だから渋野日向子は攻め続ける
NEW

だから渋野日向子は攻め続ける

日本女子ゴルフ42年ぶりのメジャータイトルを手にしてから、渋野日向子を取り巻く環境は大きく変わった。だが、「シブコフィーバー」にも持ち前の笑顔を絶やさず、攻めのゴルフを貫いている。そんな渋野には、メンタルがより重要なゴルフ選手にとって、笑顔以上の「ワザ」が備わっているという。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

大下英治

大下英治

1944年、広島県出身。大宅壮一マスコミ塾第七期生。『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋"として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。その後、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を

木下直之

木下直之

1954年、静岡県生まれ。東京芸術大学大学院中退。兵庫県立近代美術館学芸員、東京大学総合研究博物館助教授を経て、東京大学大学院教授(文化資源学)。ユニークな視点から、日本美術、写真、祭礼、見世物などの研究を続けている。2015年春の褒章で紫

落合陽一

落合陽一

メディアアーティスト、筑波大准教授・学長補佐。昭和62年、東京都出身。東大大学院学際情報学府博士課程修了。平成29年より現職。筑波大デジタルネイチャー研究室主宰。27年、米the WTNが世界最先端の研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・ア

澤田哲生

澤田哲生

東京工業大先導原子力研究所助教。昭和32年、兵庫県生まれ。京大理学部卒。京大理学部卒。三菱総合研究所などを経て現職。専門は原子核工学。主な著書に『誰も書かなかった福島原発の真実』(ワック)、『御用学者と呼ばれて』(双葉社)など多数。

上念司

上念司

経済評論家。昭和44年、東京都生まれ。中央大法学部卒。日本長期信用銀行などを経て独立。平成19年に経済評論家の勝間和代氏と株式会社「監査と分析」を設立し、取締役・共同事業パートナーに就任。著書に『売国経済論の正体』(徳間書店)『日本は破産し

竹内純子

竹内純子

国際環境経済研究所理事・主席研究員。昭和46年、東京都出身。慶応大卒業後、東京電力を経て平成24年から現職。筑波大客員教授。著書に「誤解だらけの電力問題」(ウェッジ)や「原発は“安全”か-たった一人の福島事故調査報告書」(小学館)など。

水野俊平

水野俊平

北海商科大学教授。韓国語学者。昭和43年生まれ。天理大学外国語学部朝鮮学科卒業。韓国・全南大学校大学院国語国文学科博士課程修了。同大学講師などを経て、北海商科大学教授。16 年間にわたる韓国在住時では、韓国各局のテレビ番組にレギュラー出演し

木曽崇

木曽崇

国際カジノ研究所所長。昭和51年、広島県生まれ。ネバダ大ラスベガス校ホテル経営学部卒(カジノ経営学専攻)。米国大手カジノ事業者での会計監査職を経て、帰国。平成16年、エンタテインメントビジネス総合研究所へ入社。17年、早稲田大アミューズメン