科学者が暴く「老人」のウソ
NEW

科学者が暴く「老人」のウソ

「最近、老化が激しい」。あなたは呪文のように唱えてはいないだろうか。そもそも、生物としての人間には「老後」なんてものはない。「人生100年時代」と呼ばれる現代、人間は50歳からの50年を、何のために生きるのか。巷にあふれた「老人」のウソを暴き、目からウロコの「第2の人生」を考える。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

中村淳彦

中村淳彦

ノンフィクションライター。1972年東京都生まれ。大学卒業後、フリーライターとなる。一時期、高齢者デイサービスセンターを運営したが介護現場を離れ、ノンフィクションを執筆。著書に『名前のない女たち』『絶望の超高齢社会~介護業界の生き地獄』など

仲野博文

仲野博文

ジャーナリスト。甲南大学卒業後、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信。08年より東京を拠点に活動を開始。ラジ

有本香

有本香

東京外国語大学卒御後、雑誌編集長、上場企業の広報担当などを経て独立。現在は、編集制作会社を経営する傍ら、世界を取材し、雑誌・書籍、テレビ、ラジオ、WEB等、多様なメディアを通じて発信している。おもな著書に、『中国の「日本買収」計画』『なぜ、

渡邉哲也

渡邉哲也

1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラ

荒井太郎

荒井太郎

相撲ジャーナリスト。昭和42年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、百貨店勤務を経てフリーライターに転身。専門誌の寄稿、連載、およびテレビ出演、コメント提供も多数。2015年1月に創刊した『相撲ファン』の監修を務める。著書に『歴史ポケットスポー

山本佳奈

山本佳奈

医師。平成元年、滋賀県生まれ。滋賀医科大卒。平成27年4月より南相馬市立総合病院初期研修医。研修終了後、同院に残るも、平成29年9月より南相馬市内の大町病院に内科医として出向中。女性の総合医を目指し、日々研鑽している。自身の貧血体験から、大

物江潤

物江潤

著述家、学習塾塾長。昭和60年、福島県生まれ。早稲田大理工学部卒。東北電力、松下政経塾を経て、福島市で明志学習塾を開業。著書に『だから、2020年大学入試改革は失敗する』(共栄書房)、『聞き歩き福島ノート』(近未来社)。

藤本貴之

藤本貴之

東洋大総合情報学部教授、メディア学者、博士(学術)。昭和51年生まれ。最先端のメディア研究の知見から、企業や自治体を対象とした情報発信戦略などの実践的プロジェクトを手掛ける。著書に『情報デザインの想像力ーイメージの史学一』(現代数学 社)