つまみ出す、

  クラブ活動では3回、つまみ出した時点で「レッドカード」となり、退部にする


 このような方法が良いように思いますが、疑問もあります。「つまみだし方式」は日本流に言えば「教育の放棄」になり、教師としては抵抗があります。日本は単一民族ですから、他の国のように「ダメな奴はどこかに行け」という文化は無いのです。教師が苦しむのは「何とかしてあげたい」と思うからです。
 私も日本人の教師なので、一応はつまみ出しても、やはり教育を放棄する気にはならず、かならずその学生を立派にしたいと思います。それが日本の教育でした。これは病気の治療もそうで、日本はお金持ちも貧乏人もほぼ等しく治療を受けられるシステムですが、アメリカは貧乏なら治療は受けられないという制度です。
 最近のテレビのコメントを聞いていると、まるで「アメリカは素晴らしい」と言っているように思いますが、世界で学校が成功しているといえば日本です。日本で失敗しているのは学校の教育では無く、家庭と社会の教育なのです。
 だから、「日本の教育の良いところを残す」ということを前提として、「体罰」というのを「必要だ」としないとルールを決められないので、前進しません。一度、体罰を正面から考えた方が良いと思うのです。
 そして、現在の学校では修身を教えることはできませんから、礼儀、目上の人への尊敬、誠意、ウソをつかないなどは家庭の教育とする必要もあります。この際、日本社会で「ウソをつかずに真面目に教育の体罰を考える」ことをしてはどうでしょうか?
 赤ちゃんにおしめはなぜ必要なのでしょうか? もともとウンコはトイレでするものですが、それを口で言っても理解できないか、できないからです。これと同じように18才になるまでの子どもは「言ってもできないこと」があることを認めることが大切です。その時に、どのようにするか「おしめを着けさせるのか」、「高校生のおしめとは何か」を考えなければならないと私は思います。
(中部大学特任教授 武田邦彦 2013.2.4

「簡単じゃねえぞ、これは」

置き去りはよくある!?

人間しかできない行動

叩かなくても伝える手段がある

 1月29日発売の『育てにくい男の子 ママのせいではありません』(主婦の友社)から、著者として気に入っているフレーズをいくつか紹介します。子育てとは、子どもを一人の自立した人間として育て上げることです。「生きる力」を携えさせて世の中に送り出すことです。なのに、今の世の中は、「生きる力」を身につけさせることよりも「いい子」であることを子どもに求めがちのようです。幼児時代に「生きる力」を押さえつけ、「いい子」であることを求めておきながら、学校に入ってから「生きる力を身につけよう!」なんて慌てるのです。そりゃ、無茶ってものです。
 「叩かなければ伝わらないことがある」とか、「愛情が伴っていればいいんだ」とかいうことを言う人がいますが、本当にそうでしょうか。叩かなくても伝える手段があることを知ろうとしていないだけではないでしょうか。伝える能力が低いがために、叩く以外の手段を講じることができず、結果的に子どもを叩き、傷つけてしまう。でも、愛情があるからあとからなんとかフォローができる。というようなことではないかと思います。親の勝手な理屈だと思います。
 「怒鳴ってでも叩いてでも、子どもは厳しく育てなさい」という人こそ、子どもの自立を阻む過保護な親だと私は思います。
 もっとケンカして、いたずらしていれば、そんな中で、コミュニケーション能力や人間関係を構築する力を養えたのではないかと思うのです。そういう経験を十分に積んでいれば、ちょっと上司に叱られたからといって心が折れてしまうようなことにはならなかったと思うのです。2歳や3歳という早い時期に叱られすぎて、「いい子」になってしまったことによって、「叱られるようなこと」をする意欲すら奪われてしまい、その結果、十分なコミュニケーション能力や人間関係構築力が育たなかったのだろうと思うのです。
 社会のルールを知ったり、人に迷惑をかけないように気をつかったりすることも、大人になっていく過程ではもちろん必要なことではありますが、そんなことは些末なことだと思います。言語を自然に覚えるように、場数さえ踏めば、社会性なんてものは放っておいても自然に身につきます。「しつけ」なんて、「自立したたくましい一人の男を育てる」という壮大なプロジェクトにおいては、おまけみたいなものなのです。
 幸運にも「生きる力」の豊かな「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」を授かった親は、そんなことに気をとられるよりも、ありのままの子どもの姿を受け入れ、「世界一の子どもに恵まれた」と思い、心からしあわせを感じていればいいのです。そうしていれば、子どもにも「しあわせ力」が伝染します。そうやって大事にされた子どもは、自信を身につけ、どんどんしあわせを感じやすい体質に育っていくでしょう。
子育てにおいて、それ以上のことを望む必要がありますか?私にはそれ以上のこと、思いつかないのです。(育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさオフィシャルブログ 2016.1.29

体罰が子供に及ぼすもの

子供のしつけに「体罰」は必要か

みんなの投票

子供のしつけに体罰が必要だと思いますか?

  • 必要だと思う

    922

  • 必要だと思わない

    115

  • どちらとも言えない

    81