施行70年、憲法改正はいま
3035

テーマ

施行70年、憲法改正はいま

「この節目の年に必ずや歴史的な一歩を踏み出す」。悲願の憲法改正。その言葉は自らを奮い立たせる首相の決意の表れだった。日本国憲法が施行から70年を迎えた。改憲か、護憲か。国論を二分する難しいテーマだが、そもそもわが国の憲法はなぜ一度も改正されなかったのか。憲法のいま、そして未来を考えたい。

「この節目の年に必ずや歴史的な一歩を踏み出す」。悲願の憲法改正。その言葉は自らを奮い立たせる首相の決意の表れだった。日本国憲法が施行から70年を迎えた。改憲か、護憲か。国論を二分する難しいテーマだが、そもそもわが国の憲法はなぜ一度も改正されなかったのか。憲法のいま、そして未来を考えたい。

首相、改憲2020年施行目指す

千載一遇の好機を逃した安倍政権

本気で改憲を目指した政権などなかった

長寿を保つ秘密がある

日本国憲法が改正されない摩訶不思議

 日本国憲法が施行されて70年がたとうとしていますが、その間、憲法改正は一度もなく、その意味でわが国の現行憲法は世界で一番の長寿憲法となっています。しかし考えてみると、これは大変不思議なことなのです。確かにその前の大日本帝国憲法も明治22年の発布以来60年近くの間、一度も改正されていません。ただし当時は改正論議そのものが起きなかったのです。
 これに対して現行憲法の場合はすでに昭和30年、初の自民党政権が発足したとき、第一の目標として「憲法の改正」が掲げられています。それ以来、憲法改正が党是からはずされたことはなく、また自民党は3年ほどの例外的な時期を除いて、ほとんど常に与党となってきました。つまり、戦後ほぼ一貫して政権の場にあった政党が憲法改正を掲げてきたにも関わらず、憲法改正は一度も行われていないのです。実に不思議なことと言うべきでしょう。
 確かに現行憲法の改正要件が厳しすぎるというのは、よく言われる通りです。しかし同程度に改正要件が厳しいにも関わらず、憲法改正をしている国々もあって、これだけが原因とは思われません。もう一つ言われるのは、わが国では平和を希求する国民の願いが深く根付いていて、九条を改正しようとする政権に強く反対し続けてきたからだ、という見解です。
 しかし、日本国憲法第九条が平和条項だというのは、一項についてのみ言えることであって、二項は全く平和条項ではないのです。九条一項は、自衛戦争は許されるが侵略戦争は禁じられる、という不戦条約の原則を踏襲した、ごくまっとうな国際基準の平和条項です。ところが、九条二項は次のように定めているのです。「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」。
昭和27年、連合国軍総司令部
(GHQ)として使用された第一生命館
 もしこれを文言通りに遵守したとすると、「前項」に言う「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」すること(たとえば国連平和維持活動で活躍すること)はもちろん、自衛ということが一切不可能となります。それ以前に、これは日本全体を完全な軍事空白地域にしてしまう。国際平和にとってこれほど危険なことはありません。世界全体の目指すべき非武装目標として語るのならともかく、これを一国の憲法規定として書き込んだなら、九条二項は平和破壊条項となりかねないのです。
 誰もが知る通り、日本国憲法は日本が戦争に負けて完全に主権を失った時期に、占領者によって作られています。近代成文憲法では、それが誰の主権のもとで作られたかが重大な意味を持つので、日本国憲法が日本を占領中の連合国軍総司令官の「最高の力」のもとで作られたというのは、それ自体がスキャンダルにほかならない。いわゆる〈日本国憲法無効論〉が主張される所以(ゆえん)です。
 けれども、もしその無効論を貫くと、現行憲法のもとに作られた全ての法律、行政システムが現国会もろとも丸ごと無効になってしまう。悪夢の大混乱に陥ります。それが怖いからこそ、誰もが無意識のうちにこの欠陥条項から目を背けてきたのだと思われます。
 しかし、70年たった今、われわれは逆上することなく、冷静にこのスキャンダルをスキャンダルとして眺めることができるはずです。そしてその置き土産である欠陥条項を改正しうるはずなのです。(「正論」埼玉大学名誉教授・長谷川三千子 産経ニュース 2017.04.20

標準装備度が高い

日本人が知るべき憲法の話

「無抵抗憲法」では国民の命は守れない

 朝鮮半島は一触即発だ。ドナルド・トランプ大統領と、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の予測不能の2人が、朝鮮半島と日本に戦火を招こうとしている。
 3月6日に戻ろう。北朝鮮は弾道ミサイル4発を、日本を威嚇するために日本の沖合へ向けて発射した。そのうち3発を、秋田県のすぐ沖合に撃ち込むことに、成功した。2月13日には、マレーシアの首都クアラルンプールの空港で、正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏を猛毒の神経剤VXを使って、暗殺した。他の毒物もあるのにVXを用いたのは、大量のVXを貯蔵していることを、誇示したのだ。
 北朝鮮はかねてから米国と交渉して、北朝鮮を核保有国として認めさせたうえで、米朝国交を結び、金王朝体制の存続を保障することを狙ってきた。それに対し、米国が核開発を放棄しないかぎり話し合わないと、かたくなな態度をとってきたので、日本を脅して、米国に無条件で交渉に応じるように哀訴させることを、もくろんだものだった。
2016年11月3日、東京都千代田区で
開かれた護憲派の集会
 ところが、日本の国会はこれ以降も、朝鮮半島の危機が刻々と迫ってきていったのを脇に、与野党ともに属国根性を丸出しにして、「何が起こっても米国に任せておけばよい」とばかり、4月に入ってからも、面白おかしく、学校法人「森友学園」問題に没頭していた。
 正恩氏は、最高幹部一同を前にして、「ソルマ(まさか!)」「イルボヌン(日本は)チョンヒョジュクゥムウル・ドゥリョウォハジアンコナ(よほどの生命知らずか)コプチェンイイゴナ・ドゥルジュンエハナダ(腑抜けのどちらかに違いない!)」と、叫んだのではないか。
 5月3日には、日本国憲法が70周年を迎える。米国が70年前に日本を属国とすることをはかって、押し付けたものだ。私は「平和“無抵抗”憲法」と呼んでいる。おそらく護憲派が全国にわたって、属国憲法の記念日を祝う集会を催すことになるだろう。属国根性で国民の生命を守ることは、できない。私は日本国憲法や、森友学園の籠池夫妻と心中したくない。(外交評論家・加瀬英明、夕刊フジ 2017.04.20

ニッポンの大問題

施行70年、憲法改正はいま

みんなの投票

施行70年を迎えた日本国憲法の改正論議は盛り上がっていると思いますか?

  • 思う

    2735

  • 思わない

    270

  • どちらともいえない

    30