「小池劇場」がとことんショボかった
1324

テーマ

「小池劇場」がとことんショボかった

政権交代を掲げて新党を立ち上げ、政界再編のキーマンとして注目を一身に浴びた小池百合子東京都知事が、衆院選出馬を固辞した。大将不在の公算が高まった選挙戦に新党の勢いは失速し、安倍自民の高笑いは止まらない。「小池劇場」はなぜこうもあっけなく萎んでしまったのか。

政権交代を掲げて新党を立ち上げ、政界再編のキーマンとして注目を一身に浴びた小池百合子東京都知事が、衆院選出馬を固辞した。大将不在の公算が高まった選挙戦に新党の勢いは失速し、安倍自民の高笑いは止まらない。「小池劇場」はなぜこうもあっけなく萎んでしまったのか。

高笑いが止まらない安倍自民

議員はまるで使用人?

いまだ消えない出馬説

化けの皮が剥がれてきた

かくて「護憲勢力」は壊滅した

 かねて「2大『現実政党』時代」の到来について書いてきた私も、あまりにも「あれよ、あれよ」という展開に正直、唖然としている。最も驚いたのは、あれほど「解散の大義がない」と叫び、「護憲」を主張し、平和安全法制を「戦争法」と決めつけて、その廃止を訴えてきた政治家たちが、一夜にして「一丁目一番地」とも言うべきその政策を「放棄」してしまったことだ。
 リベラル勢力の人々は、自分たちが支えてきた政治家たちの浅ましい姿に、ただただ絶句している。刻々と変わる国際情勢や社会の変化に目を向けず、そして、やれ「お花畑だ」、やれ「ドリーマーだ」と揶揄(やゆ)されても、それでも国会前で「護憲」と「平和安全法制廃止」を訴えてきた人々は、本当に立つ瀬がないだろう。信じていた政治家たちが、自分たち支持者を置き去りにして、こともあろうに「改憲政党」のもとに走っていってしまったのである。果たしてこれ以上の衝撃があるだろうか。リベラル勢力の人たちが投票する政党が「共産党しかなくなってしまった」ことは、本当にお気の毒に思う。しかし、慌てることはない。恥も外聞もなく希望の党に駆けこもうとした民進党の政治家たちは、小池百合子党首によって「選別」され、少なからず「また舞い戻ってくる」からだ。その少数派の政治家たちをまた「支持すればいい」のである。
 なんといっても興味深かったのは、小池氏が希望の党からの出馬を望む民進党の立候補予定者の絞り込みについて「(リベラル派は)排除する」と改めて言明したことである。
 小池氏は「安全保障、憲法観といった根幹部分で一致していることが、政党構成員としての必要最低限です」と強調した。選挙に落ちて「ただの人」になりたくないために、政治信条を捨ててまで必死で入党を懇願しているのに、リベラル政治家たちにはそれでもまだ「大きなハードルが待っている」のである。
前原誠司氏(左)と枝野幸男氏=9月28日、東京(酒巻俊介撮影)
前原誠司氏(左)と枝野幸男氏=9月28日、東京(酒巻俊介撮影)
 各選挙区で着々と準備が進められてきた共産党を含む「野党統一候補」の構想は、わずか一日で白紙となったが、小池氏の「選別」によって、またそこに活路を見出そうとする政治家たちが少なからずいるだろう。護憲リベラル勢力は「選挙の前に」すでにほとんどが壊滅してしまったが、その悲喜劇は、むしろこれからが「本番」と言えるのである。
 結局、小池氏が言う「リセット」とは、平和ボケしたリベラル勢力を「リセット」することだったことに気づいた向きも多いだろう。だが、まだ、あきらめてはいけない。見方を変えれば、“抱きつき合流”によって、希望の党の中心勢力になるのが旧民進党の連中なのだから、彼らが加計問題で必死に持ち上げてきた前川喜平元文科事務次官のように「面従腹背」を座右の銘とし、ひたすら「時」を待って、希望の党の中で小池勢力を「駆逐」すればいいのである。
 つまり、「駆逐するか、されるか」という勝敗はともかく、希望の党の将来は「分裂が不可避」ということである。中国に「尖閣に手を出させない」ためにできたとも言うべき平和安全法制を「戦争法案」と叫びつづけたツケを当人たちが払わされることになったのは、なんとも「歴史の皮肉」というほかない。(門田隆将ブログ 2017.9.29

ホントに出馬しないの?

風向きは変わった

「小池劇場」がとことんショボかった

みんなの投票

小池百合子東京都知事の衆院選出馬に期待しますか?

  • 期待する

    223

  • 期待しない

    1079

  • どちらでもない

    22