静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

山脇康嗣

山脇康嗣

弁護士。昭和52年、大阪府生まれ。慶應義塾大学法学部卒。慶應義塾大学大学院法務研究科修了。専門は入管法・技能実習法・国籍法などの外国人関連法制。現在、第二東京弁護士会国際委員会副委員長及び日本弁護士連合会人権擁護委員会特別委嘱委員(法務省入

藤村陽

藤村陽

神奈川工科大学基礎・教養教育センター教授。昭和37年、東京都生まれ。東京大学教養学部卒、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。京都大学理学部助教などを経て現職。専門は物理化学。放射性廃棄物処分の安全性について地層処分問題研究グループで活動

稲増龍夫

稲増龍夫

法政大学社会学部教授。昭和27年、東京都生まれ。東京大学大学院社会心理学修士課程修了。法政大学社会学部専任講師、同学部助教授を経て現職。専門は社会心理学、メディア文化論、現代若者論。著書に『アイドル工学』『パンドラのメディア-テレビは時代を

加島宏

加島宏

弁護士。昭和17年、大阪府生まれ。55年に大阪弁護士会に登録。主に、政教分離や憲法9条、在日韓国朝鮮人にかかわる多くの憲法裁判を担当。著書に『大嘗祭への国費支出は憲法違反』(明石書店)、共著に『天皇制に挑んだ1700人』(緑風出版)など。

下川正晴

下川正晴

1949年鹿児島県生まれ。毎日新聞元ソウル、バンコク支局長、元論説委員、韓国外国語大学客員教授を歴任。2007年4月から大分県立芸術文化短期大学教授(マスメディア論、現代韓国論)。「日韓の相互認識とメディア」「慰安婦報道検証」が研究テーマ。

雨宮紫苑

雨宮紫苑

ドイツ在住フリーライター。平成3年生まれ、神奈川県出身。立教大卒。「ヤフー!ニュース」や「東洋経済オンライン」、「ハフィントンポスト」、「現代ビジネス」などのウェブメディアを中心として記事を寄稿。著書に『日本人とドイツ人』(新潮新書)。

新井素子

新井素子

作家。昭和35年生まれ。52年「あたしの中の……」で第一回奇想天外SF新人賞佳作入選、56年「グリーン・レクイエム」、57年「ネプチューン」で、星雲賞日本短編部門受賞、平成11年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞受賞。近著に『未来へ…

玉木雄一郎

玉木雄一郎

衆議院議員。昭和44(1969)年、香川県生まれ。東大法学部卒業後、旧大蔵省入省。平成9年、米国ハーバード大学大学院(ケネディースクール)卒業。17年、財務省退職。21年、2度目の挑戦となる第45回衆院選で初当選し、連続3期。民進党では国会