東日本大震災10年目の述懐
57

東日本大震災10年目の述懐

東日本大震災は発生から10年の節目を迎えた。あの日、われわれは成す術もなく自然の猛威を改めて実感し、原発事故を含め「想定外」として受け入れるしかなかった。ただ、無力さの中で何ができるかの議論は進んでいる。当時、政府や自衛隊、同盟国として関わった3識者が、10年を経た万感の思いとともに、防災対策の真の在り方を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

おおたとしまさ

おおたとしまさ

育児・教育ジャーナリスト。リクルート独立後、数々の教育誌のデスクや監修を歴任。教育現場を緻密に取材し執筆するスタイルに定評がある。中高教員免許、小学校教員経験、心理カウンセラー資格も持っている。『中学受験という選択』『男子校という選択』『女

渡邊啓貴

渡邊啓貴

1954年生まれ。1978年、東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業、同大学院地域研究研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了、パリ第1大学大学院博士課程修了、京都外国語大学助教授などを経て、東京外国語大学大学院総合

柿沢未途

柿沢未途

衆院議員。昭和46年、ベルギー・ブリュッセル生まれ。東京大法学部卒。NHK記者、都議会議員、維新の党政調会長、幹事長などを歴任し現職。平成21年にみんなの党から出馬した衆院選で初当選し、現在4期目(無所属)。著書に『柿沢未途の日本再生』(東

渡邊大門

渡邊大門

歴史学者。昭和42年、神奈川県生まれ。関西学院大文学部卒、仏教大大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、株式会社「歴史と文化の研究所」の代表取締役を務める。主な著書に『進化する戦国史』(洋泉社)『真田幸村と真田丸の真実』(光文社新書)など多

柏木理佳

柏木理佳

生活経済ジャーナリスト、城西国際大大学院准教授。昭和43年生まれ。豪州ボンド大大学院でMBA取得後、嘉悦大准教授を経て、育児中の平成27年に桜美林大大学院で社外取締役の監査・監督機能に関する博士号取得。テレビや雑誌などでコメンテーターも多数

吉田潮

吉田潮

ライター・イラストレーター。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。医療健康から下ネタ、テレビまで無駄に幅広く執 筆。 「週刊新潮」に連載を持つ。著書に『TV大人の視聴』(講談社)、『2人で愉しむ新・大人の悦楽』(ナガオ

櫻田淳

櫻田淳

東洋学園大現代経営学部教授。昭和40年、宮城県生まれ。北海道大法学部卒、東京大大学院法学政治学研究科修士課程修了。衆院議員政策担当秘書などを経て現職。専門は国際政治学、安全保障。著書に『国家への意志』(中央公論新社)、『「常識」としての保守

藤井厳喜

藤井厳喜

国際政治学者。1952年、東京都生まれ。早大政経学部卒業後、米ハーバード大学大学院で政治学博士課程を修了。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員などを経て帰国。テレビやラジオで活躍する一方、銀行や証券会社の顧問、明治大学など