ハマってはならない中国「海警法」の罠
NEW

ハマってはならない中国「海警法」の罠

中国「海警法」の脅威を指摘する声が相次ぐには理由がある。それは、尖閣を巡って日本が対応を誤れば取り返しのつかないカラクリが隠されているからだ。もはや「中国公船」などと呼ぶのは甘すぎる。再三警告しているように、日本は現実を直視し、国際社会に向けた「世論戦」を仕掛けなければならない。

一覧

いま話題の執筆陣

篠原章

篠原章

評論家・批評.COM主宰。昭和31年生まれ。成城大大学院修了(経済学博士)。シンクタンク研究員、大学教授を経て現職。専門は財政学だが、音楽文化、沖縄、社会経済一般などをフィールドとした評論を執筆。著書に『沖縄の不都合な真実』(大久保潤との共

山岸明彦

山岸明彦

東京薬科大教授、理学博士。昭和28年、福井県生まれ。56年、東京大大学院理学研究科修了。カリフォルニア大博士研究員、東京工業大助手などをへて、平成17年から現職。専門は微生物学、タンパク質工学、アストロバイオロジー。著書に「生命はいつどこで

佐山一郎

佐山一郎

作家、立教大学社会学部兼任講師。昭和28年、東京都生まれ。成蹊大学文学部卒。著書に『雑誌的人間』(リトルモア)、『VAN から遠く離れて──評伝石津謙介』 (岩波書店)、『日本サッカー辛航紀 ー愛と憎しみの100年史ー』(光文社新書)など。

小笠原文雄

小笠原文雄

日本在宅ホスピス協会会長、小笠原内科院長、医学博士。昭和23年、岐阜県生まれ。名古屋大医学部卒。名古屋大第二内科(循環器グループ)などを経て、岐阜市内に小笠原内科を開院し現職。著書に『なんとめでたいご臨終』(小学館)。

佐伯順子

佐伯順子

同志社大学大学院社会学研究科教授、女性文化史研究家。昭和36年、東京都生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門はメディア学、比較文化。著書に『遊女の文化史』(中公新書)、『「色」と「愛」の比較文化史』(サントリー学

木村悠

木村悠

元WBC世界ライトフライ級王者。昭和58年、千葉県生まれ。習志野高校、法政大でアマチュアボクシングを経験。卒業後、ボクシングジムに入門。平成20年に商社に就職し、ボクシングと両立。27年にWBC世界ライトフライ級王者。28年に現役引退し、現

宮澤佳廣

宮澤佳廣

靖国神社元総務部長、玄蕃稲荷神社宮司。昭和33年、長野県生まれ。国学院大文学部神道学科卒。神社本庁教化部長、渉外部長、神道政治連盟事務局長、神社新報社編輯長、靖国神社宣徳部長、総務部長を歴任。現在、国学院大兼任講師も務める。

石井昌浩

石井昌浩

昭和15年、山形県生まれ。早稲田大学法学部卒業。都立工業技術教育センター所長、教育庁施設部長、東京都現代美術館副館長、東京文化会館副館長、都立教育研究所次長、国立市教育長、拓殖大学客員教授、東京造形大学講師を歴任。著書に、『丸投げされる学校