コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

薗潤

薗潤

NPO法人日本タバコフリー学会代表理事。協和マリナホスピタル顧問、緩和ケア内科医。昭和24年、兵庫県尼崎市生まれ。京都大学医学部卒業。阪神淡路大震災を機に神戸市立中央市民病院で禁煙活動開始。平成19年、WHO世界禁煙デー賞受賞。元西宮市保健

岩崎恵美子

岩崎恵美子

元仙台市副市長、元厚生労働省仙台検疫所所長。昭和19年、新潟市生まれ。新潟大医学部卒。インド、タイ、南米パラグアイでの感染症の臨床経験を買われ、厚労省成田検疫所を経て、仙台検疫所長に就任。平成12年にエボラ出血熱の流行がウガンダで起きた際、

山下祐介

山下祐介

首都大学東京准教授。1969年生まれ。九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程中退。弘前大学准教授などを経て、首都大学東京准教授。専攻は地域社会学、環境社会学。『限界集落の真実——過疎の村は消えるか?』 (ちくま新書)、『「復興」が奪う地

有本香

有本香

ジャーナリスト。東京外国語大卒。雑誌編集長、上場企業の広報担当などを経て独立。現在は、編集制作会社を経営する傍ら、世界を取材し、雑誌・書籍、テレビ、ラジオ、WEB等、多様なメディアを通じて発信している。著書に『中国の「日本買収」計画』『なぜ

西尾克洋

西尾克洋

相撲ライター。昭和55年、鹿児島県生まれ。日本大学卒業後、平成23年に相撲ブログ「幕下相撲の知られざる世界」を開始し、1300万PVを記録。現代ビジネス、大相撲ぴあなどで相撲記事を担当し、日本テレビ「超問!ウソか?ホントか?」で相撲クイズを

清義明

清義明

フリーライター。昭和42年生まれ。横浜市在住。「サッカー批評」「フットボール批評」などに寄稿し、近年は社会問題などについての論評が多い。日本初のサッカー専門映画祭「ヨコハマ・フットボール映画祭」「東京国際フットボール映画祭」や、サポーターに

兵頭二十八

兵頭二十八

1960年長野市生まれ。陸上自衛隊に2年間勤務後、神奈川大外国語学部英語英文学科を経て、東京工業大大学院社会工学専攻修士。現在は評論家。著書に『兵頭二十八の防衛白書2016』(草思社)、『「日本陸海軍」失敗の本質』『新訳 孫子』(以上、PH

近藤駿介

近藤駿介

経済評論家、コラムニスト。昭和32年、東京都生まれ。早大理工学部卒。野村投信のファンドマネージャーとして25年以上にわたり、株式、債券、デリバティブ、ベンチャー投資、不動産関連投資など、さまざまな運用を経験。近著に『1989年12月29日、