稲田朋美はもう「限界」かもしれない
1924

テーマ

稲田朋美はもう「限界」かもしれない

いま、日本で最も火だるまになっている女性が2人います。一人は前回のテーマでお届けした首相夫人、安倍昭恵さん。そして、もう一人は本日のテーマで取り上げる防衛大臣、稲田朋美さんです。「女性初の総理」ともてはやされた入閣当時が懐かしいですが、それにしてもなぜここまで「炎上」したのでしょうか?

いま、日本で最も火だるまになっている女性が2人います。一人は前回のテーマでお届けした首相夫人、安倍昭恵さん。そして、もう一人は本日のテーマで取り上げる防衛大臣、稲田朋美さんです。「女性初の総理」ともてはやされた入閣当時が懐かしいですが、それにしてもなぜここまで「炎上」したのでしょうか?

防衛大臣は内閣の「弱い環」

ウソのつき方でわかった

どうせならメルケル首相を目指せ

責任を押し付けた「指揮官」

自衛官の命を預けてもいいのか

 ほれほれ見てみい、安倍晋三首相、ワシがこの連載で予想した通りやないか。やっぱ、稲田朋美防衛相は、めがね違いやったやろ。今や首相自らのケツにまで火の粉ふりかかってそれどころやないか。
 いや、それどころやないで、北朝鮮。韓国で女大統領が罷免され、次はますます親北大統領が選ばれるのは必定。アメリカまでトランプ政権の基盤が固まらずゴタゴタ続きで、こんなチャンス、三代目になって初めて来た、と、朝鮮半島でくすぶる火種がいつ弾けてもおかしない。
 こんな非常時に防衛省の特別防衛監察やて。アンタこそ大阪の“自称教育者のサギ師”の代理人として裁判に出廷しとったんを隠しとったんやで。たとえそれが忘れたいほどイヤな思い出やったとしてもや。近い将来、バッジ外して弁護士に戻れたとしてもやで、そんなに忘れっぽいヤツに弁護頼むと思うか。ましてや24万自衛官の命預けられるか。
南スーダンのPKOに派遣される
陸上自衛隊11次隊の壮行会で、
訓辞する稲田防衛相=青森市の青森駐屯地
 そない疑い出したら、このタイミングでの南スーダンのPKO部隊撤収というのも怪しいで。少なくとも昨年9月から考えとった、というのも忘れっぽい記憶力の割にはハッキリ断言してエエんか。
 何ちゅうても昨年8月15日をまたいで、わざわざアフリカ・ジブチの海上自衛隊の活動拠点の視察ブチ込んだぐらいや。8月15日に靖国神社にお参りできんかった、という「言い訳」作るための出張とちゃうか。
 その翌々月にはジブチと同じアフリカの南スーダンへ出かけ、日本のPKO部隊「視察」しとるんやろ。その時に「ある程度任務を達成できた」と確信したんなら、何でその時に言わんの? 怪しいで。
 安倍首相も意外やったか。自らの政権を危うくするのは「安倍政治を許すな」と毎週金曜日に国会前で騒ぎ立てるガキどもや秘蔵っ子の防衛相をいじめる野党のセンセイ方より、国家どころか自らの危機管理能力もない防衛相や、「アベ首相、アキエ夫人ガンバレ」と園児に言わせていた、自称・保守の一家やったんやから。安倍首相も父上の盟友やった竹下登元首相時代の「ホメ殺し」の教訓忘れとったんか。(宮嶋茂樹 ZAKZAK 2017.03.23

なぜ答弁は暴走したのか

「赤旗」が稲田氏記事取り消し

  日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が一面にでかでかと掲載した記事を取り消した。16日一面に掲載した記事で、「籠池氏、"昨年10月、稲田氏と会った" 本誌に証言 "感謝状"贈呈式で」というもの。
   籠池氏と諄子夫人が、昨年10月22日の防衛大臣感謝状の贈呈式で稲田防衛大臣と会ったと証言したという記事で、「しんぶん赤旗」は鬼の首でもとったように「稲田氏は籠池氏と『10年間ぐらい、お会いしたこともお話をしたこともない(参院予算委員会、8日)としていますが答弁の真実性が問われます」と稲田大臣を批判していた。
  ところが、籠池夫妻はこの贈呈式に出席していなかったのだという。「その後の取材で籠池氏は感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかりました」そうだが、「しんぶん赤旗」こそまさに記事の真実性が問われたわけだ。
  それにしても、籠池夫妻は自分がその会に出席していたかどうか、夫婦揃ってわすれていたのか?  普通どちらかは覚えているだろう。それとも意図的な嘘?健忘症か、虚言癖か。いずれにしろ、籠池夫妻の証言が信用できない、いい加減なものだということはよく分かった。いま籠池夫妻の一言、一言に振り回されている新聞もテレビも、首を洗ってたほうがいいかもしれない。(花田紀凱、2017年3月20日)
稲田朋美はもう「限界」かもしれない

みんなの投票

稲田朋美氏は防衛大臣にふさわしいと思いますか?

  • 思う

    994

  • 思わない

    861

  • どちらでもない

    69