江田憲司手記「普天間秘録」
84
NEW

江田憲司手記「普天間秘録」

「普天間返還の原点、その真実を書き記すことが私の使命と考えた」。1996年、沖縄・普天間飛行場の返還をめぐり日米両政府が合意し、今に続く基地問題はここから始まった。当時、橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司衆院議員がiRONNAに独占手記を寄せた。普天間秘録。初めて明かされる「23年目の真実」とは。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

小田桐誠

小田桐誠

ジャーナリスト。昭和28年10月、青森県生まれ。亜細亜大学法学部卒。日本実業出版社を経て現職。著書に『NHKはなぜ金持ちなのか?』(双葉新書)、『PTA改造講座』(NHK出版新書)『消えたお妃候補たち』(宝島社)など多数。

山本一郎

山本一郎

個人投資家、作家。昭和48年、東京都生まれ。慶應大法学部卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作、社会調査に携わる。著書に『情報革命バブルの崩壊』(文藝春秋)、『リーダーの値打ち』(アスキー・メディアワーク

鈴木宗男

鈴木宗男

1948年、北海道足寄町生まれ。拓殖大学在学中から故・中川一郎氏の秘書を務める。83年、衆議院議員に当選。第2次橋本内閣で国務大臣北海道・沖縄開発庁長官、小渕内閣で内閣官房副長官を務める。05年8月、新党大地を結成。09年9 月、衆議院外務

保立道久

保立道久

1948年東京生まれ。専門は奈良時代から鎌倉時代初期までの日本史。国際国際基督教大学卒業、東京都立大学人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂所教授、所長を経て2013年から東京大学名誉教授。著書に『中世の女の一生』(洋泉社)、『平安王

片山修

片山修

経済ジャーナリスト、経営評論家。名古屋市生まれ。平成13年から23年まで学習院女子大客員教授を務める。緻密な現場取材に支えられた企業経営論、組織論、人事論には定評がある。著書に『ソニーの法則』『トヨタの方式』(以上、小学館)『サムスンの戦略

関根嘉香

関根嘉香

東海大理学部教授。昭和41年、東京生まれ。慶応大理工学部卒、同大大学院理工学研究科修了。専門は環境化学。日立化成工業勤務を経て、平成12年から現職。慶応大政策・メディア研究科非常勤講師、一般社団法人室内環境学会理事長などを務める。

大下英治

大下英治

1944年、広島県出身。大宅壮一マスコミ塾第七期生。『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋"として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。その後、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を

長谷川仁美

長谷川仁美

ライター。静岡市出身。大学卒業後、NHKのディレクター、編集プロダクションのコピーライターを経て独立。平成14年からフィギュアスケートの取材を始める。男女シングルだけでなくペアやアイスダンスも国内外選手、コーチなどスケート関係者に幅広く取材