静かな「東京マラソン」激戦の行方
NEW

静かな「東京マラソン」激戦の行方

感染者が国内で相次ぐ新型コロナウイルスは、東京五輪のマラソン代表争いにも影響を及ぼした。一般ランナーがいない東京マラソンだが、それでも男子「最後の切符」を目指し、大迫傑や設楽悠太など有力ランナーが集結した。「厚底シューズ」効果で高速レースは必至、静かでも熱いレースで五輪に大きく前進するのは誰か。

一覧

いま話題の執筆陣

山村明義

山村明義

作家、ジャーナリスト。昭和35年、熊本県生まれ。早稲田大卒業後、金融業界誌、雑誌記者を経て、フリーランス・ジャーナリストからノンフィクション作家へ。政治・行政・外交ジャンルを中心に、経済、社会、宗教、芸能・スポーツ分野まで幅広く取材・執筆を

荒木和博

荒木和博

拓殖大学海外事情研究所教授。昭和31年、東京都生まれ。慶応大法学部卒。民社党本部書記局員、現代コリア研究所研究部長などを経て現職。特定失踪者問題調査会代表、予備役ブルーリボンの会代表も務める。著書に『拉致救出運動の2000日』『山本美保さん

今村浩

今村浩

早稲田大社会科学総合学術院教授、早稲田大アメリカ政治経済研究所所長。昭和29年、三重県生まれ。早大政治学研究科博士課程単位取得満期退学。早大社会科学部助教授などを経て現職。共編著に『論点 日本の政治』(東京法令出版)、『巨大国家権力の分散と

菅野徹

菅野徹

野球、大相撲、鉄道、広告コピーなどを中心に雑誌等で執筆中。旧筆名は「鳴尾浜トラオ」。阪神タイ ガース評論 家を自称する。ブログ「自称阪神タイガース評論家」は2003年12月からほぼ毎朝更新中(ただし10〜12年は、阪神タイガース公式携帯サイ

広野真嗣

広野真嗣

ジャーナリスト。昭和50年、東京都生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒。神戸新聞記者を経て、猪瀬直樹事務所のスタッフとなり、石原慎太郎知事、猪瀬知事の都政下で専門委員を務める。 平成27年10月より、フリーランスのジャーナリストとして独立

三浦直樹

三浦直樹

弁護士。サブリース被害対策弁護団団長。日弁連消費者問題対策委員会および欠陥住宅被害全国連絡協議会のメンバーとしても、住まいに関する消費者被害の予防・救済に取り組んでいる。

松井一郎

松井一郎

大阪府知事、日本維新の会代表。昭和39年、大阪生まれ。福岡工業大卒業後、建設会社勤務などを経て、平成15年の大阪府議選で自民党公認候補として立候補し、初当選。22年に橋下徹氏の大阪維新の会に参加。23年に大阪府知事選に立候補し、初当選。現在

鳥畑与一

鳥畑与一

1958年生まれ、石川県七尾市出身。大阪市立大学大学院経営学研究科修了。静岡大学人文社会科学部教授(国際金融論担当)、『略奪的金融の暴走』(学習の友社、2009年)、『カジノ幻想』(ベスト新書、2015年)の単著のほか共著、論文多数。趣味は