SEALDsの熱狂がイマイチだった理由
5760

テーマ

SEALDsの熱狂がイマイチだった理由

「打倒安倍政権」を旗印に結成された学生団体「SEALDs(シールズ)」の熱狂とは何だったのか。野党共闘に一定の影響力を示し、政治の舞台で存在感を発揮したことは間違いない。ただ、参院選は自民党の圧勝に終わり、シールズは解散する。彼らの活動が「限界」に終わった理由を読み解く。

「打倒安倍政権」を旗印に結成された学生団体「SEALDs(シールズ)」の熱狂とは何だったのか。野党共闘に一定の影響力を示し、政治の舞台で存在感を発揮したことは間違いない。ただ、参院選は自民党の圧勝に終わり、シールズは解散する。彼らの活動が「限界」に終わった理由を読み解く。

選挙で見えた「無能」

マニアックな熱狂

過剰に注目したメディア

ケント・ギルバートが斬る

 慶應義塾の創立者で、日本人の思想の近代化に貢献した福澤諭吉が欧米諸国を視察したのは、幕末の1860年代前半、150年以上昔の話だ。帰国後出版した『西洋事情』に、英国議会を見学したときの話がある。主張の対立する2つの政党が政策をめぐって大論争をしていた。ところが、議会が終わると一緒のテーブルで酒を酌み交わし、食事を始めた。西洋では日常的な光景が、福澤の目には奇異に映った。議会の中ではお互いの主張を容赦なくぶつけ合うが、議論の後は仲間として付き合う。福澤は意見の異なる人間を尊重する精神を学んだという。
 昨年、安全保障関連法制の審議中、学生グループ「SEALDs」(シールズ)が「民主主義ってなんだ!」と叫んでいたが、民主主義とはまさにこれである。口調は熱く激しくとも、発言の内容には品位と礼節を保ち、論理的かつ冷静に議論することが民主主義の根幹である。
 議論の参加者全員が、問題の解決を一緒に目指す仲間なのだ。だから、「主張の対立」と「個人的感情」を混同させ、相手を口汚く罵(ののし)る行為は、民主主義の理念に反する。
 米大統領選の共和党候補指名争いで、不動産王のドナルド・トランプ氏は挑発や罵倒ばかりだが、マルコ・ルビオ上院議員も同じことをやった。結果、紳士的な党主流派に見放され、撤退に追い込まれた。日本には感情的対立から、相手の信用やメンツを潰そうと躍起になる人が多い。「右か左か」「バカか利口か」「大物かザコか」などのレッテル貼りから水掛け論になり、問題解決は先送りされる。東日本大震災後の冷静な振る舞いから、「世界一の民族」と称賛された日本人が、議論(?)だけは感情的で、欧米の小学生以下のレベルだ。
 私も呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」は先日、テレビキャスター7人に公開討論会を提案したが、彼らのメンツを潰したいわけではない。数日前も、安倍晋三首相の発言に不適切なニューステロップがあった。最近の放送には変なところが多いから、今後のあるべき姿を議論したいのだ。われわれは「放送法第4条」を絶対視しているわけではない。放送に政治的公平を求めた米国の「フェアネス・ドクトリン」は1987年に廃止された。電波停止の可能性が残された放送法や電波法の存在が問題だと考えるなら、法改正を主張すべきだ。意見の異なる人間を尊重する精神を学んだ、礼節あるジャーナリストと本格的な議論がしたい。(ケント・ギルバート 夕刊フジ 2016.3.19)

若者代表に違和感

「パリピ」はあてにならない

的を射ないSEALDs論ばかり

奥田愛基23歳の肖像

「俺たちは負けてない」

 「昨日から夥しい数のクソリプが飛んできている。軽く300件は超えていると思う。選挙でシールズが失敗したと思ったからだろう。いわゆるメシウマってやつだ。自分の惨めな生活の中に、他人の不幸くらいしか刺激的な楽しみがない卑しいゴミども。俺たちは負けてないし、お前らよりもずっと幸福だよ。」
 参院選の大勢が判明した7月11日未明、ツイッターでSEALDs(シールズ)のメンバーが怒りをあらわにした。
 このメンバーが言う「夥しいクソリプ」とは、野党共闘を支援してきたシールズが参院選の自民党圧勝で事実上敗北したことに対する反シールズ派の中傷のことだ。実際、ツイッターには以下のような書き込みであふれていた。
 「あそこまで露骨な野党共闘を実現させてあの惨敗だろ? あれで負けてないとかガキの強がりかよ 結局、シールズは声がデカいだけで選挙は全敗。何も変えられなかったじゃないか。デモに使った時間、すべてムダだったね」
 「いや~、パヨクども完全敗北で実にメシがうまい!最高の気分だ!ねぇ、安倍自民にボコられて今どんな気持ち?現実を見ろ。これが民意だ。シールズは失敗でしかない。おまえは一生負け惜しみ垂れ流してろ」
 「面白いですね。ご自分が正しいという前提で物事を仰るとは、安倍政権を倒す云々以前の問題では? まさか、日本国民はバカがベースで自分達はエリートなどと思って今まで行動していらっしゃったのですか?」
 「負け犬は何を言っても無駄。だいたい幸福の価値観なんて人それぞれだし、大半のまともな人はシールズが負けて幸せだと思ってるさ。」
 シールズのメンバーも反対派もツイート数の差こそあれ、「卑しいゴミども」「負け犬」など、互いに口汚く批判し合い、その程度は変わりない。ただ、シールズ創設メンバーである奥田愛基氏はテレビ番組で8月にシールズを解散する意向を示している。シールズはこうした中傷を受けたまま打倒安倍政権の旗を降ろし、消滅してしまうのか。衆参両院で「改憲勢力」3分の2超を確保するなど、安倍政権の影響力が今まで以上に高まる中、解散後のメンバーの動向が注目されている。(iRONNA編集部)

歴史を知ってほしい

SEALDsの熱狂がイマイチだった理由

みんなの投票

シールズの活動が若者の政治参加を促すきっかけになったと思いますか?

  • 思う

    127

  • 思わない

    5527

  • どちらでもない

    106