愛子さまが天皇になる日
13423

愛子さまが天皇になる日

「令和」が幕を開けた。列島は祝福ムード一色だが、新時代の皇室が抱える不安も少なからずある。平成の終わりに週刊誌上をにぎわせた「愛子天皇」待望論はその最たるものであろう。秋篠宮家を取り巻く最近の風評が多分に影響しているとはいえ、令和の次の時代に愛子天皇が誕生する日は本当に訪れるのか。

一覧

いま話題の執筆陣

長谷川幸洋

長谷川幸洋

ジャーナリスト、元東京新聞・中日新聞論説委員。昭和28年、千葉県生まれ。慶応大経済学部卒。ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)卒。東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長などを経て論説委員を最後に退社。政府税制調査会委員、規制改革

鈴木貴博

鈴木貴博

百年コンサルティング代表。30年のキャリアを誇る経営戦略コンサルタント。情報分析や業界分析に強く、未来予測やイノベーション分野が得意領域。一方で雑学にも強く、経済エンタテナーとして各方面に寄稿。経済クイズ本『戦略思考トレーニング』シリーズは

黒古一夫

黒古一夫

文芸評論家、筑波大学名誉教授。1945年、群馬県生まれ。群馬大学教育学部卒業。法政大学大学院博士課程満期退学。 1979年、修士論文を書き直した『『北村透谷論―天空への渇望』(冬樹社)を刊行、批評家の仕事を始める。著書は『祝祭 と修羅―全共

横山光昭

横山光昭

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。昭和46年生まれ。ファイナンシャルプランナーとして司法書士事務所に勤務後、平成13年に独立。現在は株式会社マイエフピー代表を務める。主な著書に『はじめての人のための3000円投資生活』(ア

鳥越皓之

鳥越皓之

大手前大学学長。昭和19年、沖縄県生まれ。関西学院大教授、筑波大教授、早稲田大教授を経て、平成27年から現職。専門は社会学、社会史、民俗学、環境問題、地域計画。著書に『地域自治会の研究』(ミネルヴァ書房)、『「サザエさん」的コミュニティの法

辻村千尋

辻村千尋

日本自然保護協会保護室室長。昭和42年、東京都生まれ。東京学芸大修士課程修了。専門は地理学、地生態学。環境法制度の改良や国立公園などの保護地域での自然保護問題、再生可能エネルギーによる自然破壊問題などを担当。分担執筆に、『図説日本の山』(朝

ツルシカズヒコ

ツルシカズヒコ

フリーライター・編集者。昭和30年、宮城県生まれ。早稲田大学法学部卒。創刊時から『週刊SPA!』編集に携わり、平成5年~7年まで同誌編集長を務める。「しんぶん赤旗」で「ツルシのぶらり探訪」、ネットで『あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝』を連

西田亮介

西田亮介

東京工業大リベラルアーツ研究教育院准教授。博士(政策・メディア)。昭和58年、京都府生まれ。慶大総合政策学部卒。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了、同後期博士課程単位取得退学。立命大特別招聘准教授、東工大大学マネジメントセンター准教授