新型コロナ押さえ込み「成功神話」の謎
NEW

新型コロナ押さえ込み「成功神話」の謎

緊急事態宣言が全面解除されても、新たなクラスターや第2波など、新型コロナウイルスへの警戒が続く。安倍晋三首相は「日本モデルを示した」と強調したが、感染者と死亡者が少ない理由は、どうもピンとこない。なぜ、日本は押さえ込みに成功しているのか、さまざまな仮説を改めて考察してみよう。

一覧

いま話題の執筆陣

三船恵美

三船恵美

駒澤大法学部教授。早稲田大第一文学部卒、米ボストン大大学院修了。日本学術振興会特別研究員、中部大国際関係学部助教授、駒澤大法学部准教授などを経て現職。専門は中国の外交・国際関係。著書に『中国外交戦略-その根底にあるもの』(講談社)『米中露パ

鳩山由紀夫

鳩山由紀夫

第93代内閣総理大臣、一般財団法人東アジア共同体研究所理事長。1947年東京生まれ。東京大学工学部計数工学科卒業、スタンフォード大学工学部博士課程修了。1986年、初当選。1996年に民主党を結党。2009年に三回目の民主党代表を務め、同年

井上武史

井上武史

九州大学大学院法学研究院准教授。昭和52年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業、同大学院法学研究科修了。博士(法学)。京都大学助教、岡山大学准教授を経て、平成26年から現職。専攻は憲法学。著書に『結社の自由の法理』(信山社)。共著に『一歩先へ

竹田恒泰

竹田恒泰

作家。昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。平成18年(2006年)『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『現

新田均

新田均

皇學館大現代日本社会学部学部長。昭和33年、長野県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程に学ぶ。博士(神道学)。平成10年「比較憲法学会・田上穣治賞」受賞。著書に『「現人神」「国家神道」という幻想』(PHP研究所)、『首相が靖国参

梅原淳

梅原淳

鉄道ジャーナリスト。昭和40年、東京生まれ。大学卒業後、三井銀行(現在の三井住友銀行)に入社。その後、雑誌編集の道に転じ、月刊「鉄道ファン」(交友社)編集部などを経て、平成12年からフリーランスとして活動を開始。主な著書に『なんでもわかる!

佐藤登

佐藤登

1978年横浜国立大学大学院工学研究科電気化学専攻修士課程修了後、本田技研工業に入社。1989年まで腐食防食技術の開発に従事。社内研究成果により88年には東京大学で工学博士号取得。99年から4年連続「世界人名事典」に掲載。栃木研究所のチーフ

森健

森健

ジャーナリスト。昭和43年、東京都生まれ。平成4年、早稲田大法学部卒業。24年に『「つなみ」の子どもたち』(文藝春秋)と『つなみ被災地の子ども80人の作文集』(企画編集、文藝春秋)で第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。27年には『小倉昌