渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情
NEW

渋谷すばる、関ジャニ脱退の悲しき事情

アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」の渋谷すばるが脱退し、ジャニーズ事務所も退所することになった。コンサートツアーを前に突然発表されたメンバーの脱退に、衝撃が走った。SMAPや嵐に及ばない関ジャニとはいえ、人気絶頂期ともいえるこのタイミングで渋谷を決断させたものは何だったのか。

コメント

  • Thumbnail
    森友文書、首相の責任はどうなる?

    1

     福田事務次官の件は辞めたから、捏造であったかどうかはまたわからなくなったようだ。様子を見よう。でももし、捏造だったら超弩級には違いない。しかし、TV朝日は女性

  • Thumbnail
    「文春砲」が許せない

    0

    週刊文春の発行会社である文芸春秋社の社長は、あの有田芳生と同志的関係にあるそうな。 週刊文春が、日本社会が混乱させるかの報道を繰り返すのは当たり前なんじゃないの

  • Thumbnail
    何が何でも「安倍退陣」リベラルの姑息

    53

    「国民の敵」=小西 小西は小野寺防衛相の辞任を求めているが、ならば先に自分自身が議員バッジをはずすべきである。 安保法案が成立したとき、亡命すると宣言した自分の

一覧

いま話題の執筆陣

飯田哲也

飯田哲也

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長。昭和34年、山口県生まれ。京都大大学院工学研究科原子核工学専攻修了。東京大先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。原子力産業や原子力安全規制などに従事後、非営利活動を経てIS

榊原英資

榊原英資

1941年、神奈川県生まれ。都立日比谷高校を2年で修了、米国留学。東京大学経済学部卒。同大大学院(理論経済)中退、65年大蔵省(現財務省)入省。ミシガン大学に留学し経済学博士号取得。財政金融研究所所長、国際金融局長を経て97年に財務官就任。

佐久間大輔

佐久間大輔

弁護士。昭和45年、埼玉県生まれ。中央大学法学部卒。平成9年東京弁護士会に登録、25年つまこい法律事務所開設。労災・過労死事件を中心に労働事件などに取り組む。著書に『過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方』(労働開発研究会

松野弘

松野弘

千葉商科大学人間社会学部教授、早稲田大学スポーツビジネス研究所・スポーツCSR研究会会長、博士(人間科学)。昭和22年、岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業。日本大学文理学部教授、千葉大学大学院人文社会科学研究科教授などを経て現

村上祐資

村上祐資

極地建築家。昭和53年生まれ。第50次日本南極地域観測隊・越冬隊員。MDRS Crew144・隊員。模擬有人火星探査計画「MA365」、およびNASA「HI-SEAS」の、日本人唯一のファイナリスト。日本火星協会・理事/フィールドマネージャ

木村汎

木村汎

北海道大学名誉教授。1936年、京城(現ソウル)生まれ。京都大法学部卒。米コロンビア大Ph・D。北海道大、国際日本文化センター教授を経て、現職。著者に『プーチンとロシア人』(産経新聞出版)、『プーチン――外交的考察』(藤原書店)など多数。

八木秀次

八木秀次

麗澤大教授。昭和37年、広島県生まれ。早大大学院政治学研究科博士後期課程中退。高崎経済大教授などを経て、平成26年から現職。専門は憲法学、国家論、人権論。教育再生実行会議提言フォローアップ会合委員、法制審議会民法(相続関係)部会委員、フジテ

金沢克彦

金沢克彦

1961年北海道生まれ。青山学院大学経営学部卒業後、1986年新大阪新聞社に入社、「週刊ファイト」記者となる。1989年、日本スポーツ出 版社「週刊ゴング」編集部に移籍、新日本プロレス担当記者として頭角を現わす。1999年「週刊ゴング」編集