辻元さん、総理と同じことが起こってますよ
11153

テーマ

辻元さん、総理と同じことが起こってますよ

民進党と産経新聞が因縁バトル―。つい最近、ネット上にはこんな書き込みが飛び交った。森友学園問題を奇貨として追及を続けた民進党だが、所属議員の辻元清美氏に疑惑が飛び火するや、これを報じた産経新聞に猛抗議したのである。この際、はっきり申し上げます。辻元さん、本当に安倍総理のこと言えますか?

民進党と産経新聞が因縁バトル―。つい最近、ネット上にはこんな書き込みが飛び交った。森友学園問題を奇貨として追及を続けた民進党だが、所属議員の辻元清美氏に疑惑が飛び火するや、これを報じた産経新聞に猛抗議したのである。この際、はっきり申し上げます。辻元さん、本当に安倍総理のこと言えますか?

民進党に配慮してどーすんの?

こんな国会論戦はいらない

リベラルの本質とは

ただキャラが濃いだけの森友騒動

 新聞紙面やネットで連日大きく報じる話題に発展した森友学園“忖度(そんたく)”騒動。籠池泰典氏の証人喚問など、文字通り国会を止めてまで政権と国有地の払い下げへの口利きや値引きの斡旋(あっせん)の有無が取り沙汰され、支持率の高い安倍政権への攻め手が乏しかった野党が相乗りして攻撃する展開になってしまいました。もちろん、疑惑と言えば疑惑であり、森友学園・籠池夫妻の発言の信憑(しんぴょう)性の微妙さや、松井一郎大阪府知事、この問題に当初から取り組んできた著述家の菅野完(たもつ)さんといった周辺にいるキャラクターの「濃さ」や、森友学園のいう「愛国教育」の絵面の異様さは、確かに国民の関心事になってもおかしくはないほど面白い政治ショーであったことは間違いありません。
森友学園の小学校建設予定地の視察を行い、
取材に応じる辻元清美議員ら=2月28日、
大阪府豊中市(永田直也撮影)
 また、今回矢面に立つことになってしまった財務省も、交渉にかかわる資料を保存していなかったことや、民進党の辻元清美氏の関連も取り沙汰されることになりました。単に政治的醜聞という点ではそう違法ではないかもしれないけれど、話として最高に面白いことがこの問題を引っ張ってしまった一因になるのかもしれません。
 一方で、首相夫人である安倍昭恵さんの、よく言えば天真爛漫(らんまん)なキャラクターがあらぬ疑いを呼びやすく、また本件の森友学園以外にも複数の懸念と疑惑を呼んで、そう簡単には終わらなさそうな勢いです。言い方は悪いですが、首相夫人が政権や行政、大企業の周辺に出入りして個人的なお願いをしたり橋渡しをされてしまえば、何らかの配慮をすることはあり得ます。それが「忖度」というあまり日ごろ使わない単語とともに話題になりました。
 しかしながら、これは本当に国政全体を揺るがすほどの大事件だったのでしょうか。一個一個の話を冷静に見てみると、確かにやりすぎや誤解、思い込みがあるうえ、大阪の地域柄からもありうることと言ってよい事例ではないかと感じます。
 これが本当に安倍首相夫妻の口利きがあったとするならば大問題でしょうが、証人喚問をやり、国会で本来議論すべき日本の未来を見定める重要な政治的課題や予算、法律案その他の審議を中断してまで大騒ぎするほどの重大な疑惑か、という点では疑問に思う部分もあります。国民の関心が高いこの問題について、知りたいと思う読者のニーズを満たすという意味ではメディアは取り上げざるを得ません。ただ、そういう激流のような熱情と相反する、この問題はそこまでの大事件として取り上げ続けるべきなのか、という冷静なスタンスもまた新聞には必要なのではないかと感じます。この森友問題のおかげで置き去りにされた「宿題」についてもまた、新聞が積極的に議論をリードしていけるよう願うのみです。(産経ニュース「新聞に喝!」山本一郎 2017.04.02

全てがつながっている

まっことどうでも良い

松井知事に言いたい

逮捕もあり得るあの人にまだ「隠し玉」はあるか

 3月23日、衆参両院予算委員会で、森友学園理事長の籠池泰典さんの証人喚問があった。
 籠池さんは、大阪の国有地払下げ問題で渦中の人物だ。この問題の土地の価格だが、鑑定価格は9億5600万円だった。そこから、「ゴミ撤去費」として約8億円を差し引いて、1億3400万円になったという。これには籠池さんも、「びっくりした」「神風が吹いた」と語っている。土地の価格が安くなったばかりではない。10年間の定期借地権として契約できてもいたのだ。
参院予算委で行われた籠池泰典氏の
証人喚問を生中継する街頭テレビ
=3月23日、東京・有楽町
 先日も書いたが、やはりこの問題は大騒動になってきた。籠池さんは、首相夫人の安倍昭恵さんから、「安倍晋三から」の寄付金として、100万円を受け取ったと証人喚問で証言していた。昭恵さんは、これを否定している。ただし、寄付金自体は違法ではない。
 さらに籠池さんは、10年の定期借地権を50年に延長できないか、昭恵さんに依頼したと述べた。ただし、総理夫人付の政府職員から、「ご希望に沿うことはできない」という返事をファックスでもらったという。このファックスも公開された。
 籠池さんは、この国有地の問題で相談したという政治家の名前を次々と口にしている。自民党の参議院議員、柳本卓治さん、日本維新の会の参議院議員、東徹彦さん、大阪府知事の松井一郎さん……。ただし、籠池さんは、あまり影響のない政治家の名前しか出していない。
 自民党ははじめ、籠池さんの参考人招致を拒んでいた。これは籠池さんの証言で、大物の名前が出るのを怖がったからだ。あえて今回、籠池さんは「大物の名前」を出さなかったのではないか、と僕は思う。つまり、隠し玉として持っているのだと。彼は戦略的で、何か計算してるんじゃないかと、僕は感じるのだ。
 僕が大きな問題だと思うことがある。民間人である籠池さんが証人喚問であるのにかかわらず、24日の2人の財務省官僚、迫田英典国税庁長官と武内良樹国際局長は、嘘をついても罰せられない。「証人喚問」ではなく「参考人招致」だからだ。これでいいのか。さらにいえば、当事者である昭恵さんも証人喚問すべきではないかと思う。
 籠池さんは、国や大阪府などに対して、3通の異なる建設費を、使い分けて申請している。これは私文書偽造、あるいは詐欺罪に問われる可能性が高い。僕は、近いうちに籠池さんの逮捕もあり得ると見ている。
 それにしてもリクルート事件、ロッキード事件など、過去にもさまざまな事件があった。こうした事件が起きたとき、かつての自民党であれば、党内での調査、究明を行おうという動きがあった。党のなかに派閥があり、自浄作用が働いたのである。
 いまの自民党には、その力がもうない。みんな安倍カラー一色になっている。「バスに乗り遅れるな」だ。やはり、そのすべての元凶は、小選挙区制ではないか、とぼくは思っている。多様な考えの議員が共存できる、中選挙区制に戻すべきでないか。今回の問題で、僕は思いを強くした。(田原総一朗ブログ2017.04.03

不毛な議論の勝者は誰だ

辻元さん、総理と同じことが起こってますよ

みんなの投票

森友学園問題をめぐり「辻元議員3つの疑惑」を報じた産経新聞の報道姿勢をどう思いますか?

  • 評価できる

    6963

  • 評価できない

    4141

  • どちらでもない

    49