長篠勝利の立役者「六芒星メンズ」の謎
NEW

長篠勝利の立役者「六芒星メンズ」の謎

歴史教科書でもおなじみの「長篠合戦図屏風」だが、よく目を凝らしてみると、「白装束に赤い六芒星」をまとった怪しげな3人の男が描かれている。実は彼らは信長にとって一大決戦となったこの戦いの勝利の立役者でもあった。歴史学者、橋場日月が「六芒星メンズ」の正体を解き明かす。(写真は長浜城歴史博物館提供)

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

川上和久

川上和久

国際医療福祉大赤坂心理・医療福祉マネジメント学部教授。昭和32年、東京都生まれ。東大大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東海大助教授、明治学院大教授などを経て現職。専門は政治心理学、戦略コミュニケーション論。主な著書に『情報操作のトリッ

吉田潮

吉田潮

ライター・イラストレーター。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療健康から下ネタ、テレビまで無駄に幅広く執 筆。 「週刊新潮」に連載を持つ。著書に『TV大人の視聴』(講談社)、『2人で愉しむ新・大人の悦楽』(ナガオ

越智小枝

越智小枝

東京医科歯科大学医学部医学科卒業後、膠原病・リウマチ内科医として10年の臨床経験の後、公衆衛生大学院へ留学。留学直前に東京で東日本大震災を経験し、留学先から福島県相馬市にボランティアとして度々勤務。WHO、Public Health Eng

片山修

片山修

経済ジャーナリスト、経営評論家。名古屋市生まれ。平成13年から23年まで学習院女子大客員教授を務める。緻密な現場取材に支えられた企業経営論、組織論、人事論には定評がある。著書に『ソニーの法則』『トヨタの方式』(以上、小学館)『サムスンの戦略

尾関謙一郎

尾関謙一郎

ジャーナリスト、広報アナリスト。社会情報大学院大学客員教授、企業広報研究ネットワーク理事長。昭和25年、東京都出身。学習院大卒。昭和50年、読売新聞入社。ヴェルディ広報部長、プランタン銀座広報取締役を経て、定年後は明治学院大などで広報メディ

佐々木信夫

佐々木信夫

中央大大学院教授。昭和23年、岩手県生まれ。早稲田大大学院政治学研究科修了。法学博士。東京都庁で16年間勤務後、平成6年から現職。専門は行政学、地方自治論。第31次地方制度調査会委員、大阪府市特別顧問などを務めた。著書に『老いる東京』『東京

篠原章

篠原章

評論家・批評.COM主宰。昭和31年生まれ。成城大大学院修了(経済学博士)。シンクタンク研究員、大学教授を経て現職。専門は財政学だが、音楽文化、沖縄、社会経済一般などをフィールドとした評論を執筆。著書に『沖縄の不都合な真実』(大久保潤との共

石澤靖治

石澤靖治

学習院女子大学長。昭和32年、山形市生まれ。立教大社会学部卒業後、「週刊ダイヤモンド」記者に。ハーバード大学ケネディ行政大学院修了後、「ワシントンポスト」極東総局記者、ニューズウィーク日本版副編集長など経て、現職。23年から学習院女子大学長