「人権圧殺国家」習近平のメディア戦略
NEW

「人権圧殺国家」習近平のメディア戦略

安倍首相が日本の首相として7年ぶりに訪中する。だが、最近の中国は、監視社会が一層エスカレートし、国際的女優やICPO総裁の失踪など、不可解な事件が後を絶たない。表向きは自由を尊重する「人権圧殺国家」との外交。今さらながら用心するに越したことはない。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

長内厚

長内厚

早大ビジネススクール准教授。昭和47年、東京都生まれ。京大大学院修了・博士(経済学)。平成9年、京大経済学部卒業後にソニー入社。映像関連機器部門で商品企画、技術企画、商品戦略担当など歴任。その後、神戸大経済経営研究所准教授を経て23年より現

武藤正敏

武藤正敏

元駐韓大使。昭和23年、東京都生まれ。47年、横浜国立大卒業後、外務省入省。北東アジア課長や駐クウェート日本大使などを歴任。語学研修を含め韓国赴任は5度、通算約12年に及ぶ。平成22年に駐韓日本大使に就任し、24年に大使退任。25年、韓国政

富澤一誠

富澤一誠

音楽評論家。昭和26(1951)年、長野県須坂市生まれ。46年、東京大学を中退し音楽評論活動に専念。尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。「Age Free Music!」(FM NACK5)「Age Free Music~大人の音楽」

山下祐介

山下祐介

首都大学東京准教授。1969年生まれ。九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程中退。弘前大学准教授などを経て、首都大学東京准教授。専攻は地域社会学、環境社会学。『限界集落の真実——過疎の村は消えるか?』 (ちくま新書)、『「復興」が奪う地

森口将之

森口将之

モータージャーナリスト、モビリティジャーナリスト。昭和37年、東京都生まれ。早大教育学部卒。国内外の交通事情や都市計画、環境対策を取材・視察し、メディアやコンサルティングを通して最新モビリティ事情を紹介している。著書に『これでいいのか東京の

和合亮一

和合亮一

昭和43年、福島県生まれ。詩人、県立高校国語教諭。『AFTER』で中原中也賞。ほかの著書に『詩の礫』『ふるさとをあきらめない-フクシマ、25人の証言』『詩の寺子屋』など。

最新の記事

吉良佳子

吉良佳子

参議院議員。昭和57年、高知県生まれ。早稲田大第一文学部卒。平成25年の参院選に東京選挙区より出馬し、初当選を果たす。29年から日本共産党中央委員も務める。

松田智生

松田智生

三菱総合研究所 プラチナ社会研究センター主席研究員。昭和41年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。専門は超高齢社会の地域活性化、アクティブシニア論。シルバーよりも上質で錆びることのないプラチナのように輝き続ける社会とビジネスを提言