安倍外交を採点したらこうなった
4611

安倍外交を採点したらこうなった

歴代首相で最多の78か国・地域を訪れ、文字通り「地球儀を俯瞰する外交」を続ける安倍首相だが、その外交手腕をどう評価すべきなのか。米国一辺倒と揶揄され、日韓関係は最悪、対露交渉も遅々として進まない。政権復帰7年目、正念場の安倍外交を識者に採点してもらった。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

古谷経衡

古谷経衡

文筆家。昭和57年、札幌市生まれ。立命館大卒。インターネットと保守、マスコミ、アニメ評論などの分野で執筆活動、番組出演、講演会などを行っている。主な著書に『若者は本当に右傾化しているのか』(アスペクト)など多数。近著に『女政治家の通信簿』(

村上貴弘

村上貴弘

昭和46年生まれ。九州大学持続可能な社会のための決断科学センター准教授。北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。博士(地球環境科学)。研究テーマは菌食アリの行動生態、社会性生物の社会進化など。

篠田英朗

篠田英朗

東京外国語大大学院教授。昭和43年生まれ。学生時代より難民救援活動に従事し、クルド難民(イラン)、ソマリア難民(ジブチ)への緊急援助のための短期ボランティアとして派遣された経験などを持つ。ロンドン大学で国際関係学取得して、ロンドン大学および

上村直人

上村直人

高知大学医学部附属病院精神科講師。平成9年高知医科大学大学院卒業。医学博士で専門は精神医学、老年精神医学。日本老年精神医学会評議員、日本認知症学会代議員も務める。

大月隆寛

大月隆寛

札幌国際大人文学部教授、民俗学者。昭和34年、東京都生まれ。早大法学部卒、成城大大学院文学研究科博士後期課程単位取得。国立歴史民俗博物館助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て、平成19年より現職。専攻は民俗学・民衆文化論。著書

仲新城誠

仲新城誠

八重山日報編集長。昭和48年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大卒。平成11年入社後、八重山の政治、経済、社会問題を中心に取材。22年から現職。著書に『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』 『偏向の沖縄で「第三の新聞」を発行する』(ともに産経新聞

鈴木祐司

鈴木祐司

次世代メディア研究所代表、メディアアナリスト。昭和34年、愛知県生まれ。57年に東大文学部を卒業後、NHK入局。「NHKスペシャル」など、主にドキュメンタリー番組を担当した。チーフディレクターなどを経て、平成26年に退職し、現職。共著に『メ

落合陽一

落合陽一

メディアアーティスト、筑波大准教授・学長補佐。昭和62年、東京都出身。東大大学院学際情報学府博士課程修了。平成29年より現職。筑波大デジタルネイチャー研究室主宰。27年、米the WTNが世界最先端の研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・ア