だから渋野日向子は攻め続ける
NEW

だから渋野日向子は攻め続ける

日本女子ゴルフ42年ぶりのメジャータイトルを手にしてから、渋野日向子を取り巻く環境は大きく変わった。だが、「シブコフィーバー」にも持ち前の笑顔を絶やさず、攻めのゴルフを貫いている。そんな渋野には、メンタルがより重要なゴルフ選手にとって、笑顔以上の「ワザ」が備わっているという。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

黒古一夫

黒古一夫

文芸評論家、筑波大学名誉教授。1945年、群馬県生まれ。群馬大学教育学部卒業。法政大学大学院博士課程満期退学。 1979年、修士論文を書き直した『『北村透谷論―天空への渇望』(冬樹社)を刊行、批評家の仕事を始める。著書は『祝祭 と修羅―全共

宮本悟

宮本悟

聖学院大学教授。1970年生まれ。同志社大学法学部卒。ソウル大学修士課程修了。神戸大学博士後期課程修了。日本国際問題研究所研究員、聖学院大学総合研究所准教授を経て現職。著書に『北朝鮮ではなぜ軍事クーデターが起きないのか?』(潮書房光人社)、

都倉俊一

都倉俊一

作曲家。昭和23年生まれ、東京出身。4歳からバイオリンを始め、高校まで過ごしたドイツで音楽教育を受ける。学習院大法学部在学中に作曲家としてデビュー。ピンク・レディー、山口百恵らアイドル全盛期にヒット曲を量産した。80年代からはレコード制作の

八幡和郎

八幡和郎

徳島文理大学教授。昭和26年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。退官後は作家、評論家として新聞やテレビで活躍。著書に『蓮舫「二重国籍」のデタ

小口幸人

小口幸人

沖縄弁護士会憲法委員会委員、弁護士。昭和53年、東京都生まれ。38歳。株式会社キーエンスで勤務後、弁護士に転身。平成20年弁護士登録(沖縄弁護士会)。東日本大震災の被災地で被災者支援に携わった後、現在は沖縄で基地問題や困難な民事事件、刑事事

小林良彰

小林良彰

慶応大学法学部教授。昭和29年、東京都生まれ。慶応大大学院法学研究科博士課程単位取得退学。法学博士。日本学術会議副会長、日本政治学会理事長、日本選挙学会理事長等を歴任。主な著書に『代議制民主主義の比較研究』(慶応大学出版会)、『代議制民主主

鈴木哲夫

鈴木哲夫

1958年生まれ。早稲田大学法学部卒。ジャーナリスト。テレビ西日本報道部、フジテレビ報道センター政治部、日本BS放送報道局長などを経て、2013年6月からフリージャーナリストとして活動。20年以上にわたって永田町を取材し、与野党問わず豊富な

竹元正美

竹元正美

一般社団法人「国際文化教育協会」理事長。昭和20年、長野県生まれ。早稲田大法学部卒。45年、外務省入省。宮内庁東宮侍従、ヒューストン総領事、ホンジュラス大使。宮内庁式部副長、ウルグアイ大使などを歴任。平成23年、外務省退職。著書に「皇室って