コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て
NEW

コロナ戦略「ご都合主義」のなれの果て

西村康稔経済再生担当相の逆ギレ会見が物議を醸したが、その1週間後の9日、東京都の感染者が224人と過去最多になった。検査数などを踏まえる必要があるとはいえ、これが現実だ。指摘されてきた感染防止と経済の「二兎」追いの危険性が露呈しつつある。行政の「ご都合主義」戦略が続けば、コロナ戦争は敗北が濃厚ではないか。

一覧

いま話題の執筆陣

塩田潮

塩田潮

ノンフィクション作家、評論家。昭和21年、高知県生まれ。45年、慶應義塾大学法学部卒業。社団法人日本能率協会(月刊「マネジメント」編集部所属)などに勤務した後、52年から月刊「文藝春秋」の記者となる。58年に処女作『霞が関が震えた日』で第5

高森明勅

高森明勅

神道学者・歴史家・皇室研究者。昭和32年、岡山県生まれ。國學院大文学部卒。専攻は神道学・日本古代史。大嘗祭の研究で神道宗教学会奨励賞を受ける。小泉純一郎内閣当時、「皇室典範に関する有識者会議」において8人の識者、皇室研究の専門家の一人として

國重惇史

國重惇史

シーアンドイー会長。昭和20年、山口県生まれ。東京大経済学部卒業後、住友銀行入行。大蔵省担当や取締役を歴任。楽天副会長などを経て現職。平成28年にイトマン事件の内幕を明かした著書『住友銀行秘史』(講談社)が発売され、話題を集める。

河西秀哉

河西秀哉

名古屋大学大学院人文学研究科准教授。昭和52年、名古屋市生まれ。名古屋大大学院文学研究科博士後期課程修了。同大で博士号取得(歴史学)。神戸女学院大文学部准教授などを経て現職。専門は日本近現代史。著書に『明仁天皇と戦後日本』(洋泉社)『天皇制

松本博文

松本博文

将棋ライター。昭和48年、山口県生まれ。東大法学部卒。将棋のネット中継に草創期から携わる。著書に『ルポ電王戦』(NHK出版)、『ドキュメント コンピュータ将棋』『東大駒場寮物語』(以上、KADOKAWA)など多数。近著に『藤井聡太はAIに勝

福島瑞穂

福島瑞穂

社会民主党副党首。参議院議員。東大卒業後、弁護士として選択的夫婦別姓、婚外子差別などに取り組む。平成10年に初当選。21年には内閣府特命担当大臣として男女共同参画・自殺防止・少子化対策などを担当し、DV被害者支援や児童虐待防止、貧困対策、労

ろくでなし子

ろくでなし子

漫画家・まんこアーティスト。2013年秋、まんこを3Dスキャンし、そのデータで今性器(世紀)初のマンボートを制作、たまん川(多摩川)にて進水を果たす。その制作費用に利用したクラウドファンドで、出資者へのお礼に3DデータをダウンロードできるU

春日良一

春日良一

スポーツコンサルタント。昭和30年、長野県生まれ。上智大文学部哲学科卒。日本体育協会、JOC在籍中、バルセロナ五輪など日本代表選手団本部員を通算5大会経験。現在は国際スポーツ交流イベントやアスリート支援などを手掛ける。ウェブで五輪批評「スポ