「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり
NEW

「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり

「汝平和を望まば、戦争を理解せよ」。イギリスの戦略思想家、リデル・ハートの名言は「学問の自由」をうたいながら、軍学分野を忌避してきた日本の学術界の矛盾をあぶり出す。論争が続く日本学術会議会員の任命拒否問題は、政府側も説明責任を果たさず、論点がズレ始めていないだろうか。改めて問題の本質を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

福田ますみ

福田ますみ

ノンフィクション作家。昭和31年、横浜市生まれ。立教大卒業。専門誌、編集プロダクション勤務を経てフリーに。犯罪、ロシアなどをテーマに取材、執筆活動を続ける。著書『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』で第6回「新潮ドキュメント賞」受賞。ほ

山岡俊介

山岡俊介

ジャーナリスト。昭和34年、愛媛県生まれ。法政大大学院中退。情報サイト「アクセスジャーナル」編集長。著書に『アムウェイ商法を告発する』(あっぷる出版社)、『だから公立学校は塾に破れた』(双葉社)など。

長尾和宏

長尾和宏

長尾クリニック院長、医学博士。昭和33年、香川県生まれ。東京医大卒業後、大阪大第二内科に入局。平成7年、兵庫県尼崎市で長尾クリニックを開業し現職。日本尊厳死協会副理事長などを務める。近著に『痛い在宅医』『男の孤独死』(以上、ブックマン社)。

新井素子

新井素子

作家。昭和35年生まれ。52年「あたしの中の……」で第一回奇想天外SF新人賞佳作入選、56年「グリーン・レクイエム」、57年「ネプチューン」で、星雲賞日本短編部門受賞、平成11年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞受賞。近著に『未来へ…

赤木智弘

赤木智弘

1975年、栃木県出身。フリーライター。著書に『若者を見殺しにする国』(双風舎、朝日文庫)、共著に『下流中年』(SB新書)ほか。

瀬地山角

瀬地山角

東京大大学院総合文化研究科教授。昭和38年生まれ、奈良県出身。東大教養学部卒業、同大学院博士課程修了、学術博士。北海道大学文学部助手などを経て現職。専門はジェンダー論。著書に『お笑いジェンダー論』『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア

安倍宏行

安倍宏行

ジャーナリスト、ウェブメディア「Japan In-depth」編集長。昭和30年、東京都生まれ。慶応大卒。フジテレビ入社後、総理官邸や経済・政治担当キャップ、ニューヨーク支局長、報道番組「ニュースジャパン」キャスターなどを経て独立。主な著書

角井亮一

角井亮一

コンサルタント。昭和43年、大阪府出身。上智大学経済学部卒業。平成12年、イー・ロジット社設立。平成27年、「再配達ゼロ」を目指す生活アプリ「ウケトル」を開発し、話題を集めた。著書に『アマゾンと物流大戦争』(NHK出版新書)などがある。