コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

國重惇史

國重惇史

シーアンドイー会長。昭和20年、山口県生まれ。東京大経済学部卒業後、住友銀行入行。大蔵省担当や取締役を歴任。楽天副会長などを経て現職。平成28年にイトマン事件の内幕を明かした著書『住友銀行秘史』(講談社)が発売され、話題を集める。

丸橋 透

丸橋 透

ニフティ株式会社理事・法務部長、ニューヨーク州弁護士。京都大学法学部卒、コーネルロースクール修了(LL.M)。ICT関連法制の専門家として政府の委員会、学会、業界団体にて活動。共著として「ITビジネス法入門―デジタルネットワーク社会の法と制

小名木善行

小名木善行

日本の心をつたえる会代表。1956年生まれ。大手信販会社にて債権管理、法務を担当し、本社企画部のあと、営業店支店長として全国一の成績を連続して達成。その後独立して食品会社経営者となり、2009年より保守系徳育団体「日本の心をつたえる会」を主

夏目佐季子

夏目佐季子

スペイン在住英語学校共同経営者。昭和38(1963)年、北海道生まれ。札幌藤女子短大英文科卒。札幌市内で会社勤務を経て、1989年にスペインバレンシア州に移住。2000年から現職。

田淵貴大

田淵貴大

医師・医学博士。大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長。昭和51年、岡山県生まれ。岡山大医学部卒。血液内科臨床医を経て、大阪大学大学院で医学博士取得。専門は公衆衛生学・疫学。平成29年、後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞受賞。現

小口幸人

小口幸人

沖縄弁護士会憲法委員会委員、弁護士。昭和53年、東京都生まれ。38歳。株式会社キーエンスで勤務後、弁護士に転身。平成20年弁護士登録(沖縄弁護士会)。東日本大震災の被災地で被災者支援に携わった後、現在は沖縄で基地問題や困難な民事事件、刑事事

上村由紀子

上村由紀子

フリーライター。横浜市出身。芸術系の大学を卒業後、リポーター、TVナレーター、FMラジオDJ、ひきこもり等を経てライターに。TBS『マツコの知らない世界』(劇場の世界)、『アカデミーナイトG』、テレビ東京『よじごじDays』、TBSラジオ『

百地章

百地章

国士舘大大学院客員教授。昭和21年、静岡県生まれ。京大大学院法学研究科修士課程修了。愛媛大学教授、日本大学法学部教授を経て現職。専門は憲法学。法学博士。比較憲法学会理事長。産経新聞「国民の憲法」起草委員。著書に『憲法の常識 常識の憲法』『憲