「日本学術会議」に国会論戦の価値はない
NEW

「日本学術会議」に国会論戦の価値はない

菅義偉総理就任後、初めて本格的な国会論戦がスタートする。ただ、新型コロナ対策や経済の立て直しといった課題が山積する中で、野党は日本学術会議問題追及に鼻息が荒い。一部メディアも同問題こそが最大のテーマであるかのように報じる始末。未曽有の国難とも言える今、議論すべきメインテーマであるはずがない。

一覧

いま話題の執筆陣

大島てる

大島てる

事故物件サイト「大島てる」運営管理人。平成17年に「大島てる」を開設。関連書籍に『事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)等がある。

生田英輔

生田英輔

大阪市立大大学院生活科学研究科准教授。昭和51年、兵庫県生まれ。同大生活科学部卒業、同大大学院生活科学研究科後期博士課程修了。現在、同大都市防災教育研究センター副所長を兼任。専門は居住安全工学。著書に『Human Casualties in

伊藤元重

伊藤元重

学習院大国際社会科学部教授、東大名誉教授。昭和26年、静岡県出身。東大経済学部卒。米ロチェスター大経済学博士号取得。専門は国際経済学。東大大学院教授を経て現職。著書に『入門経済学』(日本評論社)、『ゼミナール国際経済入門』(日本経済新聞社)

田岡春幸

田岡春幸

労働問題コンサルタント。人事労務などのサポート会社「ヒューマンリスクマネジメント」代表取締役。昭和51年、静岡市生まれ。大学卒業後、厚生労働省に入省し最低賃金法の改正、労使問題などに携わる。厚労省退官後は、企業の労務・人事系の顧問を務めてい

大澤郁朗

大澤郁朗

東京都健康長寿医療センター研究所研究副部長。群馬県出身。東京大学工学部卒。工学博士。日本ゼオン(株)、国立精神・神経センターなどを経て、日本医科大学で助手、講師、教授を歴任。2010年から現職。

津止正敏

津止正敏

立命館大産業社会学部教授。昭和28年、鹿児島県生まれ。立命館大大学院修了。京都市社会福祉協議会の地域福祉部長、ボランティア情報センター長を経て平成13年から現職。「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」事務局長も務める。著書に『ケアメンを生

櫻井よしこ

櫻井よしこ

ジャーナリスト。国家基本問題研究所理事長。昭和20年、ベトナム生まれ。ハワイ大卒。日本テレビ『NNNきょうの出来事』キャスターなどを経て現在に至る。平成19年に国家基本問題研究所を設立し、国防、外交、憲法、教育、経済など幅広いテーマで日本の

瀬畑源

瀬畑源

成城大、一橋大非常勤講師。昭和51年、東京都生まれ。一橋大大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。一橋大特任講師、長野県短大准教授などを経て現職。専門は日本近現代政治史(象徴天皇制、公文書管理問題)。著書に『公文書問題 日本の「