トランプ「宇宙軍」構想の目算
50
NEW

トランプ「宇宙軍」構想の目算

トランプ大統領が突然表明した「米宇宙軍構想」の波紋が広がっている。トランプ氏の発言は、国防が最大の目的とはいえ、宇宙を潜在的な戦争の場として捉えた点で、国際的な注目を集めた。中間選挙をにらんだ人気取りの思惑も透けて見えるが、そもそもトランプはどこまで本気なのか。構想の目算を読む。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

保立道久

保立道久

1948年東京生まれ。専門は奈良時代から鎌倉時代初期までの日本史。国際国際基督教大学卒業、東京都立大学人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂所教授、所長を経て2013年から東京大学名誉教授。著書に『中世の女の一生』(洋泉社)、『平安王

小宮信夫

小宮信夫

立正大学文学部教授(社会学博士)。昭和31年、東京都生まれ。ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了。法務省、国連アジア極東犯罪防止研修所などを経て現職。専攻は犯罪学。地域安全マップの考案者。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に

桂川光和

桂川光和

日本古代史研究家。昭和21年生まれ。岐阜県在住。信州大学農学部卒業後、サラリーマンとして福岡県に赴任。営業で九州一円を回る過程で『魏志倭人伝』の研究を始める。現在は、日本古代史研究家として執筆活動を続ける。

筆坂秀世

筆坂秀世

政治評論家。昭和23年、兵庫県生まれ。兵庫県立伊丹高卒。三和銀行、日本民主青年同盟の活動を経て日本共産党に入党。政策委員長などを歴任し、参院議員を2期務める。離党後は執筆やテレビ出演などで活躍。著書に『日本共産党』(新潮新書)、『野党という

薬師院仁志

薬師院仁志

帝塚山学院大教授。昭和36年、大阪市生まれ。京都大大学院教育学研究科博士後期課程(教育社会学)中退。京大助手、帝塚山学院大専任講師、同助教授を経て現職。主な専攻分野は社会学理論、現代社会論、教育社会学。著書に『民主主義という錯覚』(PHP研

飯田哲也

飯田哲也

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長。昭和34年、山口県生まれ。京都大大学院工学研究科原子核工学専攻修了。東京大先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。原子力産業や原子力安全規制などに従事後、非営利活動を経てIS

碓井広義

碓井広義

上智大学文学部新聞学科教授。昭和30年、長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。56年テレビマンユニオンに参加。以後20年にわたりドキュメンタリーやドラマの制作を行う。慶應義

安宿緑

安宿緑

北朝鮮旅日記「ライター安宿緑の北朝鮮ブログ」(http://blog.livedoor.jp/yasgreen/)、日刊サイゾーにて「根なし草ライター・安宿緑の平壌でムーンウォーク」連載中