「国力低下」 今そこにあるコロナ危機
NEW

「国力低下」 今そこにあるコロナ危機

経済協力開発機構(OECD)の今年の成長率予測で、上方修正の欧米や中国とは裏腹に、低く据え置かれた日本。コロナ禍が続く中で懸念されるのが、教育現場の混乱や就職活動への悪影響が深刻化し、国力低下という将来の大きなダメージとなって跳ね返ることだ。第5回は、日本の「地盤沈下」の危機に関して考える。

一覧

いま話題の執筆陣

徳田竜之介

徳田竜之介

獣医師。竜之介動物病院院長。九州動物学院理事長。麻布大学大学院修了後、関東の動物病院で6年間勤務。平成6年、竜之介動物病院開院。平成16年、九州動物学院開校。平成27年に学校法人昭德学園九州動物学院設立。著書に『どんな災害でもネコといっしょ

馬淵澄夫

馬淵澄夫

衆院議員。昭和35年、奈良市生まれ。横浜国大工学部卒。民間企業役員を経て、平成15年に民主党から出馬し初当選し、連続5回。耐震偽装問題の追及で注目される。22年9月、国交相兼沖縄北方対策相として初入閣したが、11月に参院で問責決議案が可決さ

関修

関修

明治大学法学部非常勤講師。昭和36年、東京生まれ。東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。東洋大学文学部哲学科助手を経て、現職。専門はフランス現代思想、文化論。著書に『美男論序説』(夏目書房)、『隣の嵐くん』、『「嵐」的、あまりに

倉山満

倉山満

憲政史家、皇室史学者。昭和48年、香川県生まれ。中央大大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得退学。在学中から国士舘大学で日本国憲法などの教鞭をとる。帝国憲法を学ぶ倉山塾塾長。YouTubeで主宰する「チャンネルくらら」の番組を配信

矢追純一

矢追純一

テレビディレクター、プロデューサー、ジャーナリスト。1935年、旧満州国生まれ。中央大法学部を卒業後の1960年、日本テレビに入局。担当した番組で、スプーン曲げなどで知られる超能力者、ユリ・ゲラーを紹介し、超能力ブームの火付け役となった。そ

酒井政人

酒井政人

スポーツライター。昭和52年、愛知県生まれ。東京農業大卒。1年時、箱根駅伝で復路10区に出場。故障で競技を断念し、大学卒業後からライター活動を開始。主な著書に『箱根駅伝 襷をつなぐドラマ』(KADOKAWA)『箱根駅伝ノート』(KKベストセ

菅野完

菅野完

著述家。昭和49年、奈良県生まれ。サラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を始め、退職後の平成27年から主に政治経済分野での執筆を本格化。著書に『日本会議の研究』(扶桑社新書)、『保守の本分』(扶桑社新書)、『踊ってはいけない国で、踊り続

石井昌浩

石井昌浩

昭和15年、山形県生まれ。早稲田大学法学部卒業。都立工業技術教育センター所長、教育庁施設部長、東京都現代美術館副館長、東京文化会館副館長、都立教育研究所次長、国立市教育長、拓殖大学客員教授、東京造形大学講師を歴任。著書に、『丸投げされる学校