報復か偶然か、五輪疑惑とゴーン事件
NEW

報復か偶然か、五輪疑惑とゴーン事件

報復か偶然か。東京五輪招致をめぐり、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対して仏当局が贈賄容疑で捜査に乗り出した。ゴーン事件を契機に日仏関係も微妙なだけに「意趣返し」との憶測が広がる。なぜこのタイミングだったのか。元東京都知事、舛添要一が真相を読む。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

李相哲

李相哲

龍谷大教授。1959年、中国生まれ。中国北京中央民族大卒業後、新聞記者を経て87年に来日し、98年に日本国籍を取得。専門は東アジアの近代史・メディア史。著書に『満州における日本人経営新聞の歴史』(凱風社)、『漢字文化の回路―東アジアとは何か

長谷川幸洋

長谷川幸洋

ジャーナリスト、東京新聞・中日新聞論説委員。昭和28年、千葉県生まれ。慶応大経済学部卒。ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)卒。東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長などを経て論説委員。政府税制調査会委員、規制改革推進会議委員な

宇山卓栄

宇山卓栄

著作家。昭和50年、大阪府生まれ。慶応大経済学部卒。各メディアで時事問題を歴史の視点で解説。近著に『民族で読み解く世界史』、『王室で読み解く世界史』(以上、日本実業出版社)、『朝鮮属国史-中国が支配した2000年』(扶桑社新書)など。

小山和伸

小山和伸

神奈川大学経済学部教授。一般社団法人メディア報道研究政策センター理事長。昭和30年、東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。神奈川大学経済学部専任講師、助教授、東京大学経済学博士を経て現職。著書に『これ

森本あんり

森本あんり

1956年生まれ。国際基督教大学、東京神学大学、プリンストン神学大学院を修了。Ph.D.(組織神学)。国際基督教大学人文科学デパートメント教授(哲学・宗教学)、2012年より学務副学長。プリンストンやバークレーで客員教授を務める。主な著書に

仲村覚

仲村覚

日本沖縄政策研究フォーラム理事長、ジャーナリスト。昭和39年、那覇市生まれ。埼玉県在住。陸上自衛隊少年工科学校(横須賀)入校後、航空部隊に配属。退官後の平成21年、沖縄が中国の植民地になるという強い危機感から民間団体「沖縄対策本部」(現日本

向谷匡史

向谷匡史

作家、ジャーナリスト。昭和25年、広島県生まれ。拓殖大卒。週刊誌記者などを経て、作家、ジャーナリストとして活動。浄土真宗本願寺派僧侶や保護司、日本空手道「昇空館」館長なども務める。著書に『田中角栄 相手の心をつかむ「人たらし」金銭哲学』(双

加島宏

加島宏

弁護士。昭和17年、大阪府生まれ。55年に大阪弁護士会に登録。主に、政教分離や憲法9条、在日韓国朝鮮人にかかわる多くの憲法裁判を担当。著書に『大嘗祭への国費支出は憲法違反』(明石書店)、共著に『天皇制に挑んだ1700人』(緑風出版)など。