都知事選「玉石混交」候補22人の違和感
NEW

都知事選「玉石混交」候補22人の違和感

新型コロナ対策が主な争点となった東京都知事選は投開票日を迎えた。過去最多となる22人の立候補者についても注目された選挙戦。選挙にいわゆる「泡沫候補」はつきもので、法的にも問題はないとはいえ、あまりに節操のない候補が散見されたのも事実だ。まるで「遊び場」のような選挙はいかがなものか。

一覧

いま話題の執筆陣

西条昇

西条昇

アイドル・お笑い評論家、江戸川大学教授。昭和36年、東京生まれ。幼少期より都内の劇場でアイドルや喜劇の舞台を観て育つ。大学では、アイドル論、お笑い論を担当。浅草芸能にも造詣が深く、収集した芸能コレクション資料は2万点以上。執筆・テレビ出演も

香田洋二

香田洋二

元海上自衛隊自衛艦隊司令官。昭和24年、徳島県生まれ。防衛大卒後、海上自衛隊入隊。護衛艦隊司令官、佐世保地方総監、自衛艦隊司令官などを歴任し、平成20年退官。現在はジャパンマリンユナイテッド顧問。

北条かや

北条かや

著述家。昭和61年、石川県生まれ。同志社大社会学部、京都大大学院文学研究科修了。NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」、TOKYO MX「モーニングCROSS」などに出演。主な著書に『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)、『こじらせ女子の日

礒﨑敦仁

礒﨑敦仁

慶應義塾大学准教授。昭和50年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員、外務省専門分析員、警察大学校専門講師、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員を歴任。専門は北朝鮮

岩下哲典

岩下哲典

東洋大文学部史学科教授。昭和37年、長野県生まれ。青山学院大大学院文学研究科博士後期課程単位修得。博士(歴史学)。明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授を経て現職。主な著書に『日本のインテリジェンス』(右文書院)など、主な編著書に『龍馬

所功

所功

京都産業大名誉教授、モラロジー研究所教授。昭和16年、岐阜県生まれ。名古屋大大学院修士課程修了。文部省教科書調査官、京都産業大教授などを経て現職。専門は日本法制文化史。皇室史に造詣が深く、小泉、野田両政権で皇室典範改正を検討した際にも議論に

田原総一朗

田原総一朗

昭和9年、滋賀県彦根市生まれ。早稲田大卒業後、岩波映画製作所に入社。東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社し、52年からフリーに。テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」、BS朝日「激論!クロスファイア」の司会を務めるなど多くのメディ

千代松大耕

千代松大耕

泉佐野市長。昭和48年、大阪府泉佐野市生まれ。和歌山大大学院修了。堀場製作所勤務を経て、平成12年から泉佐野市議を4期務め、23年4月の同市長選で初当選。現在2期目。