消費増税「3度目の正直」は特上の下策
NEW

消費増税「3度目の正直」は特上の下策

安倍晋三首相がついに来秋の消費税率10%への引き上げを表明した。経済への影響回避に「あらゆる施策を総動員する」と首相は強調するが、2回先送りされてきた消費増税「3度目の正直」はやはり「特上の下策」である。楽観視する日銀をよそに、消費も雇用も「失われた3年」の再来になるだけだ。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

木村三浩

木村三浩

民族派愛国者団体「一水会」代表。昭和31年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科に学ぶ。一水会書記長を経て、平成12年より一水会代表。月刊『レコンキスタ』発行人。三田文学会、日本ペンクラブ会員。著書に『お手軽愛国主義を斬る〜新右翼の論

堤未果

堤未果

国際ジャーナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク市立大大学院国際関係論学科修士号取得。国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村証券を経て現職。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞、『ル

池田清彦

池田清彦

1947年東京生まれ。生物学者。東京教育大学理学部生物学科卒、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。山梨大学教育人間科学部教授を経て、現在は早稲田大学国際教養学部教授、山梨大学名誉教授を務める。主な著書は

越智小枝

越智小枝

東京医科歯科大学医学部医学科卒業後、膠原病・リウマチ内科医として10年の臨床経験の後、公衆衛生大学院へ留学。留学直前に東京で東日本大震災を経験し、留学先から福島県相馬市にボランティアとして度々勤務。WHO、Public Health Eng

田岡春幸

田岡春幸

労働問題コンサルタント。人事労務などのサポート会社「ヒューマンリスクマネジメント」代表取締役。昭和51年、静岡市生まれ。大学卒業後、厚生労働省に入省し最低賃金法の改正、労使問題などに携わる。厚労省退官後は、企業の労務・人事系の顧問を務めてい

黒井文太郎

黒井文太郎

軍事ジャーナリスト。昭和38年、福島県いわき市生まれ。横浜市大文理学部国際関係課程卒。週刊誌編集者(講談社)、フリージャーナリスト(紛争地取材専門)、月刊「軍事研究」記者、「ワールド・インテリジェンス」編集長などを経て、軍事ジャーナリスト。

篠原章

篠原章

評論家・批評.COM主宰。昭和31年生まれ。成城大大学院修了(経済学博士)。シンクタンク研究員、大学教授を経て現職。専門は財政学だが、音楽文化、沖縄、社会経済一般などをフィールドとした評論を執筆。著書に『沖縄の不都合な真実』(大久保潤との共

受田浩之

受田浩之

高知大学教授。昭和35年、北九州市生まれ。九州大学農学部卒業、同大学大学院農学研究科修士課程食糧化学工学専攻修了。農学博士。現在、高知大学 副学長(地域連携担当)、地域連携推進センター長、地域協働学部教授。内閣府「地方創生カレッジ推進会議」