東日本大震災10年目の述懐
57

東日本大震災10年目の述懐

東日本大震災は発生から10年の節目を迎えた。あの日、われわれは成す術もなく自然の猛威を改めて実感し、原発事故を含め「想定外」として受け入れるしかなかった。ただ、無力さの中で何ができるかの議論は進んでいる。当時、政府や自衛隊、同盟国として関わった3識者が、10年を経た万感の思いとともに、防災対策の真の在り方を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

小林信也

小林信也

作家、スポーツライター。昭和31年、新潟県生まれ。慶応大法学部卒。高校までは野球部で投手、大学ではフリスビー選手。大学在学中から原稿執筆を始め、雑誌「ポパイ」「ナンバー」編集部を経て独立。現在、中学硬式野球チーム「東京武蔵野シニア」の監督も

サンプラザ中野くん

サンプラザ中野くん

昭和35年、山梨県生まれ。59年にロックバンド「爆風スランプ」のボーカル、サンプラザ中野としてデビューし、「Runner」などのヒット曲を送り出す。平成11年、バンド活動を休止し、20年に「サンプラザ中野くん」と改名して活動中。主な著書に『

岡田晃

岡田晃

大阪経済大客員教授、経済評論家。昭和22年、大阪市生まれ。慶応大卒業後の46年、日本経済新聞に入社。記者、編集委員を経て、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト(WBS)」などのキャスターやプロデューサーのほか、同社経済部長、アメリカ社長、

桧垣伸次

桧垣伸次

福岡大法学部准教授。昭和57年、広島県生まれ。同志社大法学部卒、同大学院法学研究科博士後期課程退学。博士(法学)(同志社大)。2015年から現職。専攻は憲法学。著書に『ヘイト・スピーチの憲法学的考察』(法律文化社)など。

沖大幹

沖大幹

東京大学生産技術研究所教授。昭和39年生まれ。専門は水文学。博士(工学、東京大学)、気象予報士。著書は『東大教授』(新潮社)、『水危機 ほんとうの話』(新潮社)など。

片岡亮

片岡亮

フリージャーナリスト。昭和48年生まれ。K-1やプロレスにも出場した元格闘家で、アメリカで約7年間の商社マンを経験し、スポーツ紙記者を経て平成13年に独立。日刊紙、週刊誌、ネットニュースなどを中心に社会事件から芸能、スポーツに至るまで幅広く

有田芳生

有田芳生

参院議員、ジャーナリスト。昭和27年、京都生まれ。平成19年まで日本テレビ系『ザ・ワイド』にレギュラーコメンテーターとして出演。著書に『私の家は山の向こう テレサ・テン十年目の真実』(文藝春秋)、『「コメント力」を鍛える』(NHK生活者新書

薗潤

薗潤

NPO法人日本タバコフリー学会代表理事。協和マリナホスピタル顧問、緩和ケア内科医。昭和24年、兵庫県尼崎市生まれ。京都大学医学部卒業。阪神淡路大震災を機に神戸市立中央市民病院で禁煙活動開始。平成19年、WHO世界禁煙デー賞受賞。元西宮市保健