「新しい地図」と合流しない中居正広の打算
NEW

「新しい地図」と合流しない中居正広の打算

元SMAPの中居正広が開いたジャニーズ事務所退所会見は、さながら彼の「独演会」となった。アイドルの事務所退所といえば、スキャンダル的な要素が拭えないが、持ち味のトーク力と演出力ですべてを覆したといえる。こうした中居だからこそ、先に退所した3人には到底できない大仕事が期待できそうだ。その大仕事とは?

一覧

いま話題の執筆陣

藤本貴之

藤本貴之

東洋大総合情報学部教授、メディア学者。昭和51年生まれ。最先端のメディア研究の知見から、企業や自治体を対象とした情報発信戦略などの実践的プロジェクトを手掛ける。著書に『情報デザインの想像力ーイメージの史学一』(現代数学社)、『だからデザイナ

夏野剛

夏野剛

慶応義塾大学政策・メディア研究科特別招聘教授。昭和40年、神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。米ペンシルベニア大学経営大学院ウォートンスクール卒(経営学修士)。東京ガス、ベンチャー企業などを経て1997年、NTTドコモ入社。iモード、

宮崎学

宮崎学

作家。昭和20年、京都府生まれ。早大法学部中退。早大在学中は学生運動に没頭し、共産党系ゲバルト部隊隊長として名を馳せる。『週刊現代』(講談社)記者を経て、家業の解体業を兄とともに継ぐが倒産。平成8年10月、自身の半生を綴った『突破者』(南風

昼間たかし

昼間たかし

ルポライター。昭和50年、岡山県生まれ。言論・表現の自由、地方の文化や忘れられた歴史などテーマに取材する。近著に『コミックばかり読まないで』(イースト・プレス)、『これでいいのか東京都大田区』(共著、マイクロマガジン)。

ハイセーヤスダ

ハイセーヤスダ

フリーライター。昭和41年、神奈川県生まれ。情報番組ディレクターを経て、雑誌編集者として「高二時代」、「小学五年生」、「宝島」、「MEN’S WALKER」などで仕事をし、一時は漫画誌で赤塚不二夫の担当も務めた。「週刊特報」ではデスクを務め

朴 道純

朴 道純

昭和53年、北海道旭川市生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業。平成3年から6年まで日本棋院の院生としてプロを目指す。平成14年に全日本学生囲碁名人を獲得。現在は産経新聞紙上で十段戦の観戦記を担当している。

鈴木朋子

鈴木朋子

ITジャーナリスト。神奈川県生まれ。大学卒業後、SIerのSEを経てフリーランスに。SNS、スマホ、若者のデジタルカルチャーに関する記事を執筆。著書に『LINE & Facebook & Twitter 基本&活用ワザ』(技術評論社)などが

武田邦彦

武田邦彦

中部大総合工学研究所特任教授。昭和18年、東京都生まれ。日本エネルギー学会賞など受賞多数。環境問題に対して定説と異なる主張を展開して注目を集め、テレビでコメンテーターとしても活躍する。著書に『エネルギーと原発のウソをすべて話そう』(産経新聞