愛子さまが天皇になる日
13422

愛子さまが天皇になる日

「令和」が幕を開けた。列島は祝福ムード一色だが、新時代の皇室が抱える不安も少なからずある。平成の終わりに週刊誌上をにぎわせた「愛子天皇」待望論はその最たるものであろう。秋篠宮家を取り巻く最近の風評が多分に影響しているとはいえ、令和の次の時代に愛子天皇が誕生する日は本当に訪れるのか。

一覧

いま話題の執筆陣

福江翼

福江翼

神戸市外国語大学准教授、京都大学博士(理学)。昭和54年、京都府生まれ。神戸大理学部物理学科卒業。京都大大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻博士課程修了。平成21年、国立天文台ハワイ観測所研究員。平成23年、第27回井上研究奨励賞を受賞。

古川雅子

古川雅子

ジャーナリスト。昭和47年生まれ、栃木県出身。上智大文学部卒。がん・認知症と暮らし、科学と社会、震災とコミュニティーなどの主題に取り組む。ニュース週刊誌「AERA」では人物ノンフィクション「現代の肖像」の記事も多数執筆。共著に『きょうだいリ

原田義昭

原田義昭

昭和19年、福岡県生まれ。衆議院議員、前環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災)。弁護士東京大学法学部卒業後、新日本製鐵を経て通産省入省。平成2年に衆議院議員初当選。文部科学副大臣、衆議院外務委員長、衆議院財務金融委員長などを歴任。著書に

早川由紀夫

早川由紀夫

群馬大学教育学部教授。1956年千葉県生まれ、東京大学大学院理学系研究科修了(地質学)、理学博士。1995年にホームページを開設。火山噴火危機時におけるインターネット活用に関心を持ち、岩手山1998年異常、有珠岳2000年噴火、三宅島200

高橋学

高橋学

立命館大環太平洋文明研究センター教授。昭和29年、愛知県生まれ。専門は環境考古学(環境史・土地開発史・災害史)、災害リスクマネージメント。立命館大大学院博士後期課程単位取得。ロンドン大(UCL)考古学研究所客員教授、高麗大考古環境研究所客員

春日良一

春日良一

スポーツコンサルタント。昭和30年、長野県生まれ。上智大文学部哲学科卒。日本体育協会、JOC在籍中、バルセロナ五輪など日本代表選手団本部員を通算5大会経験。現在は国際スポーツ交流イベントやアスリート支援などを手掛ける。ウェブで五輪批評「スポ

佐藤登

佐藤登

1978年横浜国立大学大学院工学研究科電気化学専攻修士課程修了後、本田技研工業に入社。1989年まで腐食防食技術の開発に従事。社内研究成果により88年には東京大学で工学博士号取得。99年から4年連続「世界人名事典」に掲載。栃木研究所のチーフ

秋山幸雄

秋山幸雄

元産業医科大准教授。昭和26年、神奈川県生まれ。東大農学部卒業、58年に農学博士号取得。平成17年から産業医科大産業保健学部准教授。担当科目は、大気環境学、化学物質管理学、産業保健経済学など。日常生活環境下における受動喫煙個人曝露量の測定・