「竹島の日」もうやめたら?
NEW

「竹島の日」もうやめたら?

きょうは「竹島の日」である。島根県が竹島の帰属100年になるのに合わせ条例で定めたことに始まる。実は今、そのおひざ元で竹島の日を「もうやめたらどうか?」という不穏な空気が流れているという。理由は式典のたびに韓国から沸き起こる抗議と誹謗中傷。いやはや、世はまさに「韓国疲れ」である。(写真は聨合=共同)

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

松原 仁

松原 仁

1959年東京生まれ。1981年東大理学部情報科学科卒。86年同大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了(工学博士)。同年通産省工技院電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)に入所。2000年から公立はこだて未来大学教授。人工知能、ゲー

肥留間正明

肥留間正明

芸能評論家、作家、ジャーナリスト。昭和24年、埼玉県生まれ。日本大学法学部卒。女性自身(光文社)の記者、週刊宝石(光文社)創刊、FLASH(光文社)創刊などに携わり、のちに音羽出版社の設立などを経て、現職。著書に『龍馬と海』(音羽出版)など

水野俊平

水野俊平

北海商科大学教授。韓国語学者。昭和43年生まれ。天理大学外国語学部朝鮮学科卒業。韓国・全南大学校大学院国語国文学科博士課程修了。同大学講師などを経て、北海商科大学教授。16 年間にわたる韓国在住時では、韓国各局のテレビ番組にレギュラー出演し

八木秀次

八木秀次

麗澤大教授。昭和37年、広島県生まれ。早大大学院政治学研究科博士後期課程中退。高崎経済大教授などを経て、平成26年から現職。専門は憲法学、国家論、人権論。教育再生実行会議提言フォローアップ会合委員、法制審議会民法(相続関係)部会委員、フジテ

奥山真司

奥山真司

地政学者、戦略学者。昭和47年、横浜市生まれ。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大卒。国際地政学研究所上席研究員、青学大非常勤講師を務める。専門は地政学、国際関係論など。著書に『地政学』(五月書房)『世界を変えたいなら一度“武器”を捨ててし

田岡春幸

田岡春幸

労働問題コンサルタント。人事労務などのサポート会社「ヒューマンリスクマネジメント」代表取締役。昭和51年、静岡市生まれ。大学卒業後、厚生労働省に入省し最低賃金法の改正、労使問題などに携わる。厚労省退官後は、企業の労務・人事系の顧問を務めてい

依田啓示

依田啓示

昭和48年、京都府生まれ。幼少期をハワイで過ごし、5歳から沖縄の与那原・浦添で育つ。沖縄大学卒業後、ハワイ大学で言語学、政治科学を専攻。ハワイでの食品流通に関わる仕事の経験から、農のあるライフスタイルの実現を目指す。日本帰国後、2004年、

小島伸之

小島伸之

上越教育大教授。昭和45年2月、横浜市生まれ。平成18年、東洋大大学院社会学研究科博士後期課程修了。専攻は憲法・日本近代法史・宗教社会学。「宗教と社会」学会会員。共編著として『近現代日本の宗教変動』(ハーベスト社)、共著に『昭和初期の神道と