ハマってはならない中国「海警法」の罠
NEW

ハマってはならない中国「海警法」の罠

中国「海警法」の脅威を指摘する声が相次ぐには理由がある。それは、尖閣を巡って日本が対応を誤れば取り返しのつかないカラクリが隠されているからだ。もはや「中国公船」などと呼ぶのは甘すぎる。再三警告しているように、日本は現実を直視し、国際社会に向けた「世論戦」を仕掛けなければならない。

一覧

いま話題の執筆陣

渡辺龍太

渡辺龍太

放送作家、フリーニュースディレクター。即興力(インプロ)養成コーチ。大阪府出身、東京育ち。高校卒業後にアメリカに留学。帰国後、NHK国際放送局でフリーディレクターとして報道番組を担当し、以降、情報番組を中心とした放送作家活動とメディア出演に

山田敏弘

山田敏弘

国際ジャーナリスト。昭和49年生まれ。米マサチューセッツ工科大学(MIT)元安全保障フェロー。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク誌などに勤務後、MITを経てフリー。著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『

西尾克洋

西尾克洋

相撲ライター。昭和55年、鹿児島県生まれ。日本大学卒業後、平成23年に相撲ブログ「幕下相撲の知られざる世界」を開始し、1300万PVを記録。現代ビジネス、大相撲ぴあなどで相撲記事を担当し、日本テレビ「超問!ウソか?ホントか?」で相撲クイズを

高口康太

高口康太

ジャーナリスト、翻訳家。昭和51年、千葉県生まれ。千葉大人文社会科学研究科博士課程単位取得退学。二度の中国留学を経て、中国専門のジャーナリストに。独自の切り口から中国・新興国を論じるニュースサイト「KINBRICKS NOW」を運営。著書に

ジェイ・アラバスター

ジェイ・アラバスター

ジャーナリスト。ニューヨーク生まれ。米プリンストン大卒。AP通信東京支局元特派員。イルカ漁問題に揺れる和歌山県太地町を取材し、町をテーマに関西大で修士号取得。現在、アリゾナ州立大博士課程。映画「おクジラさま ふたつの正義の物語」(2017年

徳田竜之介

徳田竜之介

獣医師。竜之介動物病院院長。九州動物学院理事長。麻布大学大学院修了後、関東の動物病院で6年間勤務。平成6年、竜之介動物病院開院。平成16年、九州動物学院開校。平成27年に学校法人昭德学園九州動物学院設立。著書に『どんな災害でもネコといっしょ

上村直人

上村直人

高知大学医学部附属病院精神科講師。平成9年高知医科大学大学院卒業。医学博士で専門は精神医学、老年精神医学。日本老年精神医学会評議員、日本認知症学会代議員も務める。

鳥越皓之

鳥越皓之

大手前大学学長。昭和19年、沖縄県生まれ。関西学院大教授、筑波大教授、早稲田大教授を経て、平成27年から現職。専門は社会学、社会史、民俗学、環境問題、地域計画。著書に『地域自治会の研究』(ミネルヴァ書房)、『「サザエさん」的コミュニティの法