本能寺の変はなぜ起きたのか?
5477

テーマ

本能寺の変はなぜ起きたのか?

1582年6月2日、織田信長が天下統一目前で重臣・明智光秀の謀反により非業の死を遂げた。謀反の動機は諸説あるが、今なお多くの謎に包まれる。日本史上最大のミステリーとも言われる「本能寺の変」。最近の研究成果も踏まえ、事件の真相に迫る。

1582年6月2日、織田信長が天下統一目前で重臣・明智光秀の謀反により非業の死を遂げた。謀反の動機は諸説あるが、今なお多くの謎に包まれる。日本史上最大のミステリーとも言われる「本能寺の変」。最近の研究成果も踏まえ、事件の真相に迫る。

本能寺の変直前の信長を取り巻く状況


本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた当主の織田信忠を襲撃したクーデター(事変)である。寝込みを襲われて包囲された信長は脱出を諦めて自害を迫られ、信忠は二条御所に退いて戦ったがやはり自害した。代表的な下克上の1つ。光秀が反旗を翻した原因については定かではなく、多くの歴史家が研究しているが、現在でも定説と呼ばれるものは確立されていない。光秀の恨みや野望に端を発するという説、光秀以外の首謀者(黒幕)がいたとする説も多数あり、日本史上の大きな謎の1つである。


動機はいかに?

石谷家文書が示す「四国説」の根拠とは

今年6月、土佐(高知)の戦国大名、長宗我部元親が四国の領有権をめぐり、本能寺の変の直前に織田信長の命令に従う意向を示した手紙が見つかり、本能寺の変の動機解明につながる有力な新史料として大きな注目を集めた。所蔵する林原美術館(岡山市)と、共同研究する岡山県立博物館によると、信長は当時、四国攻めの準備を進めており、元親との交渉役を任されていた明智光秀が恭順の意を示した元親との武力衝突を回避するため、本能寺の変を起こしたとする「四国説」を後押しする有力史料と評価した。


官兵衛関与の信憑性は?

関連記事

「石谷家文書」公開スケジュール


①開館50周年記念特別展「林原美術館の名宝 第一部 絵画・書跡・能装束」(仮)(平成26年9月30日~11月16日)で6点。

本能寺の変はなぜ起きたのか?

みんなの投票

あなたが思う本能寺の変の動機は何だと思いますか?

  • 「怨恨説」が本能寺の変の動機である

    1244

  • 「四国説」が本能寺の変の動機である

    783

  • 「黒幕説」が本能寺の変の動機である

    3450