「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり
NEW

「日本学術会議」学問の退廃ここに極まれり

「汝平和を望まば、戦争を理解せよ」。イギリスの戦略思想家、リデル・ハートの名言は「学問の自由」をうたいながら、軍学分野を忌避してきた日本の学術界の矛盾をあぶり出す。論争が続く日本学術会議会員の任命拒否問題は、政府側も説明責任を果たさず、論点がズレ始めていないだろうか。改めて問題の本質を問う。

一覧

いま話題の執筆陣

斉藤章佳

斉藤章佳

大森榎本クリニック精神保健福祉部長、精神保健福祉士、社会福祉士。昭和54年生まれ。大卒後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにソーシャルワーカーとしてアルコール依存症を中心にギャンブル・薬物・摂食障害・性犯罪・虐待・DV

吉良佳子

吉良佳子

参議院議員。昭和57年、高知県生まれ。早稲田大第一文学部卒。平成25年の参院選に東京選挙区より出馬し、初当選。以来、2期連続当選。29年から日本共産党中央委員も務める。

飯田泰之

飯田泰之

明治大政治経済学部准教授。昭和50年、東京都生まれ。東大経済学部卒業。同大経済学研究科博士課程単位取得退学。専門は日本経済・ビジネスエコノミクス・経済政策・マクロ経済学。現職のほか、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、株式会社シノドス

仲野博文

仲野博文

ジャーナリスト。甲南大学卒業後、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信。08年より東京を拠点に活動を開始。ラジ

桑原久男

桑原久男

天理大学文学部教授。昭和38年生まれ。京都大学大学院文学研究科考古学専攻博士後期課程単位取得退学。専門は考古学。弥生時代~古墳時代を中心に、日本の考古学に関する調査研究を行っているほか、イスラエルのエン・ゲヴ遺跡、テル・レヘシュ遺跡の発掘調

李相哲

李相哲

龍谷大教授。1959年、中国生まれ。中国北京中央民族大卒業後、新聞記者を経て87年に来日し、98年に日本国籍を取得。専門は東アジアの近代史・メディア史。著書に『満州における日本人経営新聞の歴史』(凱風社)、『漢字文化の回路―東アジアとは何か

荒井太郎

荒井太郎

相撲ジャーナリスト。昭和42年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、百貨店勤務を経てフリーライターに転身。専門誌の寄稿、連載、およびテレビ出演、コメント提供も多数。2015年1月に創刊した『相撲ファン』の監修を務める。著書に『歴史ポケットスポー

長尾賢

長尾賢

ハドソン研究所研究員。昭和53年、東京都生まれ。学習院大大学院博士課程(政治学)修了。専門はインド太平洋の安全保障。学習院大、青山学院大、駒澤大の講師のほか、学習院大東洋文化研究所、海洋政策研究財団、米戦略国際問題研究所、東京財団で研究員を