消費増税「どえらいリスク」の真犯人
NEW

消費増税「どえらいリスク」の真犯人

日本経済の景気減速が顕著になり、10月に実施予定の消費税率10%への引き上げに黄信号が灯った。首相は最終判断を4月中にも行うとみられるが、かたや日本銀行の黒田東彦総裁は古巣の財務省に忖度し、増税を「援護射撃」する構えをみせている。「どえらいリスク」の真犯人は、やっぱりあなたです。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

後藤健郎

後藤健郎

一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)代表理事。昭和60年より日本ビデオ協会(現・日本映像ソフト協会)に勤務し、現在専務理事。この間、不正商品対策協議会事務局長、早稲田大学非常勤講師、文化審議会専門委員などを歴任。CODA・CJ

井沢元彦

井沢元彦

作家。昭和29年、名古屋市生まれ。早稲田大法学部卒。TBS入社後、記者時代に「猿丸幻視行」で第26回江戸川乱歩賞を受賞。31歳で退社し、専業作家に。歴史推理、ノンフィクションに独自の世界を開拓する。週刊ポスト連載の「逆説の日本史」は1000

藤井浩人

藤井浩人

前美濃加茂市長。昭和59年、岐阜県生まれ。名古屋工業大卒業後の平成22年、美濃加茂市議選で初当選。25年の同市長選に28歳で出馬して初当選し、全国最年少市長となった。翌年、事前収賄容疑などで逮捕、起訴されたが、一審で無罪判決。28年の二審で

中村幸嗣

中村幸嗣

血液内科医。昭和38年生まれ。防衛医大卒。陸上自衛隊医官、防衛医科大助教などを経て、平成24年から民間の血液内科医に。専門は危機管理。

鄭大均

鄭大均

首都大学東京特任教授。昭和23年、岩手県生まれ。立教大と米UCLAで学ぶ。専門は日韓関係。平成16年、日本国籍を取得。 主な著書に『韓国のイメージ』(中公新書)、『在日・強制連行の神話』(文春新書)、『姜尚中を批判する』(飛鳥新社)など。近

太田房江

太田房江

参院議員。昭和26年、広島県生まれ。東京大学経済学部卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省。平成9年、岡山県副知事就任。平成12年より全国初の女性知事として大阪府知事を2期8年務める。平成25年、参議院議員として初当選。平成27年、厚生労働

西尾克洋

西尾克洋

相撲ライター。昭和55年、鹿児島県生まれ。日本大学卒業後、平成23年に相撲ブログ「幕下相撲の知られざる世界」を開始し、1300万PVを記録。現代ビジネス、大相撲ぴあなどで相撲記事を担当し、日本テレビ「超問!ウソか?ホントか?」で相撲クイズを

川村卓

川村卓

筑波大准教授。昭和45年、北海道江別市生まれ。札幌開成高校の主将、外野手として甲子園出場。筑波大大学院体育研究科修了後、北海道で高校教員として4年半勤務。平成12年から筑波大体育科学系講師となり、その後、同硬式野球部監督に就任。筑波大で野球