コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

古川雅子

古川雅子

ジャーナリスト。昭和47年生まれ、栃木県出身。上智大文学部卒。がん・認知症と暮らし、科学と社会、震災とコミュニティーなどの主題に取り組む。ニュース週刊誌「AERA」では人物ノンフィクション「現代の肖像」の記事も多数執筆。共著に『きょうだいリ

楠木新

楠木新

著述家、神戸松蔭女子学院大人間科学部教授。昭和29年、神戸市生まれ。京大法学部卒。大手生命保険会社入社後、人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長などを経験。在職中から「働く意味」をテーマに取材・執筆・講演に取り組む。定年退職後に現職。主な

吉富望

吉富望

日本大危機管理学部教授。昭和34年生まれ。防衛大卒、拓殖大大学院国際協力学研究科博士後期課程単位取得退学。陸上自衛隊に入隊後、陸上幕僚監部、防衛省内局、内閣官房内閣情報調査室、防衛大教授などを経て現職。

山下祐介

山下祐介

首都大学東京准教授。1969年生まれ。九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程中退。弘前大学准教授などを経て、首都大学東京准教授。専攻は地域社会学、環境社会学。『限界集落の真実——過疎の村は消えるか?』 (ちくま新書)、『「復興」が奪う地

川上和久

川上和久

麗澤大教授。昭和32年、東京都生まれ。東大大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東海大助教授、明治学院大教授、国際医療福祉大教授などを経て現職。専門は政治心理学、戦略コミュニケーション論。主な著書に『情報操作のトリック』(講談社)、『反日

長尾義弘

長尾義弘

ファイナンシャルプランナー。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。平成9年に出版プロデューサーとして独立、NEO企画を設立して代表となる。著書に『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)など多数。

川上泰徳

川上泰徳

中東ジャーナリスト。昭和31年、長崎県生まれ。大阪外国語大(現・大阪大)アラビア語科卒。朝日新聞でカイロ、エルサレム、バグダッドなどに駐在、イラク戦争や「アラブの春」などを取材し、中東報道で2002年度のボーン・上田記念国際記者賞受賞。中東

中村直子

中村直子

ジャパンハラールコープ代表。昭和39年、新潟県生まれ。大阪芸術大学芸術学部放送学科卒。マレーシア人ムスリムと結婚し改宗した日本人ムスリム。現在は、ハラールに対する理解と認証制度の可否について様々な観点から検討する活動を展開している。