「産経プラス」12月に誕生!

テーマ

「産経プラス」12月に誕生!

産経デジタルは12月に、産経ニュース、SANSPO.COM、zakzak、SankeiBiz、iRONNAの5サイトに掲載される記事を集めた無料アプリをリリースします。平日1日の記事数は900本超。産経新聞グループの総力を結集したニュースアプリになります。

産経デジタルは12月に、産経ニュース、SANSPO.COM、zakzak、SankeiBiz、iRONNAの5サイトに掲載される記事を集めた無料アプリをリリースします。平日1日の記事数は900本超。産経新聞グループの総力を結集したニュースアプリになります。

新聞アプリの常識を覆す超速の一報!

 産経デジタルは12月に、産経ニュース、SANSPO.COM、zakzak、SankeiBiz、iRONNAの5サイトに掲載される記事を集めた無料アプリをリリースします。平日1日の記事数は900本超。産経新聞グループの総力を結集したニュースアプリになります。それにプラスして、メディアや公的機関が発信するTwitterなどの速報検知・配信システムを駆使し、重大ニュースの一報をいち早く届ける「超速報」や気象・災害情報が充実したアプリ独自のジャンルを設定。さらに、アプリ限定のコンテンツとして、いま最も旬な芸能人がコラム執筆陣としてズラリと並びます。
「産経プラス」のイメージ
「産経プラス」のイメージ
 産経プラスに掲載されるのは産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイの記事が中心です。このほか、各サイトだけで読むことができる独自コンテンツも掲載します。たとえば、政治、経済、国際、社会などの問題を深掘りしたプレミアム記事や注目裁判・記者会見の完全収録など、読みごたえのある記事ばかり。総合オピニオンサイトiRONNAの論文はユーザーのみなさまにより深く考える素材を提供します。
 産経プラス独自のコンテンツとしては、全世界のテロ、紛争、大事故、地震、国際的な話題など重大ニュースをいち早くキャッチし、確度・重大性を判断した上で速報する「超速報」があります。産経プラスを共同開発する(株)JX通信社(東京都千代田区・代表取締役 米重克洋)の速報検知・配信システム「XWire 速報API」を活用。この機能では、邦人ら20人が死亡したバングラデシュ・ダッカの飲食店襲撃事件(7月)の現地報道や、11月13日にニュージーランドで発生したM7・8の地震などを日本国内のメディアでは最速クラスでキャッチしました。
 また、災害情報を重視しており、天気、地震、津波、台風、土砂災害、洪水、竜巻、噴火などの情報を分かりやすいインフォグラフィックを付けて表示します。プッシュ通知の受け取りを設定すると、タイムリーに届きます。
 一方で、ユーザーのみなさまにほっと一息ついてもらおうと、テレビなどでお茶の間を楽しませ、なごませ、癒している旬な芸能人によるコラムも毎日掲載します。これまでに決まっている執筆陣はタレントの杉村太蔵さん、AKB48グループ、メンタリストDaiGoさん、ものまねタレントのざわちんさん、名古屋を拠点に活動する男性10人組のBOYS AND MENなど多士済々のメンバー。このほかにも俳優やお笑い芸人らが参加する予定です。
 産経プラスのiOS版はApp Storeで、Android版はGoogle Playで12月以降、インストールしてご利用ください。産経プラスのリリースに伴い、産経新聞アプリの無料版はサービスを終了いたします。産経新聞アプリiPhone版はアプリアップデートで産経プラスに衣替えし、産経新聞アプリAndroid版は有料版に一本化いたします。紙面で読みたい方は、12月開始の新サービス「産経電子版」をご購読ください。
「産経プラス」12月に誕生!