政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか
72
NEW

政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

参院選は開票の結果、改憲勢力が議席の3分の2を割り込んだ。争点が曖昧で、投票率も低調に終わり、盛り上がりに欠けた選挙戦だったが、政党要件を持たない「れいわ新選組」が、山本太郎代表の常識を超えた戦略で注目を集めたのは特筆すべきだろう。こうした動きが、日本に漂う閉塞感を打ち破る起爆剤になるか。

コメント

  • Thumbnail
    改憲勢力「3分の2」割り込む

    2

    改憲勢力?レズやホモを支援している連中は改憲しないと夫婦には認めてもらえないぜ。 そう言う意味じゃ改憲勢力だろう?それ取り組むって議員になった奴だよね? そうな

  • Thumbnail
    徴用工判決に広がる波紋

    3

     よく韓国は日韓併合は不法だという。それを最大の根拠に日本に歴史戦を挑んでくる。  しかし、日本による韓国併合は、それが英米を始めとした列強に認められている以上

  • Thumbnail
    政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

    7

    終戦直後だしアメリカはよっぽど日本人を恐れていたんだと思う。日本人のクソまじめな気質も計算に入れて二度と自立できないようにあらゆる細工を施した結果なのだと思う。

一覧

いま話題の執筆陣

高橋宗瑠

高橋宗瑠

人権活動家、国際人権法研究者。英国の国際人権NGO、Business & Human Rights Resource Centre日本代表、青山学院大学法学部講師。早稲田大卒業、英国エセックス大にて法学修士号授受。25年間以上人権の専門とし

成馬零一

成馬零一

ライター、ドラマ評論家。昭和51年生まれ。インディペンデントWEBマガジン「ich」代表責任者。雑誌、WEB媒体でドラマ評を執筆。主な著作に『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

長谷川幸洋

長谷川幸洋

ジャーナリスト、東京新聞・中日新聞論説委員。昭和28年、千葉県生まれ。慶応大経済学部卒。ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)卒。東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長などを経て論説委員。政府税制調査会委員、規制改革推進会議委員な

坂東忠信

坂東忠信

宮城県出身。警視庁に入庁し、交番勤務員、機動隊員を経て北京語通訳捜査官に。警視庁本部、新宿、池袋署などで中国人犯罪者や参考人を扱う。平成15年、勤続18年で退職。その後も地方司法通訳、作家として活動し、外国人犯罪の実態をわかりやすくタブーに

村上祐資

村上祐資

極地建築家。昭和53年生まれ。第50次日本南極地域観測隊・越冬隊員。MDRS Crew144・隊員。模擬有人火星探査計画「MA365」、およびNASA「HI-SEAS」の、日本人唯一のファイナリスト。日本火星協会・理事/フィールドマネージャ

馬淵澄夫

馬淵澄夫

衆院議員。昭和35年、奈良市生まれ。横浜国大工学部卒。民間企業役員を経て、平成15年に民主党から出馬し初当選し、連続5回。耐震偽装問題の追及で注目される。22年9月、国交相兼沖縄北方対策相として初入閣したが、11月に参院で問責決議案が可決さ

後藤洋平

後藤洋平

プロジェクトコンサルタント。昭和57年、大阪府生まれ。東京大工学部システム創成学科卒。「世界で一番わかりやすく、実際に使えるプロジェクト推進フレームワーク」の構築に取り組む。著書に『予定通り進まないプロジェクトの進め方』(宣伝会議)など。

宇山卓栄

宇山卓栄

著作家。昭和50年、大阪府生まれ。慶応大経済学部卒。各メディアで時事問題を歴史の視点で解説。近著に『民族で読み解く世界史』、『王室で読み解く世界史』(以上、日本実業出版社)、『朝鮮属国史-中国が支配した2000年』(扶桑社新書)など。