J1神戸「バルサ化」三木谷会長の本気度
NEW

J1神戸「バルサ化」三木谷会長の本気度

Jリーグ、ヴィッセル神戸に超大物ストライカー、ビジャの加入が決まった。世界最高のMFイニエスタの加入以来、三木谷浩史オーナーのトップダウン改革が続く。スペインのFCバルセロナを過度に意識した相次ぐ大型補強。「投資を惜しまない」三木谷氏の本気度はどれほどか。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

屋山太郎

屋山太郎

1932年、福岡県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。時事通信社に入社後、政治部記者、ローマ特派員、官邸クラブキャップ、ジュネーブ特派員、編集委員兼解説委員を歴任。81年より第二次臨時行政調査会(土光臨調)に参画し、国鉄の分割・民営化を推進した

保坂展人

保坂展人

東京都世田谷区長、ジャーナリスト。昭和30年、仙台市生まれ。都新宿高中退。中退後、教育問題を中心にジャーナリストとして活動。平成8年の衆院選で初当選し、通算3期務める。23年、世田谷区長に当選。主な著書に『相模原事件とヘイトクライム』(岩波

宮坂直史

宮坂直史

防衛大学校教授。昭和38年、東京生まれ。慶応大法学部卒。専修大法学部講師などを経て、平成11年から防衛大学校国際関係学科助教授、20年から現職。専門は、国際政治と危機管理。著書に『国際テロリズム論』(芦書房)、『日本はテロを防げるか』(ちく

佐々木亮

佐々木亮

弁護士。昭和50年、北海道生まれ。平成11年に東京都立大卒業後、15年に弁護士登録。現在旬報法律事務所に勤務。日本労働弁護団常任幹事、ブラック企業被害対策弁護団代表などを務める。「いのちが危ない残業代ゼロ制度」(共著、岩波ブックレット)、「

常石敬一

常石敬一

神奈川大学名誉教授。昭和18年、東京都生まれ。東京都立大卒業。長崎大学教授などを経て神奈川大学教授。著書に『消えた細菌戦部隊』(ちくま文庫)、『医学者たちの組織犯罪』(朝日文庫)、『七三一部隊』(講談社現代新書)、『原発とプルトニウム』(P

飯尾篤史

飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、サッカー専門誌の編集記者を経て2012年からフリーランスに転身。ワールドカップやオリンピックなど、国内外のサッカーシーンを取材している。著書に『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構

沖大幹

沖大幹

東京大学生産技術研究所教授。昭和39年生まれ。専門は水文学。博士(工学、東京大学)、気象予報士。著書は『東大教授』(新潮社)、『水危機 ほんとうの話』(新潮社)など。

野々村直通

野々村直通

昭和26(1951)年、生まれ。広島大学教育学部卒。島根県の開星高校硬式野球部を監督として計9回、甲子園へと導く。「末代までの恥」発言で辞任したが、嘆願の署名が集まり復帰した。平成24年に定年退職し、現在は画家、教育評論家として活動している