静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

下地敏彦

下地敏彦

宮古島市長。昭和20年、沖縄県宮古島市生まれ。琉球大学卒業。沖縄県農林水産部次長、県宮古支庁長、旧城辺町助役、宮古市町村合併協議会幹事長、県漁業協同組合連合会代表理事会長などを務めた。平成21年1月の宮古島市長選で初当選。3期目。

三橋貴明

三橋貴明

経世論研究所所長。昭和44年、熊本県生まれ。東京都立大(現・首都大学東京)経済学部卒。外資系IT企業などに勤務した後、中小企業診断士として独立。著書に『移民亡国論』(徳間書店)、『財務省が日本を滅ぼす』(小学館)など多数。

菅野完

菅野完

著述家。昭和49年、奈良県生まれ。サラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を始め、退職後の平成27年から主に政治経済分野での執筆を本格化。著書に『日本会議の研究』(扶桑社新書)、『保守の本分』(扶桑社新書)、『踊ってはいけない国で、踊り続

原田義昭

原田義昭

昭和19年、福岡県生まれ。衆議院議員、前環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)。弁護士東京大学法学部卒業後、新日本製鐵を経て通産省入省。平成2年に衆議院議員初当選。文部科学副大臣、衆議院外務委員長、衆議院財務金融委員長などを歴任。著書に

大月隆寛

大月隆寛

札幌国際大人文学部教授、民俗学者。昭和34年、東京都生まれ。早大法学部卒、成城大大学院文学研究科博士後期課程単位取得。国立歴史民俗博物館助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て、平成19年より現職。専攻は民俗学・民衆文化論。著書

楠正憲

楠正憲

国際大学グローコム客員研究員。昭和52年、熊本県生まれ。神奈川大経済学部卒。マイクロソフト、ヤフーなどを経て現職。ジャパン・デジタル・デザイン最高技術責任者(CTO)や、内閣府情報化統括責任者(CIO)補佐官を務める。

黒古一夫

黒古一夫

文芸評論家、筑波大学名誉教授。1945年、群馬県生まれ。群馬大学教育学部卒業。法政大学大学院博士課程満期退学。 1979年、修士論文を書き直した『『北村透谷論―天空への渇望』(冬樹社)を刊行、批評家の仕事を始める。著書は『祝祭 と修羅―全共

土屋信行

土屋信行

公益財団法人リバーフロント研究所技術参与、工学博士。昭和25年、埼玉県生まれ。日本大卒。東京都庁に入庁後、道路や橋梁、下水道、まちづくり、河川事業に従事。江戸川区土木部長、公益法人えどがわ環境財団理事長などを経て現職。東日本大震災の復興では