静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

落合浩太郎

落合浩太郎

政治学者。東京工科大学教授。昭和37年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学研究科博士課程中退。著書に『CIA失敗の研究』(文春新書)、共著に『インテリジェンスなき国家は滅ぶ』(亜紀書房)など。

原田義昭

原田義昭

昭和19年、福岡県生まれ。衆議院議員、前環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)。弁護士東京大学法学部卒業後、新日本製鐵を経て通産省入省。平成2年に衆議院議員初当選。文部科学副大臣、衆議院外務委員長、衆議院財務金融委員長などを歴任。著書に

大下英治

大下英治

1944年、広島県出身。大宅壮一マスコミ塾第七期生。『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋"として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。その後、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を

石川一郎

石川一郎

香里ヌヴェール学院学院長。21世紀型教育機構理事。1962年東京都生まれ。早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業。前かえつ有明中・高等学校校長。著書に『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)、『2020年からの教師問題』(KKベス

磯山友幸

磯山友幸

ジャーナリスト。昭和37年、東京都生まれ。早稲田大政治経済学部卒。日本経済新聞社で証券部次長、フランクフルト支局長など24年間記者を務め平成23年に独立。主な著書に『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP社)、『2022年、「働き方」はこうな

吉田則昭

吉田則昭

目白大メディア学部メディア学科准教授、博士(社会学)。昭和40年生まれ。平成3年から30年まで一般社団法人日本ABC協会(新聞雑誌部数公査機構)で雑誌担当主管、会員部次長などを歴任。立教大社会学部兼任講師。著書に『戦時統制とジャーナリズム』

藤井靖

藤井靖

明星大心理学部准教授、臨床心理士。昭和54年、秋田県生まれ。早稲田大大学院人間科学研究科博士後期課程修了。同大人間科学学術院助教などを経て現職。専門は臨床心理学、臨床ストレス科学、認知行動療法。スクールカウンセラーや、心療内科、精神科で心理

清谷信一

清谷信一

軍事ジャーナリスト。1962年生まれ。東海大学工学部卒。軍事関係の専門誌を中心に、総合誌や経済誌、新聞、テレビなどにも寄稿、出演、コメントを行う。08年まで英防衛専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー(Jane's Defence W