静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

呉智英

呉智英

評論家。昭和21年、名古屋市生まれ。早稲田大法学部卒業後、文筆、評論活動を始める。特にマンガ評論で知られ、平成17~25年まで日本マンガ学会会長を務めた。著書に『封建主義 その論理と情熱 さらば、さらば民主主義よ!』(Century pre

森伸恵

森伸恵

弁護士。茨城県出身。東京弁護士会所属。創価大法科大学院卒。LGBTQや芸能界の案件などについて多くの相談、解決実績を有する。

八代尚宏

八代尚宏

昭和女子大学グローバルビジネス学部長・特命教授。昭和21年、大阪府生まれ。国際基督教大卒。旧経済企画庁、日本経済研究センター理事長、国際基督教大学教授などを経て現職。メリーランド大学経済学博士。規制改革推進会議委員。著書に『シルバー民主主義

石澤靖治

石澤靖治

学習院女子大国際文化交流学部教授。昭和32年、山形市生まれ。立教大社会学部卒業後、「週刊ダイヤモンド」記者に。ハーバード大学ケネディ行政大学院修了後、「ワシントンポスト」極東総局記者、ニューズウィーク日本版副編集長など経て、現職。23年から

中田光信

中田光信

日本製鉄元徴用工裁判を支援する会関西事務局員。昭和29年、大阪府生まれ。平成9年から元徴用工裁判を支援している。

島村英紀

島村英紀

武蔵野学院大特任教授、理学博士。昭和16年、東京生まれ。東大理学部卒。東大大学院修了。東大助手、北海道大教授、同大地震火山研究観測センター長、国立極地研究所長などを歴任。専門は地球物理学(地震学)。『火山入門―日本誕生から破局噴火まで』(N

遠藤乾

遠藤乾

北海道大大学院法学研究科・公共政策大学院教授。昭和41年、東京都出身。 北大法学部卒。日本学術振興会海外特別研究員、同大助教授などを経て現職。著書に『統合の終焉-EUの実像と論理』(岩波書店)など。

亀山早苗

亀山早苗

フリーライター。昭和35年、東京都生まれ。明治大文学部卒。大学卒業後、フリーライターとして活動を開始。結婚、離婚、不倫、性など男女の問題を執筆しつづけている。著書に『セックスレス、そのとき女は』(中央公論新社)など多数。近著に『人はなぜ不倫