政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか
71
NEW

政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

参院選は開票の結果、改憲勢力が議席の3分の2を割り込んだ。争点が曖昧で、投票率も低調に終わり、盛り上がりに欠けた選挙戦だったが、政党要件を持たない「れいわ新選組」が、山本太郎代表の常識を超えた戦略で注目を集めたのは特筆すべきだろう。こうした動きが、日本に漂う閉塞感を打ち破る起爆剤になるか。

コメント

  • Thumbnail
    改憲勢力「3分の2」割り込む

    2

    改憲勢力?レズやホモを支援している連中は改憲しないと夫婦には認めてもらえないぜ。 そう言う意味じゃ改憲勢力だろう?それ取り組むって議員になった奴だよね? そうな

  • Thumbnail
    徴用工判決に広がる波紋

    3

     よく韓国は日韓併合は不法だという。それを最大の根拠に日本に歴史戦を挑んでくる。  しかし、日本による韓国併合は、それが英米を始めとした列強に認められている以上

  • Thumbnail
    政治に日本の閉塞感を破る力はあるのか

    5

    終戦直後だしアメリカはよっぽど日本人を恐れていたんだと思う。日本人のクソまじめな気質も計算に入れて二度と自立できないようにあらゆる細工を施した結果なのだと思う。

一覧

いま話題の執筆陣

宮崎謙介

宮崎謙介

元衆院議員。早稲田大学商学部卒業。日本生命保険相互会社、株式会社インテリジェンス、ITベンチャーを経て、平成19年に株式会社ネオトラディションを設立。 平成24年に衆議院議員に当選し、平成28年に辞職。同年に8infinity株式会社を設

和田大樹

和田大樹

外交・安全保障研究者、清和大講師。昭和57年、岡山県生まれ。慶応大大学院博士後期課程退学。専門は国際安全保障論、国際テロリズム論、危機管理。現職のほか、オオコシセキュリティコンサルタンツでシニアアナリスト兼アドバイザー、岐阜女子大で研究員な

倉持麟太郎

倉持麟太郎

1983年、東京生まれ。慶応大法学部卒、中央大法科大学院修了。2012年弁護士登録 (前横浜弁護士会、現第二東京弁護士会)。憲法カフェなどで市民との勉強会を多数開催。日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事、東京MX「モーニングクロス」レギュラ

奥山真司

奥山真司

地政学者、戦略学者。昭和47年、横浜市生まれ。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大卒。国際地政学研究所上席研究員、青学大非常勤講師を務める。専門は地政学、国際関係論など。著書に『地政学』(五月書房)『世界を変えたいなら一度“武器”を捨ててし

松井一郎

松井一郎

大阪府知事、日本維新の会代表。昭和39年、大阪生まれ。福岡工業大卒業後、建設会社勤務などを経て、平成15年の大阪府議選で自民党公認候補として立候補し、初当選。22年に橋下徹氏の大阪維新の会に参加。23年に大阪府知事選に立候補し、初当選。現在

高橋知典

高橋知典

弁護士。昭和62年、神奈川県生まれ。第二東京弁護士会所属。明治大法学部卒。学校・子供のトラブルについて多くの相談、解決実績を有する。テレビ・ラジオなどの出演や、東京こども専門学校非常勤講師としても活躍。

櫻井幸雄

櫻井幸雄

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、そして文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。

松本博文

松本博文

将棋ライター。昭和48年、山口県生まれ。東大法学部卒。将棋のネット中継に草創期から携わる。著書に『ルポ電王戦』(NHK出版)、『ドキュメント コンピュータ将棋』『東大駒場寮物語』(以上、KADOKAWA)。