コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

角井亮一

角井亮一

コンサルタント。昭和43年、大阪府出身。上智大学経済学部卒業。平成12年、イー・ロジット社設立。平成27年、「再配達ゼロ」を目指す生活アプリ「ウケトル」を開発し、話題を集めた。著書に『アマゾンと物流大戦争』(NHK出版新書)などがある。

山田健太

山田健太

専修大文学部人文・ジャーナリズム学科教授。昭和34年、京都生まれ。青山学院大法学部卒。専門は言論法、ジャーナリズム研究。日本ペンクラブ専務理事も務める。主な著書に『言論の自由』(ミネルヴァ書房)、『3・11とメディア』(トランスビュー)、『

長尾義弘

長尾義弘

ファイナンシャルプランナー。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。平成9年に出版プロデューサーとして独立、NEO企画を設立して代表となる。著書に『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)など多数。

おおたとしまさ

おおたとしまさ

育児・教育ジャーナリスト。リクルート独立後、数々の教育誌のデスクや監修を歴任。教育現場を緻密に取材し執筆するスタイルに定評がある。中高教員免許、小学校教員経験、心理カウンセラー資格も持っている。『中学受験という選択』『男子校という選択』『女

石井哲也

石井哲也

生命倫理学者。北海道大学安全衛生本部教授。昭和45年、群馬生まれ。北海道大博士(農学)取得。近訳に、iPS細胞を使う生殖の倫理を描いた『人がセックスをやめるとき 生殖の将来を考える』(東京化学同人)、近著に『ゲノム編集を問う―作物からヒトま

山本佳奈

山本佳奈

医師。平成元年、滋賀県生まれ。滋賀医科大卒。福島県の南相馬市立総合病院を経て、ときわ会常磐病院(いわき市)、ナビタスクリニック(東京都)内科医として勤務。NPO法人医療ガバナンス研究所研究員も務める。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)。

溝畑宏

溝畑宏

大阪観光局長、元観光庁長官。昭和35年、京都府生まれ。東大法学部卒業後、自治省(現総務省)に入省。その後、大分県企画文化部長、大分フットボールクラブ代表取締役、国土交通省観光庁長官、内閣官房参与、大阪府特別顧問、京都府参与などを歴任。平成2

手嶋龍一

手嶋龍一

外交ジャーナリスト・作家。昭和24年、北海道生まれ。慶大経済学部卒。NHKに入局し、ボン支局長、ワシントン支局長などを歴任。平成17年にNHKから独立し、『ウルトラ・ダラー』『スギハラ・サバイバル』(新潮文庫)などを刊行。近著に『汝の名はス