コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

遠田晋次

遠田晋次

東北大学災害科学国際研究所教授、理学博士。昭和41年、宮崎県生まれ。鹿児島大理学部卒業、東北大大学院理学研究科前期博士課程修了。電力中央研究所、同所属中に米国地質調査所(USGS)客員研究員、東大地震研究所助手、京都大学防災研究所准教授など

高橋宗瑠

高橋宗瑠

人権活動家、国際人権法研究者。英国の国際人権NGO、Business & Human Rights Resource Centre日本代表、青山学院大学法学部講師。早稲田大卒業、英国エセックス大にて法学修士号授受。25年間以上人権の専門とし

加藤隆則

加藤隆則

中国・汕頭大長江新聞與伝播学院教授。昭和37年、東京都生まれ。早稲田大政治経済学部卒。読売新聞社入社後、東京本社社会部で司法、皇室などを担当。その後上海支局長、中国総局長などを経て、平成27年に退社。「独立記者」として特定の政治的立場、利益

木村三浩

木村三浩

民族派愛国者団体「一水会」代表。昭和31年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科に学ぶ。一水会書記長を経て、平成12年より一水会代表。月刊『レコンキスタ』発行人。三田文学会、日本ペンクラブ会員。著書に『お手軽愛国主義を斬る〜新右翼の論

國重惇史

國重惇史

シーアンドイー会長。昭和20年、山口県生まれ。東京大経済学部卒業後、住友銀行入行。大蔵省担当や取締役を歴任。楽天副会長などを経て現職。平成28年にイトマン事件の内幕を明かした著書『住友銀行秘史』(講談社)が発売され、話題を集める。

今野晴貴

今野晴貴

NPO法人POSSE代表。昭和58年、宮城県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程在籍。専門は労働社会学、社会政策学。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。年間2000件の若者からの労働・生活相談に関わっている。著書に『ブラックバイト 

田淵貴大

田淵貴大

医師・医学博士。大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長。昭和51年、岡山県生まれ。岡山大医学部卒。血液内科臨床医を経て、大阪大学大学院で医学博士取得。専門は公衆衛生学・疫学。平成29年、後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞受賞。現

木村草太

木村草太

首都大学東京教授、憲法学者。昭和55年、横浜市生まれ。東大法学部卒。同助手をなど経て現職。主な著書に『憲法の急所』(羽鳥書店)、『憲法の創造力』(NHK出版)、『テレビが伝えない憲法の話』(PHP研究所)など多数。近著に『自衛隊と憲法』(晶