「日本学術会議」に国会論戦の価値はない
NEW

「日本学術会議」に国会論戦の価値はない

菅義偉総理就任後、初めて本格的な国会論戦がスタートする。ただ、新型コロナ対策や経済の立て直しといった課題が山積する中で、野党は日本学術会議問題追及に鼻息が荒い。一部メディアも同問題こそが最大のテーマであるかのように報じる始末。未曽有の国難とも言える今、議論すべきメインテーマであるはずがない。

一覧

いま話題の執筆陣

中山成彬

中山成彬

前衆議院議員、宮崎県小林市生まれ。鹿児島ラサール高校、東京大学法学部卒業後、大蔵省入省。1978年6月大蔵省主計局主査、86年7月に衆議院議員、2004年9月文部科学大臣、05年9月文部科学大臣(再任)、08年9月国土交通大臣、14年8月次

最新の記事

中井均

中井均

滋賀県立大人間文化学部教授。昭和30年、大阪府生まれ。龍谷大文学部卒。滋賀県文化財保護協会、長浜城歴史博物館長などを経て現職。専門は日本考古学、特に中・近世城郭の研究。著書に『日本の名城都道府県別ベスト10』(新人物往来社)、『ハンドブック

上村由紀子

上村由紀子

フリーライター。横浜市出身。芸術系の大学を卒業後、リポーター、TVナレーター、FMラジオDJ、ひきこもり等を経てライターに。TBS『マツコの知らない世界』(劇場の世界)、『アカデミーナイトG』、テレビ東京『よじごじDays』、TBSラジオ『

仲村覚

仲村覚

日本沖縄政策研究フォーラム理事長、ジャーナリスト。昭和39年、那覇市生まれ。埼玉県在住。陸上自衛隊少年工科学校(横須賀)入校後、航空部隊に配属。退官後の平成21年、沖縄が中国の植民地になるという強い危機感から民間団体「沖縄対策本部」(現日本

長岡義幸

長岡義幸

1962年、福島県生まれ。福島高専工業化学科卒・早大第二文学部中退。主なテーマは、震災と原発、出版流通、出版の自由、図書館の自由、子どもの権利、労働、政治、時事諸々ほか。著書に『マンガはなぜ規制されるのか』(平凡社)、『物語のある本屋』(ア

米山隆一

米山隆一

前新潟県知事。昭和42年、新潟県生まれ。東京大学医学部卒。ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、医療法人社団太陽会理事長、弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士を

櫻井よしこ

櫻井よしこ

ジャーナリスト。国家基本問題研究所理事長。昭和20年、ベトナム生まれ。ハワイ大卒。日本テレビ『NNNきょうの出来事』キャスターなどを経て現在に至る。平成19年に国家基本問題研究所を設立し、国防、外交、憲法、教育、経済など幅広いテーマで日本の

藤原節男

藤原節男

原子力安全基盤機構元検査員。大阪大学工学部原子力工学科を卒業後、三菱原子力工業(後に三菱重工と合併)に入社。その後、日本原子力研究所を経て、平成17年に原子力安全基盤機構に勤務し検査業務部調査役に。平成21年3月、北海道電力泊原子力発電所3