「ポケモンGO」がすぐに飽きられた理由
6645

テーマ

「ポケモンGO」がすぐに飽きられた理由

「ポケモンGO」をやったことがある人なら、「もう飽きた」と思っている人は意外に多いのではないでしょうか? かくいうiRONNA編集部でもすっかり熱が冷めてしまいました。いまだ話題は尽きないようですが、こんなにも早く飽きが来るのには、どうやらこのゲームならではの理由もあるようで…。

「ポケモンGO」をやったことがある人なら、「もう飽きた」と思っている人は意外に多いのではないでしょうか? かくいうiRONNA編集部でもすっかり熱が冷めてしまいました。いまだ話題は尽きないようですが、こんなにも早く飽きが来るのには、どうやらこのゲームならではの理由もあるようで…。

社会現象となったモンスターの正体

プレイしてないがあえて言う

過大評価されたゲーム

「ポケモンGO」は斬新だが原点

 この二日間くらい、「ポケモンGO」に関する英語圏のメディアの報道がすごくて、ブーム、というか狂騒状態になっているようだ。7月6日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドでリリースされたとのこと。BBCでも、特集を組んで盛んに伝えていた。もともと、「ポケモン」は、昆虫採集からヒントを得たとも言われているけれども、「ポケモンGO」は、スマートフォンに無料のアプリをダウンロードして、野外に出てポケモンを探すということで、本来の姿に近づいた・回帰したとも言える。
 「ポケモンGO」は、アメリカのアンドロイド端末で、ツイッターのデイリー・アクティヴ・ユーザーを抜いたとか、凄まじい報道がなされていて、今までポケモン・マニアではなかった人たちも、興味を持ってダウンロードし始めているらしい。「ポケモンGO」でポケモンを捕獲するには、とにかく屋外に行っていろいろな場所を歩かなければならないので、副産物として、外に出るようになったり、運動量が増えた、という「成果」も報告されている。BBCは、朝8時から夜の12時まで歩き回っているゲーマーの事例をニュースで伝えていた。
ボスニア・ヘルツェゴビナ・ブルチコ近郊の地雷への注意を呼び掛ける看板近くで、ポケモンGOに興じる男性=7月19日(AP=共同)
ボスニア・ヘルツェゴビナ・ブルチコ近郊の地雷への注意を呼び掛ける看板近くで、ポケモンGOに興じる男性=7月19日(AP=共同)
 「ポケモンGO」の関連報道もさまざまで、水辺のポケモンを探して川に行った19歳の女性が偶然男性のご遺体を発見したり(事故のよう)、ポケモンがたくさん出現する場所で待ち構えていて、所持品を強奪するティーンエイジャーが逮捕されたりしているらしい。笑ったのが、「ポケモンGO」を持って歩きまわるのが面倒だからと、ドローンを使って飛ばして、その画像を飛ばして操作はノートパソコンでやって、大量のポケモンを捕獲しようとする人も出たことで、結果として、そのエリアにはポケモンがあまりいなかったとのことで、失敗に終わったとのことである。屋外に出て、実際にある場所に行かないとあるポケモンが捕獲できないところなど、「ポケモンGO」には、斬新だが、よく考えれば原点とも言える機能があり、大きなブームになることは間違いないと思う。
 ところで、ポケモンGOでは、最初に3つのポケモンが示されて、「どれにする」と聞かれるらしいが、そこから歩き去ってうまく拒否することを4回繰り返すと、選択肢に人気のピカチュウが加わる、というハックを英語メディアがうれしそうに伝えていた。「ポケモンGO」の初速での爆発的な成功を見ていると、ネットゲーム、ロケーションゲームも結局はキャラクター、世界観を含めたさまざまな要素のバランスで、今その時が来ているのかもしれないと思う。「ポケモンGO」の成功の後に、さまざまな「ホープフル・モンスター」が続くことだろう。(茂木健一郎公式ブログ 2016.07.12

知らず知らずに身につくスキル

任天堂の収益はイマイチ

世界で愛される日本のコンテンツ

「文化人もどき」を教えてくれる

 知り合いに、あちらこちらと食べ歩き、たいそう詳しい人がいる。それを半ば生業にしているので大したものだと思うのだけど、ちょっと言葉が危ういことがある。
 「あんな店、うまいという奴の気がしれない」。この手の言い回しがやたらと多い。会って間もない人、つまりお互いの好みもわからない人がいる前でもそんなことをいう。食の好みは、人それぞれだ。とは言え、食べるだけでは満足できずに、評してランク付けまでする人もいる。
 そして「ああ、あの店はちょっと苦手だな」といえばいいものを、なぜか客をまで貶めたがる。なんで、そうなるのかはわからない。ただ本人が気づかないうちに、相当友達を減らしているんじゃないだろうか。
 何かへの好き嫌いは誰にでもある。ただし、そういう時に「それを好きな人」を攻撃する心理とは何なのだろう?
「ポケモンGO」の配信を受け、JR東日本が駅構内に掲示したポスター=JR新宿駅(伴龍二撮影)
「ポケモンGO」の配信を受け、JR東日本が駅構内に掲示したポスター=JR新宿駅(伴龍二撮影)
 ポケモンGOのブームで一番面白かったのは、そういう批判をする人を観察できたことだ。そういう発言を見ていると、ユーザーまで批判しちゃう人=「あんなものやる奴の気がしれない」という人には、幾つかのパターンがあると思う。
 1つ目は、新しいものへの受容能力が低い人。放っておけばいいのに、ひとこと言わずにいられない。高齢者に多いと思う。
 2つ目は、「流行りもの=ダメな人」という思い込みの人。まあ、こうしたへそ曲がりは昔から一定数いるけど。
 3つ目は、自分が文化人だと思い込んでいる人。テレビでコメントした漫画家(というかただのコメンテーター)は、その典型だろう。でも、そういう人は結構身近にもいる。先の食通の人もそうだけど、人をダメ呼ばわりすのが知的だと思っている。
 実は、マスメディア全盛期はそれでもよかった。メディアに出てくる文化人は、「こういう奴になってはいけない」というのが仕事で、それをありがたがる人もそれなりにいたからだ。ファッションやライフスタイルの雑誌などは、その典型だろう。
 ところが、そんなありがたみは薄れている。ネットの上では、誰でも文化人のように語れるので、勘違いしてしまう人が増えていく。
 ポケモンGOって、こうした勘違い文化人もどきをあちこちからあぶり出してくれるあたりが面白い。
 調べてみると、ピカチュウがテレビで頑張り過ぎて大騒ぎになった「ポケモンショック」は1997年。20年近くが経って、これだけ世の中を騒がせるパワーがあることに、僕は素直に驚くんだけど。(山本直人公式ブログ 2016.07.27

「ポケモンGO」の功罪

「ポケモンGO」がすぐに飽きられた理由

みんなの投票

日本でも配信が始まった「ポケモンGO」についてどう思いますか?

  • もう飽きた

    2300

  • まだ楽しんでいる

    2065

  • やったことがない

    2280