ハマってはならない中国「海警法」の罠
NEW

ハマってはならない中国「海警法」の罠

中国「海警法」の脅威を指摘する声が相次ぐには理由がある。それは、尖閣を巡って日本が対応を誤れば取り返しのつかないカラクリが隠されているからだ。もはや「中国公船」などと呼ぶのは甘すぎる。再三警告しているように、日本は現実を直視し、国際社会に向けた「世論戦」を仕掛けなければならない。

一覧

いま話題の執筆陣

羽毛田信吾

羽毛田信吾

元宮内庁長官。昭和17年、山口県出身。京都大法学部卒。厚生労働省事務次官、宮内庁次長を経て、平成17年から24年まで宮内庁長官を務めた。現在、宮内庁参与、昭和館館長、母子愛育会理事長。

外山文子

外山文子

筑波大人文社会系准教授。三重県生まれ。早稲田大政治経済学部卒、京都大大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。専門はタイ政治、比較政治学。日本学術振興会特別研究員PD、立命館大衣笠総合研究機構専門研究員などを経て現職。著書に『タイ民

高山佳奈子

高山佳奈子

京都大学大学院法学研究科(法科大学院)教授。昭和43年生まれ。専門は刑法。経済産業省産業構造審議会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員、法務省犯罪白書研究会委員、日本学術会議連携会員、京都府青少年健全育成審議会委員、名古屋大学・

青山繁晴

青山繁晴

参議院議員、作家、国家戦略アナリスト。昭和27年、神戸市生まれ。共同通信記者、三菱総合研究所研究員を経て、独立総合研究所代表に就任。平成28年参院選比例代表で自民党から出馬し初当選。近著に『ぼくらの死生観』(ワニブックス)。

上西小百合

上西小百合

前衆院議員。昭和58年、大阪府生まれ。神戸女学院大卒。損害保険会社等勤務を経て、維新政治塾塾生となり、日本維新の会公認で第46回衆院選に出馬、比例復活で当選する。平成26年に2期目の当選。27年から無所属で活動。「浪速のエリカ様」の愛称でテ

高月靖

高月靖

ノンフィクションライター。主著『キム・イル 大木金太郎伝説』『独島中毒』『韓国芸能界裏物語』『ワリカンにする日本人 オゴリが普通の韓国人』『徹底比較 日本vs韓国』『南極1号伝説』『ロリコン』『韓国の「変」』など。

マッド・アマノ

マッド・アマノ

1939年、東京都生まれ。東京芸術大学美術学部卒業後、家電販売会社の宣伝部を経て、パロディストとして独立。その後、渡米。カナダ・バンクーバー市立美術館などで個展を開く。1971年、自動車公害を風刺した作品が「写真著作権」を侵害したとして提訴

井沢元彦

井沢元彦

作家。昭和29年、名古屋市生まれ。早稲田大法学部卒。TBS入社後、記者時代に「猿丸幻視行」で第26回江戸川乱歩賞を受賞。31歳で退社し、専業作家に。歴史推理、ノンフィクションに独自の世界を開拓する。週刊ポスト連載の「逆説の日本史」は1000