政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか
71
NEW

政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

参院選は開票の結果、改憲勢力が議席の3分の2を割り込んだ。争点が曖昧で、投票率も低調に終わり、盛り上がりに欠けた選挙戦だったが、政党要件を持たない「れいわ新選組」が、山本太郎代表の常識を超えた戦略で注目を集めたのは特筆すべきだろう。こうした動きが、日本に漂う閉塞感を打ち破る起爆剤になるか。

コメント

  • Thumbnail
    改憲勢力「3分の2」割り込む

    2

    改憲勢力?レズやホモを支援している連中は改憲しないと夫婦には認めてもらえないぜ。 そう言う意味じゃ改憲勢力だろう?それ取り組むって議員になった奴だよね? そうな

  • Thumbnail
    徴用工判決に広がる波紋

    3

     よく韓国は日韓併合は不法だという。それを最大の根拠に日本に歴史戦を挑んでくる。  しかし、日本による韓国併合は、それが英米を始めとした列強に認められている以上

  • Thumbnail
    政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

    5

    終戦直後だしアメリカはよっぽど日本人を恐れていたんだと思う。日本人のクソまじめな気質も計算に入れて二度と自立できないようにあらゆる細工を施した結果なのだと思う。

一覧

いま話題の執筆陣

小宮信夫

小宮信夫

立正大学文学部教授(社会学博士)。昭和31年、東京都生まれ。ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科修了。法務省、国連アジア極東犯罪防止研修所などを経て現職。専攻は犯罪学。地域安全マップの考案者。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に

木村幸比古

木村幸比古

霊山歴史館副館長。昭和23年、京都市生まれ。國學院大文学部卒(近世思想史)。幕末維新史に関する評論を多数執筆。NHK大河ドラマ「西郷どん」「龍馬伝」「花燃ゆ」などの展示委員や高知県観光特使を務める。先祖は奈良県吉野郡天川村の郷士で後(うしろ

中村幸嗣

中村幸嗣

血液内科医。昭和38年生まれ。防衛医大卒。陸上自衛隊医官、防衛医科大助教などを経て、平成24年から民間の血液内科医に。専門は危機管理。

小原凡司

小原凡司

笹川平和財団上席研究員。昭和38年生まれ。防衛大学校卒業、筑波大学大学院(地域研究修士)修了(修士)。昭和60年に海上自衛隊入隊後、回転翼操縦士として勤務。駐中国防衛駐在官、防衛省海上幕僚監部情報班長、航空隊司令を歴任。海上自衛隊を退職後、

松本博文

松本博文

将棋ライター。昭和48年、山口県生まれ。東大法学部卒。将棋のネット中継に草創期から携わる。著書に『ルポ電王戦』(NHK出版)、『ドキュメント コンピュータ将棋』『東大駒場寮物語』(以上、KADOKAWA)。

丸橋 透

丸橋 透

ニフティ株式会社理事・法務部長、ニューヨーク州弁護士。京都大学法学部卒、コーネルロースクール修了(LL.M)。ICT関連法制の専門家として政府の委員会、学会、業界団体にて活動。共著として「ITビジネス法入門―デジタルネットワーク社会の法と制

近藤駿介

近藤駿介

経済評論家、コラムニスト。昭和32年、東京都生まれ。早大理工学部卒。野村投信のファンドマネージャーとして25年以上にわたり、株式、債券、デリバティブ、ベンチャー投資、不動産関連投資など、さまざまな運用を経験。近著に『1989年12月29日、

安田峰俊

安田峰俊

ノンフィクション作家、多摩大学非常勤講師。昭和57年、滋賀県生まれ。立命館大文学部卒業後、広島大大学院文学研究科修了。専攻は中国近現代史。一般企業勤務後、運営していた中国関連のブログが注目され、見出されて文筆の道に。 週刊誌・月刊誌への寄稿