小池百合子はハシズムを超える独裁者なのか

「ハシズム」。元大阪市長、橋下徹氏の独善的な政治理念と手腕を揶揄した造語が生まれたのは、彼が政治家として絶頂期を迎えたころだった。先の都知事選では、有権者の熱狂が小池都政の誕生を後押しした。小池氏の視界の先には、ハシズムを超える東京の未来が待ち受けているのか。

ヒトラーも裸足で逃げ出す差別主義

  • 記事で深く知る

見事なり「小池劇場」

  • 記事で深く知る

なぜ批判されるのか

  • 記事で深く知る

小池氏をとりまく群衆をナチズムに例える意味

 投票時刻を過ぎましたので、改めて今回の選挙について振り返ってみたいと思います。私は、小池百合子氏の選挙のやり方、そして扇動される群衆をみて、グリーンよりもハーケンクロイツが似合うと評しました。
 その前は日の丸の方が似合うと評していたのですが、雰囲気は、どうみても扇動し、扇動される群衆という意味ではナチズムそのもの、ハーケンクロイツの方がぴったりだと思いました。
 このようにハーケンクロイツが似合うという批評を、右翼たちは、気に入らなかったようです。すべてをヒトラーに例えていたら、一体、何人のヒトラーがいることになるんだとか、ヒトラーの大安売りとか。私は、今回の小池百合子氏のやり方から小池氏をヒトラーと例えたことはないのですが、やっぱりハーケンクロイツに例えることの意味がわかっていないのでしょう。
 このミニヒトラー評は、ナチズムの姿であり、確かに小池氏がヒトラーに重なって見えました。
「【都知事選】池袋の街がミニヒトラーに酔った夜」(田中龍作ジャーナル)
 これと同じような写真が添付されていますから、よく見てくださいね。それはともかく、右翼勢力はナチス・ヒトラーは親友みたいなものですから、本当は大好きなくせに、それに例えられることが何故、堪えられなかったんでしょうね。
 このようなツイッターが流れています。
 私が今回の選挙で小池百合子氏にハーケンクロイツが似合うと言ったのは、扇動し、扇動される状況を評したものです。
 グリーンに染めましょうで盛り上がるなんていうのは、私には恐ろしい光景にしか見えません。
 私が小池百合子氏をハーケンクロイツに例えたというより、そのものだと思いますが、このような煽動によって煽られることについて、自分の立ち位置がわかっていますかという疑問の投げかけです。
 ハーケンクロイツの意味は、歴史の教訓を何故、学ばないのだろうという思いからです。
 考えてみれば、近現代史は学校では勉強しません。意図的に教えてこなかったというのが日本の偏向教育の実態といえます。
 本来、歴史から学ばなければならない教訓は、小池百合子氏を取り囲む群衆には存在していません。
 こういった人たちがきな臭い方向へと政治に舵を切らせる役割を果たしています。
 「お前は国民を馬鹿にしている」というコメントもあちこちで見ましたが、これってどんな意味があるのでしょう。
 私は、正直なところ、馬鹿にするというより、何も考えないでグリーンに染めましょなんかに乗せられてやっている人たちに対しては、「無責任」という言葉でもって返したいと思います。
 右翼勢力は、返す言葉がないものだから、鳥越陣営だって青いプラカードでもって同じようなことをやっているじゃないかとも言うわけです。
 私にしてみれば、あのようなプラカードで統一した何かを表明するというのは、正直なところ、ダサいなとしか思わないのでやめた方がいいなとは思いますが、現状の政治に対して明確なノーの意思を示すものであって、単に熱狂的にグリーンに染めましょなんてやっているのとは全く意味が違います。扇動されている人たちは自分では煽動されていることに気づかない、それが「熱狂」であり、一番、恐ろしいことだと思います。この国の政治の負の部分を見せつけてくれた、これが今回の選挙です。選挙結果については、別途、意見を述べます。(弁護士 猪野亨のブログ 2016.07.31)

政界再編が動き出すか

  • 記事で深く知る

結局は協調路線?

  • 記事で深く知る

「世界の小池さん」はもう超えられない

 あくまで伸びる可能性という観点からの判断でしかないが、おおさか維新の会改め日本維新の会の方が民進党より伸びる可能性は高い。一番伸びる可能性があるのは、小池さんとその周辺の人たちだが、おおさか維新の会が大阪での実績を引っ提げて日本全国に拡げていけば、そこそこに支持は拡がっていくだろうと思う。しかし、それでも日本維新の会はもはや小池さんを超えることは出来なくなった。
リオ五輪閉会式で都知事外交デビューした小池氏。帰国後も決戦が待ち受ける
 今の小池さんは、既に世界の小池さんになる可能性を秘めた地位にまで上ってしまったので、今から日本維新の会の人たちが小池さんを包み込もうとしても無理である。小池さんを包み込めるような政党は、もう、ない。自民党でももう無理である。
 小池さんはリオのオリンピックを、世界の小池になるための最高の舞台に変えてしまった。開会式には出ないで閉会式に出ただけの単純なことなのだが、小池さんがリオで五輪旗を受け継いだのだから、否が応でも2020年東京オリンピックは小池さんが先頭に立って開催するオリンピックになる。雨の中でびしょ濡れになりながら、着物姿で五輪の旗を振っていた小池さんの雄姿は世界の人々の目に焼き付いただろうと思う。多分、2020年東京オリンピックは安倍総理と小池さんの二人で迎えることになる。
 世界の維新なら小池さんを包み込むことも出来たかも知れないが、日本の維新では世界の小池さんを包み込むことは出来ない。日本維新の会に名称を改めたくらいではそう簡単に関東で支持を拡げることは出来ないだろうが、小池さんの東京大改革を日本維新の会の人たちがバックアップして行けば、少しづつ日本維新の会の支持層が東京や関東方面でも拡がっていくはずだ。民進党は共産党を当てにしていると段々に固有の支持層が離れていく可能性が高い。伸びしろが多いのはやはり日本維新の会だろうな、と思っている。もっと早く日本維新の会の名称にしておけばよかっただろうに、と思わないでもないが、これは仕方がない。来年の都議会議員選挙や衆議院の解散総選挙に備えるには、たしかに今頃が丁度いい。橋下氏が表に現れなくても、日本維新の会にはそれなりの勢いはある。ようやくここまで来ましたね。とりあえず、そうエールを送っておく。(早川忠孝公式ブログ 2016.8.24

偶然ではない

飛び交う憶測と不安

  • 記事で深く知る

加速する猜疑心

 結局、都知事選で小池百合子さんに大敗した自民党東京都連は、石原伸晃会長や“都議会のドン”内田茂幹事長が執行部から去った。そりゃ、そうだ。「党の推薦候補以外を応援したら、親族も含めて除名」なんてバカな通達なんか出したら、逆に小池さんへの支援の輪が広がるだけ。
 自民党の総務会長などを務めた笹川堯さんも、三男が現職の自民党衆院議員なのに、小池さんの選挙カーに乗り込んで、「自民党党員は堂々と小池さんを応援してほしい」と訴えていた。
小池都知事を笹川堯さんも応援。
新党騒ぎに都議、区議は疑心暗鬼
 笹川さんと私のつき合いは長い。麻布自動車グループだった栃木・喜連川カントリー倶楽部のメンバーになっていただいたこともある。1980年代、私がハワイのホテルを次々に買収していたころは、よく一緒にハワイに行き、ゴルフをした。ゴルフはシングルの腕前だ。笹川さんは4年前、都知事選に立候補したものの、当選した猪瀬直樹氏はもちろん、宇都宮健児氏、松沢成文氏をも下回る18万票弱で散った。猪瀬さんのような政治の素人よりも、経験豊富な笹川さんに都知事を務めてもらいたかったのだが。
 今回の都知事選の最中、そんな笹川さんに電話したら、「絶対、小池百合子に300万票取らせる」と豪語していた。そんな縁もあって、私も主催するセミナーなどで、陰ながら小池さんを応援した。ま、こんな現役を退いた年寄りが応援しようがしまいが、小池さんは圧勝だったけど。
 その選挙戦を通じ、自民党の都議や区議が、隠れて小池さんを応援する姿も目撃した。小池新知事が「都議会にメスを入れる」と言ったことに加え、来年6月に都議会議員選挙があるからか、8月に入って、笹川さんと私の仲を知る自民党の都議が何人か、私のところに探りを入れにきている。中には「小池新党が結成され、おおさか維新が協力するという話、本当ですか?」とか、「笹川さんが応援したということは、小池知事のバックに笹川良一氏創設の日本財団(かつての日本船舶振興会)がついたのですか?」などと、疑心暗鬼になっている都議もいた。そんなこと、現役を退いた年寄りが知る由もない。9月設置の「都政改革本部」の顧問に、橋下徹元大阪府知事の政策ブレーンが就任したり、「小池知事とともに新しい都政を前進させる地方議員の会」が開催されたりしたことも、猜疑(さいぎ)心を加速させているのだろう。
 4年後の東京五輪開催時に都議でいたいと考える人も多く、小池知事に近づいたほうが得か、損か。けっこう迷っているようだ。私は「先生、早く小池知事についたほうがいいよ」と勧めているのだが。今後、都政は本当に面白くなりそうだ。(渡辺喜太郎 zakzak2016.8.25)

「彼女はみんなを裏切ってきた」

  • 記事で深く知る

  • 記事で深く知る