強欲ロシアと扶助する日本
511

テーマ

強欲ロシアと扶助する日本

東漸に続き南下を狙うロシアと戦った日本。そのロシアの強欲さと、敵兵でも親身に助ける日本の人の好さは今も変わらない。盗人猛々しいプーチン王朝の本質を見誤ってはいけない。

東漸に続き南下を狙うロシアと戦った日本。そのロシアの強欲さと、敵兵でも親身に助ける日本の人の好さは今も変わらない。盗人猛々しいプーチン王朝の本質を見誤ってはいけない。

杉原千畝だけじゃなかった!

世界が賛嘆した武士道

盗人猛々しいプーチン王朝

 ヨーロッパ域内にとどまっていたロシアは、16世紀からの東漸でシベリア諸民族を次々に征服し、18世紀には千島列島北部を侵略。さらに、満洲(女真)人がシナを征服した清朝の祖地でもある外満洲を19世紀に二度に分けて掠め取った。王朝末期で清国が弱体化したことに付け込んだ侵略だった。
 はじめは武力で黒龍江左岸地域を奪い、この勢いで朝鮮半島に至る日本海沿岸部の「共同管理」を清国に無理やり受け入れさせ、これ幸いと軍隊を続々投入して奪い取った。これが現在のウラジオストクなどがある沿海州だ。二度とも清国と「条約」を結んでの「併合」だったが、軍事脅迫による完全な不平等条約だった。
 この領土強奪方法に味をしめたロシアは続いて幕末・維新期の混乱に付け込んで日本にも樺太の「共同管理」を強引に受け入れさせた。あとは「沿海州」同様に軍隊を続々送り込んで侵略し、同様の不平等条約で体裁を繕った。
 力づくで侵略したせっかくのシベリア諸地域だが、ほとんどの土地は永久凍土、海は冬には氷結して使い物にならない。だから、耕せる土地、凍らない海が喉から手が出るほど欲しかったのだ。
ロシアのプーチン大統領=2日、ロシア・サンクトペテルブルク(タス=共同)
ロシアのプーチン大統領
=12月2日、ロシア・
サンクトペテルブルク
(タス=共同)
 強欲さはとどまるところを知らず、満洲を蚕食しながら、朝鮮にも侵略の触手を伸ばした。半島がロシアに併合されれば、日本は樺太に続き対馬、ひいては九州、北海道まで侵略されかねない。そこで日露戦争を戦って、樺太南半を取り戻した。
 帝政からソビエト体制に代わってもロシアはこれを逆恨みし続け、大東亜戦争終結直前に日ソ中立条約を破って満洲や南樺太などに侵攻。南樺太、千島列島ばかりか北方四島まで掠め取り、今日に至っている。
 ペレストロイカ以降、こうした侵略の事実にロシア自体も目を向け始めた。日本に降伏を求めたポツダム宣言の条件に「南樺太・千島列島の放棄」は盛り込まれておらず、それに触れていたのは国際法上の効力が認められていない「ヤルタ極東密約」だけだからだ。
 だが、プーチンが権力者になると元に戻った。「ヤルタ密約」を「戦後体制」と妄言し、侵略を続ける北方領域を「寸分たりとも返さない」と繰り返す。盗人猛々しいとは、まさにプーチンとその配下のことだが、こと領土問題についていえば、このロシアの態度はある意味で〝国際常識〟とも言える。
 こうした、ロシアによる日本の北方領域侵奪の歴史は別冊正論25『「樺太―カラフト」を知る』に多面的に特集しているのでお読みいただきたい。
 一方、こんなロシアに対してさえ、日本人はどのよう接してきたか。日露戦争を戦った乃木希典陸軍大将は、敵の敗将ステッセルを同じ武人として礼遇(水師営の会見)し、敗戦責任で死刑判決を受けると助命嘆願して成功し、その後の不遇を知ると匿名で多額の援助を行った。匿名でも乃木大将の善意だと悟っていたステッセルは恩義を忘れず、乃木が明治天皇に殉じると、「モスクワの一僧侶」という匿名で多額の弔慰金を寄せた。
 ステッセルとのやり取りをはじめ乃木大将が示したさまざまな「日本人の誉れ」を、日本政策研究センター主任研究員の岡田幹彦氏が別冊正論27『「美しい日本」ものがたり』で振り返っておられるので、ご紹介する。
 ロシアはユダヤ人に対しても冷酷だ。昭和十三年、ナチスの迫害から逃れた多くのユダヤ人たちはロシアでも冷酷にあしらわれ、シベリア鉄道で満洲国に逃れ、さらに日本へと避難した。これを指揮・援護したのが満洲に駐留していた日本の関東軍であり、その参謀長が東條英機中将(当時)だった。
 ロシアは帝政時代に侵略したポーランドから多くの国民を不当にシベリア送りにした。ロシア革命後、シベリアのポーランド人に対する迫害は一層強まり、多くの子供が孤児となった。列強各国が見て見ぬふりの中で、ただ一人、日本だけがこのポーランド孤児を救援した。
 強きを挫(くじ)き、弱きを扶(たす)く―この日本の美徳を漫画家の黒鉄ヒロシ氏が『「美しい日本」ものがたり』で種々指摘しておられるので、お読みいただきたい。
 プーチンは柔道を愛好し、贈られた秋田犬をかわいがるなどしたこともあり、日本でも親近感を持つ人がいる。しかし、日本やウクライナなど他国の領土を強奪して平然とし、あの邪悪なソビエト体制の「強いロシア」再来をめざす覇権主義者であることを、私たちは見誤ってはならない。
(「別冊正論」編集長 八並朋昌)

プーチンとの奇妙な外交ダンス

プーチンに決断の意思なし

プーチンに継承された領土拡大の野望

 ロシアとは、どういう国か。(私流に)概観したい。ロシアとは、我が国の南北朝時代に、ボルガ川流域で、支配者であったモンゴルの手下・尖兵となって周辺部族の反タタール蜂起を制圧して勢力を伸ばした種族を基盤として、16世紀半ばに、モスクワでイワン四世がツァーリ(皇帝)を名乗ってモスクワ大公国(ルーシーではないが、モスクワ・ルーシーと名乗る)として出現した「新興国家」である。この出自から明らかなように、「自らをルーシーと呼ぶタタール(モンゴル)」がロシアである。
  このイワン四世、別名、イワン雷帝(1530年~1584年)は、丁度我が国の織田信長(1534年~1582年)や武田信玄(1521年~1573年)と、同じ時期に、同じように生きた。つまり、領地を守り拡大するために、東西南北の敵と戦い続ける人生を生きた。信長や信玄は、周囲海に囲まれた日本列島の中で生きたが、イワン雷帝のモスクワの東には国がない大森林の陸が続くだけで海もなかった。しかも、その陸には優れた毛皮を持つ黒テン(走るダイヤ)がいた。そこで、ロシアは、走るダイヤを求めるコサックを尖兵としてシベリア征服事業を開始する。その頃、南のユーラシア大陸の南に沿った海洋でスペインやポルトガルをはじめとするヨーロッパ諸国のアジア征服事業が既に開始されていたのだが、同時期、ロシアも大陸の北の陸地で同じ征服事業をしていたのだ。
  そして、ヨーロッパ諸国が太平洋に達したように、ロシアもかなり遅れた19世紀の半ば、沿海州を手に入れて太平洋に面したユーラシア大陸東端に出た。建国から300年を経てやっと南の海に向かう太洋に面したロシアは、何を欲したか。それは、南の凍らない海、凍らない港である。そして、海洋に浮ぶ北の樺太と南の対馬に対する侵略を開始したのだ。ユーラシア大陸の東端から、東に広がる太平洋を臨んで両手を広げたロシアの視点から眺めれば、 左の手が樺太に届き、右の手が対馬に届く。従って、ロシアは、ほぼ同時期に樺太と対馬に対する武力侵攻を開始した。
 ロシアは、1853年、樺太のアニワ湾に上陸して日本人漁民を駆逐して砲台を築いた。そして、1861年、対馬の浅茅湾に軍艦サドニック号を侵攻させて2人の対馬藩士を殺害して芋崎に兵舎を造って半年間居座った。注目すべきは、この間の1855年(安政元年)、我が国とロシアは、下田で日露和親条約を締結していることである。その締結2年前にロシアが、樺太アニワ湾における砲台を設置し武器を持ったならず者を侵入させて、日露和親条約の締結に臨み、我が国に国境を決めない「樺太の日露雑居地」を認めさせたのだ。さらに、ロシアは、樺太を日露雑居地として樺太における勢力を確保し得た日露和親条約締結後も、なおも対馬の領有権獲得を諦めず、対馬に軍艦を侵入させて居座った。
ヨシフ・スターリン
ヨシフ・スターリン
 また、その後ロシア(ソビエト)は第二次世界大戦後の「火事場泥棒」によって、樺太の南半分と、全千島と歯舞、色丹、国後そして択捉に武力侵攻して略奪したのである。その時、ソビエトのスターリンは、「我々の古い世代は、四十年間、この日を待っていたのだ」と言って、日露戦争以来のロシアの目的を達したと表明した。そして、そのスターリンが創ったKGBの将校であったプーチンは、ソビエトからロシアに戻った新しい「ロシア国歌」の歌詞を作った。それは、「おお、北の大森林から、南の大海原まで、これらロシアの聖なる大地!」と謳われている。ロシアに「南の大海原」などは、 我が国の領土領海である日本周辺海域以外にはない!16世紀のイワン雷帝以来のロシア(タタール)の東に対する領土拡大の野望は、21世紀のプーチンに至るまで見事に継続されている。これが、ロシアだ。(西村眞悟公式ブログ 2016.11.23

拡大政策を進める「力治国家」

強欲ロシアと扶助する日本

みんなの投票

プーチン訪日でロシアは領土問題にまともに向き合うと思いますか?

  • 思う

    21

  • 思わない

    467

  • 分からない

    23