尖閣有事、自衛隊は何ができるか
3099

テーマ

尖閣有事、自衛隊は何ができるか

オランダ・ハーグの仲裁裁判所が「中国に南シナ海の支配権なし」との判断を下した。中国の海洋進出に国際社会が「待った」をかけた格好だが、それでも野望の火が消えることはない。東シナ海にも触手を伸ばす中国との「尖閣有事」に、自衛隊は何ができるのか。国境の最前線からわが国の安全保障を考える。

オランダ・ハーグの仲裁裁判所が「中国に南シナ海の支配権なし」との判断を下した。中国の海洋進出に国際社会が「待った」をかけた格好だが、それでも野望の火が消えることはない。東シナ海にも触手を伸ばす中国との「尖閣有事」に、自衛隊は何ができるのか。国境の最前線からわが国の安全保障を考える。

「国境最前線」与那国島はいま

 人口約1700人の小さな島は大きな熱気に包まれていた。ここは日本最西端の離島、沖縄県与那国町。私が取材に訪れた7月3日は、国内外の愛好家が競う「国際カジキ釣り大会」の最終日。釣り上げられたカジキの丸焼きが島民や観光客に振る舞われ、盛大な打ち上げ花火が華を添える島の一大イベントだ。
ドゥンタ(巻き踊り)を踊る住民ら
ドゥンタ(巻き踊り)を踊る住民ら
 漁港の特設会場には、子供からお年寄りまで島民の多くが顔をそろえ、ステージで披露される沖縄民謡を口ずさむ姿も。イベントの最終盤には、島民たちが両手を握り合って大きな輪をつくり、「ドゥンタ」と呼ばれる与那国伝統の踊りに興じ、フィナーレを迎えた。地元の人によれば、島では古くから結婚式などの祝い事や神事の締めくくりに披露してきたという。島民が一つになったその光景がとりわけ感慨深く思えたのは、与那国島を二分した、あの「住民投票」があったからに他ならない。
 のどかな南国の島はいま、わが国の安全保障上の重要拠点としての顔も持つ。今年3月、陸上自衛隊の駐屯地が開設され、尖閣有事の緊張が続く中国に最も近い「国境の島」でもある。これまで沖縄本島以外の南西諸島に自衛隊の基地はなく、離島防衛の「空白地帯」だったが、基地誘致をめぐる昨年2月の住民投票で賛成派が勝利、戦後初の自衛隊配備が実現した。
 自衛隊誘致を推進した与那国町の外間(ほかま)守吉町長は2005年の就任以来、人口減少が止まらない島の厳しい現実を訴え、誘致による町の活性化に島民の理解を求めた。
与那国町の外間守吉町長
与那国町の外間守吉町長
 「もともと私の前任だった尾辻(吉兼)町長が『この島には警察官2名、2丁の拳銃しかない』と離島防衛の現実に誰よりも危機感を募らせ、自衛隊誘致の話が持ち上がった。でも尾辻さんは志半ばで亡くなられ、バトンを引き継いだ私も、過疎が進む島の活性化のために自衛隊誘致が必要だと思うようになった」
 いま島には全人口の15%を占める自衛隊関係者が移住し、隊員の子供たちが島の学校に転入したことで、長く続いた複式学級が解消された。むろん消費も活発になっており、本年度は約3千万円の税収増を見込んでいるという。
 とはいえ、いまだ住民投票のつめ跡が残っているのも事実だ。誘致反対派とはいまも議会での対立が続いており、少なからず町政運営に影を落としている。
 外間町長は言う。「民主主義である以上、議論を尽くせと言うが、議論を尽くしても、本当に出口はあるのか。いや、そもそも入り口なんてあるのだろうか。反対派とは議論が全く噛み合わず、一時は思考停止のような状況に陥ったこともある」
 沖縄の本土復帰の翌年、与那国町議会は自衛隊配備要請決議を可決した過去がある。それから43年。ようやく実現した自衛隊誘致が、新たな火種となって今も燻り続けている。(iRONNA編集部、川畑希望)

お粗末な国境警備

看過できない中国の乱暴狼藉

国防の危機迫る

島嶼防衛は「自分でやれ」

 米国と手を切れ、というのではない。鳥越俊太郎氏のように「中国が万一、軍事攻勢をかけてきたら、自衛隊が防衛し、侵略に対しては日本国民が立ち上がる。米国に助けてもらう必要はない」などと、粗雑でいい加減なことを言う気はさらさらない。
 だが、多くの日本人は「イザとなったら米国に助けてもらえばいい。自分で戦ったり、米国と一緒に戦うのは危ない」と思っている。だから、メディアがアンケート調査をすると、つねに集団的自衛権行使の反対者が賛成者を上回るのだ。
 衆参両院で憲法改正ができる3分の2の議員数が獲得できそうな今、憲法9条改正を発議できる基盤が整ったが、憲法改正ではそれを国民投票にかけねばならない。すると、英国で議会の多数派はEU(欧州連合)残留を望んでいるのに国民投票によってEUを離脱したように、議会の多数派が9条改正を望んでいても、国民投票によって9条は改正しないということになりかねない。安倍首相が9条改正に極めて慎重なのはそのためだ。
 だが、米戦略家のエドワード・ルトワック氏が「中国4.0」(文春新書)で示しているように、米国はもはや尖閣諸島のような島嶼防衛までは日本の面倒を見ない。「自分でやれ」という姿勢をはっきりさせて来ている。日本は日米安保条約を強化しつつも、本腰を入れて自力防衛に努めねばならない時代となったのだ。それがアメリカとの決別である。軍事・安全保障面での「アメリカとの決別、相対的独立」である。その覚悟が今の日本人にできていない。安倍政権がはっきり言わないからだ、ともいえる。だが、明確に言えば「そんな危ない政治をする気か?」と支持層が離れて行く危険がある。だから、あいまいにしておく、というジレンマ状況がずっと続いている。
 しかし、米国にも「日本は島嶼防衛は自分でやれ」と言いつつ、日本の軍事的独立を厭い、ずっと日本を隷属状態に置いておきたい、というずる賢い意思、スケベ根性がある。そのため高度成長期以来、米国は日本が軍事技術の自力開発をやろうとすると、必ず反対し、その動きをつぶしてきた。日本の政治家もそれに対抗できていない。(元日本経済新聞編集委員・井本省吾「鎌倉橋残日録」2016.07.16

東シナ海を「安定」と誤解する国際社会

結果に込めた真剣な憂慮

追い込んだのは米国

米露両国との関係強化が急務

与那国駐屯地を初の単独取材

放牧された与那国馬
放牧された与那国馬
 東京とは明らかに違う強烈な日差しが降り注ぐ。青い海を背に固有の在来種である与那国馬が黙々と牧草を食んでいる。近づいても一瞥しただけで警戒する様子もない。なんとものどかで自然豊かな与那国島だが、隣り合う石垣島までは117キロ、尖閣諸島までは150キロも離れており、まさに絶海の孤島だ。
 それでも近年は、中国公船による領海侵入が相次ぎ、日中がにらみ合う国境の最前線として緊張が続く。島を取り囲む東シナ海は、中国軍が南シナ海から西太平洋へ出るために通るバシー海峡にも近く、米海軍大学のトシ・ヨシハラ教授が「戦略的な場所に位置する島」と表現する、わが国にとって重要な戦略拠点でもある。こうした国際情勢をみれば、目に見える「平和」というものが、いかに脆いものであるか考えさせられる。
与那国駐屯地
与那国駐屯地
 空港近くで借りたバイクをしばらく走らせていると、牧地の一角に建物が見えてきた。今年3月28日に新設されたばかりの陸上自衛隊与那国駐屯地。沖縄特有の赤瓦と白い壁がまぶしい建物は南国の景色に溶け込んでいる。
 陸自はここに沿岸監視隊を編成した。約160人が駐留し、島の中央部と西部の2カ所に設置したレーダー等で空と海を24時間態勢で監視する。飛来してくる通信電波も収集し、宮古島のレーダーが使用不能になった場合に備え、航空自衛隊の移動式警戒管制レーダーが展開できる用地も確保した。

 塩満大吾隊長(38)は「以前は南西地域に航空自衛隊のレーダーサイトを除き、沖縄本島にしか、部隊が配置されていませんでした。この島に基地ができたことで、周辺海域への恒常的な警戒監視できるだけでなく、あらゆる不測の事態に即応できるのは大きい」と胸を張る。
 島での任務が始まった3月28日以降、駐屯地内部を取材するメディアは国内外を通じてiRONNAが初めてということもあり、熊本市に本部を置く西部方面総監部広報室、後藤博明2等陸佐らの案内で駐屯地内を回った。
駐屯地内の宿舎。部屋の広さは
30平米。通常、一部屋3名が
生活しているという。
駐屯地内の宿舎。部屋の広さは30
平米。通常、一部屋3名が生活して
いるという。
 敷地内には宿舎をはじめ、医務室や食堂、売店なども併設され、食堂の調理場はオール電化。陸自隊員の1日の総摂取カロリーは3200キロカロリーと定められており、栄養バランスも考えながら管理栄養士が献立を組む。糧食担当の伊東香織さんによると、石垣島からの定期船で食材が届けられるが、悪天候で欠航となる場合もあり「予定していた食材が手に入らず、急遽献立を変更することもあります」。
 本土と比べ、何かと不便な離島での暮らしを隊員たちはどう思っているのか。前島幸喜副隊長は「妻と4歳と2歳の娘を連れ、熊本からこちらに赴任しました。住民の方は積極的に話しかけてくださってとてもフレンドリーです。休みの日は子供と海に行き、シュノーケルをしてよく遊びます。本土では経験できないことばかりで子供たちも喜んでいます」と話す。
祖納地区にある隊員の家族が暮らす宿舎
祖納地区にある隊員の家族が暮らす宿舎
 島の中心部、祖納地区にある隊員の家族が暮らす宿舎前には、小さな子供と母親たちが集まっていた。宿舎の近くに住む前外間洋子(46)さんは「子供が増えて、随分町に活気が出たような気がします。ハーリー(爬竜船)のこぎ方や、豊年祭で踊る地元の踊りも教えています」と目を細めた。
 とはいえ、自衛隊駐屯地の創設は決して歓迎ばかりされているわけではない。島内には「自衛隊基地ができたら米軍もやって来る!」と書かれた看板も散見され、アレルギーにも似た嫌悪感を払拭できない住民も少なからずいる。
 塩満隊長は「いろんな考え方を持っているのは当然だと思います。島民との交流を深め、少しずつ私たちへの理解が深まることを願っています」と語る。実際、駐屯する隊員たちは島の5つの集落の公民館に分散して所属させ、それぞれの集落の行事や祭事の会場設営を手伝ったり、催事の当日は一般参加するなどして、島民との交流を積極的に行っているという。
 防衛省は現在、南西諸島の防衛強化のため、石垣島をはじめ宮古島、奄美大島にそれぞれ陸上自衛隊警備部隊の配備方針を示しているが、与那国島での活動が今後の試金石になることは相違ない。
 米中の対立で南シナ海の陰にかくれがちだが、中国は今も虎視眈々と東シナ海への進出を狙っている。与那国駐屯地の創設に中国政府が猛反発したのは、いわば危機感の表れでもある。中国の海洋進出を封じ込めるように南西諸島の防衛拠点を増やす計画は、裏を返せば中国を刺激する材料にもなる。
 今後も予断を許さない日中緊張の糸が切れたとき、南国の離島はわが国の安全保障の最前線となる。私たちはこの豊かな島の平和をどう守っていくのか。感情論ではなく、冷静に現実の脅威と向き合うことこそ、いま私たちにできる最善の方策なのではないだろうか。(iRONNA編集部、川畑希望)
尖閣有事、自衛隊は何ができるか

みんなの投票

南西諸島に防衛拠点を増やす政府の方針についてどう思いますか?

  • 賛成

    3066

  • 反対

    24

  • どちらでもない

    9