秀吉を悩ませた朝鮮出兵「奴隷狩り」
NEW

秀吉を悩ませた朝鮮出兵「奴隷狩り」

天下統一を成し遂げた秀吉の支配欲は、まず朝鮮に向けられ、「文禄・慶長の役」として決行された。その際、侵略地の荒廃を防ぐため、秀吉は戦国時代の慣例だった「奴隷狩り」や略奪行為を禁じたが、順守されなかったという。秀吉の命令にも関わらず、なぜ奴隷狩りは横行したのか。(写真は和歌山県立博物館提供)

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

岸本周平

岸本周平

衆議院議員。昭和31年、和歌山県生まれ。東京大法学部卒。旧大蔵省入省後、経産省文化情報関連産業課長、財務省理財局国庫課長などを経て平成16年退官。トヨタ自動車渉外部長を経て、第45回衆院選で初当選し、連続4選。野田内閣では内閣府政務官、経産

山田昌弘

山田昌弘

中央大学文学部教授、家族社会学者。昭和32年、東京都生まれ。東京大大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京学芸大助教授、教授などを経て現職。専門は家族社会学、感情社会学。「パラサイト・シングル」「婚活」の名付け親でもある。主な著書に『パ

前嶋和弘

前嶋和弘

上智大総合グローバル学部教授。昭和40年、静岡県生まれ。上智大外国語学部卒、ジョージタウン大大学院政治学部修士課程修了、メリーランド大大学院政治学部博士課程修了。文教大人間科学部准教授などを経て現職。専門は現代アメリカ政治。主な著書は『アメ

小倉正男

小倉正男

ジャーナリスト。早稲田大法学部卒。東洋経済新報社で企業情報部長、金融証券部長、名古屋支社長・中部経済倶楽部専務理事を経て現職。2012年から「小倉正男の経済コラム」(日本インタビュ新聞社)連載のほか、東経オンラインなどで執筆。著書に『M&A

八幡和郎

八幡和郎

徳島文理大学教授。昭和26年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。退官後は作家、評論家として新聞やテレビで活躍。著書に『蓮舫「二重国籍」のデタ

井上文則

井上文則

早稲田大文学学術院教授。昭和48年、京都府生まれ。京都大大学院文学研究科博士後期課程修了。専攻は古代ローマ史。著書に『軍人皇帝時代の研究』(岩波書店)『軍人皇帝のローマ』(講談社)など。

西田亮介

西田亮介

東京工業大リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。昭和58年、京都府生まれ。慶大総合政策学部卒。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了、同後期博士課程単位取得退学。立命大特別招聘准教授、東工大大学マネジメントセンター准教授

坂爪真吾

坂爪真吾

一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。昭和56年、新潟市生まれ。東大文学部卒。重度身体障害者に対する射精介助サービス、風俗店の待機部屋での無料生活・法律相談「風テラス」の開催など、社会的な切り口で現代の性問題の解決に取り組む。著書に『セックス