子供のゲーム「1日60分」って言われても
NEW

子供のゲーム「1日60分」って言われても

「ゲームは1日60分!」。子供のしつけかと思えば、こんな言葉が香川県の条例案に出てきたのだから驚きだろう。解消法を探す親や学校だけではなく、政府も対策に乗り出すほどゲーム依存は深刻だ。ただ、専門家の調査に基づく目安と言われても、どことなく「上から目線」を感じてしまうのは気のせいだろうか。

一覧

いま話題の執筆陣

荒井太郎

荒井太郎

相撲ジャーナリスト。昭和42年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、百貨店勤務を経てフリーライターに転身。専門誌の寄稿、連載、およびテレビ出演、コメント提供も多数。2015年1月に創刊した『相撲ファン』の監修を務める。著書に『歴史ポケットスポー

松浦大悟

松浦大悟

元参院議員。昭和44年、広島県生まれ。神戸学院大卒業後、秋田放送にアナウンサーとして入社。講演会などを通して周りにゲイをカミングアウトする。平成18年に秋田放送を退社。平成19年の参院選で初当選。民主党副幹事長、予算委理事などを務める。平成

松沢直樹

松沢直樹

フリーライター、編集者。昭和43年、北九州市生まれ。 航空会社職員などを経て現職。医療・労働問題・食品・社会保障問題を中心に取材。労働組合「連合ユニオン東京・委託労働者ユニオン」執行副委員長を務めた。主な著書に『うちの職場は隠れブラックかも

落合知美

落合知美

市民ZOOネットワーク理事。昭和48年、京都府宇治市生まれ。岐阜大農学研究科修士課程修了。専門は動物園での環境エンリッチメント。京大霊長類研究所研究員や武庫川女子大バイオサイエンス研究所教務助手なども務めた。動物の”幸せ”に関する勉強・研究

中宮崇

中宮崇

フリーライター、ブロガー。昭和45年、北海道生まれ。豊橋技術科学大卒、名古屋大大学院経済学研究科除籍。肩書・自称は「プロ2ちゃんねらー」「サヨクウオッチャー」など多岐にわたるが、学生時代から反朝日、反左翼を主張。著書に『天晴れ!筑紫哲也NE

吉田潮

吉田潮

ライター・イラストレーター。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療健康から下ネタ、テレビまで無駄に幅広く執 筆。 「週刊新潮」に連載を持つ。著書に『TV大人の視聴』(講談社)、『2人で愉しむ新・大人の悦楽』(ナガオ

岡田克也

岡田克也

衆院議員。昭和28年、三重県生まれ。東大法学部卒業後、旧通産省に入省。平成2年の衆院選で初当選し、10期目。平成10年の民主党結党以降、政調会長や幹事長、代表の他、外務大臣や副総理を歴任。現在は衆議院の会派「無所属の会」代表。著書に『政権交

遊川和郎

遊川和郎

亜細亜大アジア研究所教授(所長)。東京外国語大卒。外務省専門調査員(在香港日本総領事館、在中国日本大使館)、日興リサーチセンター上海駐在員事務所長、北海道大大学院教授などを経て現職。著書に『香港 返還20年の相克』(日本経済新聞出版社)など