「表現の不自由展・その後」のその後
NEW

「表現の不自由展・その後」のその後

表現の自由やヘイト表現をめぐり大きな議論となった昨夏の「あいちトリエンナーレ」に動きがあった。不交付だった補助金の減額支給が決まったことと、名古屋市が負担金の未払い分を検証委員会の報告を尊重し、支払わないことを決めたからだ。意見が二つに割れた検証委が、不払いを報告書でまとめた理由を明らかにする。

一覧

いま話題の執筆陣

秋山幸雄

秋山幸雄

元産業医科大准教授。昭和26年、神奈川県生まれ。東大農学部卒業、58年に農学博士号取得。平成17年から産業医科大産業保健学部准教授。担当科目は、大気環境学、化学物質管理学、産業保健経済学など。日常生活環境下における受動喫煙個人曝露量の測定・

岩田温

岩田温

大和大学専任講師、政治学者。昭和58(1983)年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了。専攻は政治哲学。著作は『逆説の政治哲学』(ベスト新書)、『政治とはなにか』(総和社)、『日本人の歴史哲学』(展転社)、『人種差別から読み解く大東亜戦

佐伯順子

佐伯順子

同志社大学大学院社会学研究科教授、女性文化史研究家。昭和36年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門はメディア学、比較文化。著書に『遊女の文化史』(中公新書)、『「色」と「愛」の比較文化史』(サントリー学

影山貴彦

影山貴彦

同志社女子大学メディア創造学科教授。昭和37年、岡山市生まれ。早大政治経済学部卒。毎日放送プロデューサーを経て現職。専門はメディアエンターテインメント論。上方漫才大賞審査員、日本笑い学会理事なども務める。主な著書に『おっさん力』(PHP研究

成馬零一

成馬零一

ライター、ドラマ評論家。昭和51年生まれ。インディペンデントWEBマガジン「ich」代表責任者。雑誌、WEB媒体でドラマ評を執筆。主な著作に『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

船田元

船田元

衆院議員。昭和28年、栃木県生まれ。慶応大経済学部卒業。昭和54年、衆院総選挙に最年少の25歳で初当選。当選12回。自民党衆議院議員総会長、裁判官弾劾裁判所裁判長。著書に政界再編(中央公論新社)など。

武田邦彦

武田邦彦

中部大総合工学研究所特任教授。昭和18年、東京都生まれ。日本エネルギー学会賞など受賞多数。環境問題に対して定説と異なる主張を展開して注目を集め、テレビでコメンテーターとしても活躍する。著書に『エネルギーと原発のウソをすべて話そう』(産経新聞

鈴木貴博

鈴木貴博

百年コンサルティング代表。30年のキャリアを誇る経営戦略コンサルタント。情報分析や業界分析に強く、未来予測やイノベーション分野が得意領域。一方で雑学にも強く、経済エンタテナーとして各方面に寄稿。経済クイズ本『戦略思考トレーニング』シリーズは