小池さん、いろいろ間違ってますよ
1838

テーマ

小池さん、いろいろ間違ってますよ

都知事の公務そっちのけで、政局に明け暮れる小池さんですが、このどさくさに紛れて、とんでもない禁煙条例が可決されました。子供の受動喫煙を防ぐために自宅などでの禁煙を努力義務とするものですが、嫌煙家の小池さんらしい条例です。とはいえ小池さん、「法は家庭に入らず」の格言までお忘れか。

都知事の公務そっちのけで、政局に明け暮れる小池さんですが、このどさくさに紛れて、とんでもない禁煙条例が可決されました。子供の受動喫煙を防ぐために自宅などでの禁煙を努力義務とするものですが、嫌煙家の小池さんらしい条例です。とはいえ小池さん、「法は家庭に入らず」の格言までお忘れか。

「喫煙権」などありません

行政介入の境界線はどこ?

明治時代は最先端にいた

本当に支持される条例か

 都民ファーストの会は、基本政策の一つにスモークフリー社会の実現を掲げている。20日に始まった都議会定例会では公明党と共同で、子供がいる家庭での喫煙制限を柱とした「東京都子どもを受動喫煙から守る条例案」を提出した。同条例案は、26日の代表質問、27日の一般質問などを経て、10月5日の本会議終了までに採決し、来年4月の施行を目指す。
東京都議会の代表質問に臨む小池百合子知事=9月26日
東京都議会の代表質問に臨む小池百合子知事=9月26日
 条例案では、子供がいる部屋では喫煙しないよう求めるほか、「受動喫煙を防止する措置が十分でない飲食店やゲームセンター、カラオケボックスなどに子供を立ち入らせない」「公園や学校、その周辺の喫煙を制限する」などを掲げている。中でも注目を集めたのが、子供が同乗している自動車内についてで、条例案では「喫煙してはならない」と厳しく定められている。いずれも努力義務とし、罰則は設けていない。利用者が急増している加熱式たばこも規制の対象となっている。
 両党は8月29日に条例案の骨子を公開し、意見公募(パブリックコメント)を実施。9月初旬に医療・学校関係者や飲食・たばこ業界などの代表を集めて非公開のヒアリングを行った。同条例案には、家庭やプライベートにまで行政が立ち入ることに異議を唱える声も多かったが、ほぼ素案通りの提出となった。都民ファーストと公明党を合わせた議席数は都議会の過半数を占めているため、条例案は可決・成立する見通しだ。
 しかしこの条例が、いまだ科学的に明らかになっていない受動喫煙や加熱式たばこと健康との因果関係について、さも確実なものであるかのように印象づけることを懸念する声も少なくない。また、小池百合子知事が繰り返し訴える“都政の透明化”でいうのなら、パブコメや業界ヒアリングの結果をきちんと公開した上で、条例案を作成・公開すべきではなかったかという指摘もある。この条例が本当に都民に支持されるものとなるのかどうか、疑問の残るところだ。(「喫煙を考える」zakzak 2017.09.26

小池知事は何を考えているのか

喫煙者いじめの度が過ぎる

厳し過ぎる法規制は逆効果

日本人って実は優秀?

小池さん、いろいろ間違ってますよ

みんなの投票

家庭内での喫煙規制についてどう思いますか?

  • 賛成

    1264

  • 反対

    535

  • どちらでもない

    39