愚かな韓国よ、目を覚ませ

愚かな韓国よ、目を覚ませ

韓国の朴槿恵大統領に関するコラムをめぐり、名誉毀損で在宅起訴された産経新聞前ソウル支局長、加藤達也記者の初公判が27日、ソウル中央地裁で開かれ、加藤前支局長は起訴内容を全面的に否認した。真に守るべきは大統領の名誉か、言論の自由か。記者訴追の暴挙で非難を浴びる韓国にいま一度問う。

古谷経衡が斬る

  • ジャーナリストが権力を批判して何が悪いのか

    ジャーナリストが権力を批判して何が悪いのか

    「西側の自由主義陣営」の一角である韓国が、自由と民主主義に逆行するような姿勢を鮮明にした。産経加藤氏への起訴と初公判は、韓国が「西側の自由主義国家」として存続できるかどうか、その試金石になっている。

初公判前に語った本音

  • 加藤記者、朴政権の理不尽に屈せず

    加藤記者、朴政権の理不尽に屈せず

    大統領に不都合だからといって記事を執筆した記者に刑事責任を課すということ自体、真っ当な民主主義国、言論の自由が保障された国ではあるまじき暴挙に他ならない。加藤記者に一連の出来事について直撃、思いの丈を語ってもらった。

「身内」への批判許さぬ

  • 「反日」と「情緒」が支配する哀しき非民主国家

    「反日」と「情緒」が支配する哀しき非民主国家

    民族という“身内”なら何を言っても構わない。だが、外に向けた“身内”の批判は絶対許さないという韓国固有の思考を呉善花氏が読み解く。

騒然とした法廷

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損したとして罪を問われた裁判の初公判が開かれたソウル中央地裁では、韓国の保守系団体のメンバーらが、加藤前支局長の乗った車に生卵を投げつけるなど一時騒然となった。外国人記者を法廷に立たせて、名誉毀損の罪に問うという異例の裁判への関心は高く、地裁には日韓の報道関係者に加え、産経新聞を批判する保守系団体のメンバーら100人以上が集まった。
 加藤前支局長は午前10時の開廷前に入廷。約30席の傍聴席はすでに満席で、約40人が立ったまま傍聴した。韓国でも裁判所の敷地内の示威行為は禁止されているが、保守系団体のメンバーらは傍聴席に入り、「加藤達也、韓国国民に謝れ」「加藤を拘束せよ」などと叫び声を上げ、前支局長を非難するプラカードを掲げるなどして傍聴した数人が退廷を命じられる異常事態となった。  ■前支局長の車に生卵(産経新聞 2014.11.27)

公判の争点は


検察側の主張

■コラムは客観的事実と異なり、朴大統領を誹謗する目的があった

弁護側の主張

■コラムは公益性があり、朴大統領への誹謗中傷の意図はなかった

■コラムには朴大統領と元側近が男女関係にあるかのように示した内容はなく、検察が指摘するような虚偽事実はない


韓国メディアへの訴追相次ぐ

朴政権下では、韓国メディアに対する民事・刑事訴訟も頻発している。特に4月のセウォル号沈没事故以降は急増中だ。大統領府側に名誉毀損で告訴された経験をもつ韓国誌、時事ジャーナルのある記者は、記者協会報で「(大統領府は)メディアの批判や監視機能などに対し敏感に反応しすぎるようだ」と指摘している。

関連記事

  • 佐藤優から加藤記者へ

    佐藤優から加藤記者へ

    加藤達也前ソウル支局長と作家の佐藤優の往復書簡。国策的な捜査で国家権力と対峙する経験をした2人の往復書簡からは、自由や民主主義の価値観を共有できない韓国の姿が浮かび上がる。

  • 韓国の「外信信仰」と激しい党派対立

    韓国の「外信信仰」と激しい党派対立

    「引用元となった朝鮮日報のコラムと実質的に同じ内容」という産経新聞の主張には与しないし、産経新聞の記事が良質なものとも思わない。だが、それでも刑事処分の対象とすることは明らかに行き過ぎだ。澤田克己 ・毎日新聞ソウル支局長が語る。

愚かな韓国よ、目を覚ませ

記者訴追という暴挙に出た韓国が本当に守るべきものは何だと思いますか?

  • 11851

    大統領の名誉だと思う

  • 4470

    言論・報道の自由だと思う

  • 332

    よく分からない

返信を入力