なぜ安倍総理はオンナに嫌われるのか
3181

テーマ

なぜ安倍総理はオンナに嫌われるのか

安倍内閣の支持率低下が止まらない。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍首相は衆院予算委の閉会中審査で「真摯に受け止める」と答弁した。世論の「安倍離れ」で特に顕著なのが女性の支持急落。個別の政策ではなく、「人間的に信頼できない」との理由が最も大きいらしい。なぜ安倍首相はオンナに嫌われるのか。

安倍内閣の支持率低下が止まらない。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍首相は衆院予算委の閉会中審査で「真摯に受け止める」と答弁した。世論の「安倍離れ」で特に顕著なのが女性の支持急落。個別の政策ではなく、「人間的に信頼できない」との理由が最も大きいらしい。なぜ安倍首相はオンナに嫌われるのか。

オンナが嫌う3つの理由

「お友達内閣」じゃダメですね

野放図なファーストレディ

「権腐十年」の難しさ

私は思わず「ザマーミロ」

女性票にコビ売り過ぎやろ!

複合商業施設「GINZA SIX」オープニングセレモニーで
談笑する東京都の小池百合子都知事(左)と安倍晋三首相
=4月17日、東京・銀座 (桐原正道撮影)
 だいじょうぶか? 東京都議会は「小池チルドレン」で占められた。これから東京五輪がどうなるか、築地市場問題がどうなるか、分からんが、8年前の民主党(当時)による政権交代劇の悪夢を思い出したんはワシだけか?
 それでも、小池百合子都知事は自民党やないだけで、民進党や共産党におる教条主義者とは違うだけマシやろ。朝鮮学校への都の補助金復活も当面はないやろうし。だけど分からんぞ、権力手にしたら人は、女は変わるからのう。
 公明党もだいじょうぶか? 国政では自民党との連立政権、都議会では小池知事率いる都民ファーストの会と連携って、ホンマ絵に描いたような“コウモリ”選挙やって、自民党とでっかい禍根残したやろのう。ホンマ選挙は怖いわ。都民も国民もその実感あまり持ってへん。
 安倍晋三首相も、女性の登用うたって、現都知事に続いて2人目の女性防衛相を任命して大失敗やないか。ちょっと女性票にコビ売り過ぎたのう。ホンマ安倍政権の女性大臣はロクなんおらんやないか。亡き父親と同じで何の取りえもない2世センセイや、“うちわ・いねむり騒動”センセイ…軒並み、ヘタうっとるやないか。自民党の女性大臣でマトモなお方は拉致問題担当相(福田内閣)をされた中山恭子・現日本のこころ代表ぐらいやないか。
 大臣だけやない。自民党にはマトモな女性国会議員はおらんのか?人としてアウトの豊田センセイといい…。しかし、野党もろくな女性センセイはおらんやろ。野党第一党の民進党代表、レンホーセンセイは、自らの戸籍も国民に見せられん。秘書給与詐欺のセンセイ、慰安婦問題捏造(ねつぞう)加担弁護士センセイもおったな。
 まぁ、自民党の男の若手も不倫センセイに重婚疑惑センセイやの、ロクなんはおらんかったが。安倍首相、次はよっぽど気をつけんと。もう女性大臣はこりごりやろ。今度、女性大臣にヘタこかれたら、次の総選挙で、自民党はホンマに再び野に下るハメになるで。(「宮嶋茂樹の直球&曲球」産経ニュース 2017.07.06

深刻な60代の「離反」

支持率低下は止まるのか

 報道各社の世論調査で、安倍晋三政権の支持率が低下し、不支持率が上回る数字となっている。2カ月前までは、森友学園や加計学園の問題が起きても、内閣支持率は大きく落ちていなかった。ところが、1カ月前にテロ等準備罪での国会運営で急落し、さらに東京都議選後に再び急落した。内閣支持率とともに自民党支持率も下がる一方、他政党の支持率も上がらず、支持なしが増えている状況だ。
閣議後の記者会見で、記者に追求され
厳しい表情で手元のメモを読む稲田朋美防衛相
=7月21日、東京都新宿区(桐原正道撮影)
 2カ月前までの安倍政権の高い支持率には、小泉純一郎政権以降と比べて、いくつかの特徴があった。年代別でみると、他の政権では、一般的に高齢世代ほど支持率が高い傾向があったが、安倍政権は逆に若い世代ほど支持率が高かった。
 男女別でみると、他の政権では男女で支持率の差は少ないが、安倍政権は男性の支持率が高かった。第2次、第3次安倍政権は、10年前の第1次安倍政権と比べても、世代別政権支持率と男女別政権支持率は異なっている。その要因は、今の安倍政権が雇用の確保を高い水準で維持していることと関係している。筆者のような大学関係者にはすぐわかるが、今の若い世代は就職に敏感である。
 数年前の民主党政権時代には就職がなかなかできなかった。失業率が高いと大卒者の就職率は悪くなる。ところが、政権交代して、大して学力も変わっていないのに、今は就職で困ることはない。これは安倍政権のおかげだと実感できるのだ。こうして若い世代では安倍政権支持率が高い。他方で高齢世代では雇用拡大の恩恵を受けることは少ない。さらに、民主党政権時代から社会保障改革として、社会保障費自然増のカットが継続的に行われきて、高齢世代にボディーブローのように効いている。これも高齢世代で内閣支持率が芳しくない理由だ。
 支持率が男性で高く、女性で低いのは、安全保障や原発政策でのタカ派的なイメージによるのだろう。最近になって支持率が急落した要因は、女性の支持率がさらに下がったことが大きいようだ。そうであるなら、強引な国会運営に加えて、豊田真由子議員の暴言、稲田朋美防衛相の失言も背景にあるのだろう。
 豊田氏の暴言は本当にひどいものだった。これで高齢世代の男性の支持も大きく失ったはずだ。筆者もあの発言がテレビで流れるたびに腹が立った。稲田防衛相の失言もひどかった。ある女性芸能関係者は、「神妙になるべき会見で稲田防衛相のつけまつげはその場にふさわしくない」と話していた。こうした点に女性は敏感である。こうしたことはマスコミの倒閣を思わせるような報道と相まって、内閣支持率の急落の原因になったと思われる。
 これらは一過性であるが、社会保障を含めた緊縮財政は長期的に影響しており、そこを見直さないと支持率の上昇は当面期待できない。いまは経済政策回帰にじっくりと取り組むべき局面だ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一 zakzak 2017.07.19
なぜ安倍総理はオンナに嫌われるのか

みんなの投票

安倍内閣に対する女性の支持率急落の原因は次の3つのうちどれだと思いますか?

  • 首相本人の信頼度の低下

    1482

  • 周辺人物の相次ぐ失言や不祥事

    184

  • メディアの印象操作

    1515