コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

昼間たかし

昼間たかし

ルポライター。昭和50年、岡山県生まれ。言論・表現の自由、地方の文化や忘れられた歴史などテーマに取材する。近著に『コミックばかり読まないで』(イースト・プレス)、『これでいいのか東京都大田区』(共著、マイクロマガジン)。

宮澤佳廣

宮澤佳廣

靖国神社元総務部長、玄蕃稲荷神社宮司。昭和33年、長野県生まれ。国学院大文学部神道学科卒。神社本庁教化部長、渉外部長、神道政治連盟事務局長、神社新報社編輯長、靖国神社宣徳部長、総務部長を歴任。現在、国学院大兼任講師も務める。

橋本強司

橋本強司

著述家、開発コンサルタント。昭和24年、東京都生まれ。東京大工学部建築学科卒。開発コンサルタントとして、30年余りにわたり国際協力機構(JICA)による多数の技術協力案件で、総括責任者を歴任。平成7年にレックス・インターナショナルを設立し、

都倉俊一

都倉俊一

作曲家。昭和23年生まれ、東京出身。4歳からバイオリンを始め、高校まで過ごしたドイツで音楽教育を受ける。学習院大法学部在学中に作曲家としてデビュー。ピンク・レディー、山口百恵らアイドル全盛期にヒット曲を量産した。80年代からはレコード制作の

元木昌彦

元木昌彦

ジャーナリスト。昭和20年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。上智大や明治学院大、大正大などで非常勤講師(マスコミ論)を務めた。現在、インターネット報道協会代表理事。著書に『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版

石川和男

石川和男

NPO法人 社会保障経済研究所代表。昭和40年、福岡県生まれ。東大工学部卒。平成元年通産省(現経済産業省)入省。経済・産業、エネルギー・環境、産業金融・消費者信用、流通・物流、中小企業など各般の政策に携わり、19年退官。政策研究大学院大学客

影山貴彦

影山貴彦

同志社女子大学メディア創造学科教授。昭和37年、岡山市生まれ。早大政治経済学部卒。毎日放送プロデューサーを経て現職。専門はメディアエンターテインメント論。上方漫才大賞審査員、日本笑い学会理事なども務める。主な著書に『おっさん力』(PHP研究

山本一郎

山本一郎

個人投資家、作家。昭和48年、東京都生まれ。慶應大法学部卒。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作、社会調査に携わる。著書に『情報革命バブルの崩壊』(文藝春秋)、『リーダーの値打ち』(アスキー・メディアワーク