コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

横山泰行

横山泰行

富山大名誉教授、ドラえもんアナリスト、教育学博士。昭和17年、岐阜県羽島市生まれ。東京教育大卒。東大大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。教育学とももに、「ドラえもん学」を提唱し研究を続ける。著書に『「のび太」という生きかた』(アスコム)

北沢栄

北沢栄

ジャーナリスト。昭和17年、東京都生まれ。慶応大経済学部卒。共同通信社経済部、ニューヨーク特派員などを経て、フリーのジャーナリストとして活動。平成17~20年、東北公益文科大大学院特任教授(公益学)。著書に『公益法人 隠された官の聖域』(岩

藤めぐみ

藤めぐみ

一般社団法人レインボーフォスターケア代表理事。法務博士(専門職)。オーストラリア・シドニー生まれ。大阪府育ち。大阪大学文学部卒業、関西大学法科大学院修了。 衆議院議員公設秘書、自治体職員、中間支援組織スタッフなどを経験。平成25年、LGB

佐野正弘

佐野正弘

ITライター。福島県出身。東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。主な著書に『位置情報ビジネス』(毎日コミュニケーションズ)など。

加谷珪一

加谷珪一

経済評論家。昭和44年、仙台市生まれ。東北大卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。著書に「教養とし

長谷川博一

長谷川博一

臨床心理士。昭和34年、愛知県生まれ。名古屋大大学院教育学研究科(心理学専攻)博士後期課程中退。東海学院大大学院教授などを経て、こころぎふ臨床心理センターを開設。数々の刑事事件の心理鑑定も手掛けている。著書『殺人者はいかに誕生したか』(新潮

碓井広義

碓井広義

上智大学文学部新聞学科教授。昭和30年、長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。56年テレビマンユニオンに参加。以後20年にわたりドキュメンタリーやドラマの制作を行う。慶應義

黒井文太郎

黒井文太郎

軍事ジャーナリスト。昭和38年、福島県いわき市生まれ。横浜市大文理学部国際関係課程卒。週刊誌編集者(講談社)、フリージャーナリスト(紛争地取材専門)、月刊「軍事研究」記者、「ワールド・インテリジェンス」編集長などを経て、軍事ジャーナリスト。