だから渋野日向子は攻め続ける
NEW

だから渋野日向子は攻め続ける

日本女子ゴルフ42年ぶりのメジャータイトルを手にしてから、渋野日向子を取り巻く環境は大きく変わった。だが、「シブコフィーバー」にも持ち前の笑顔を絶やさず、攻めのゴルフを貫いている。そんな渋野には、メンタルがより重要なゴルフ選手にとって、笑顔以上の「ワザ」が備わっているという。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

落合浩太郎

落合浩太郎

政治学者。東京工科大学教授。昭和37年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学研究科博士課程中退。著書に『CIA失敗の研究』(文春新書)、共著に『インテリジェンスなき国家は滅ぶ』(亜紀書房)など。

高橋洋一

高橋洋一

嘉悦大学教授、政策工房会長。昭和30年、東京都生まれ。東大理学部、経済学部卒。55年に大蔵省に入省し、理財局資金企画室長内閣参事官(官邸・総理補佐官補)などを歴任。退官後は金融庁顧問などを経て現職。主な著書に『さらば財務省』(講談社)、『ア

森健

森健

ジャーナリスト。昭和43年、東京都生まれ。平成4年、早稲田大法学部卒業。24年に『「つなみ」の子どもたち』(文藝春秋)と『つなみ被災地の子ども80人の作文集』(企画編集、文藝春秋)で第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。27年には『小倉昌

碓井広義

碓井広義

上智大学文学部新聞学科教授。昭和30年、長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。56年テレビマンユニオンに参加。以後20年にわたりドキュメンタリーやドラマの制作を行う。慶應義

高橋透

高橋透

早稲田大文化構想学部教授、文学博士(早大)。昭和38年、東京都生まれ。早大文学研究科ドイツ文学専攻博士後期課程満期退学。専門は 先端テクノロジー論、サイボーグ論、サブカルチャー論。著書に『サイボーグ・エシックス』(水声社) 『サイボーグ

宮本悟

宮本悟

聖学院大学教授。1970年生まれ。同志社大学法学部卒。ソウル大学修士課程修了。神戸大学博士後期課程修了。日本国際問題研究所研究員、聖学院大学総合研究所准教授を経て現職。著書に『北朝鮮ではなぜ軍事クーデターが起きないのか?』(潮書房光人社)、

笠原英彦

笠原英彦

慶応大法学部教授、法学博士。昭和31年、東京都生まれ。慶応大大学院法学研究科博士課程(単位取得退学)。スタンフォード大訪問研究員。著書に『歴代天皇総覧』(中公新書)『明治国家と官僚制』(芦書房)『象徴天皇制と皇位継承』(ちくま新書)など。

原口泉

原口泉

志學館大教授、鹿児島大名誉教授。昭和22年、鹿児島市生まれ。東京大大学院博士課程単位取得退学後、鹿児島大法文学部人文学科教員。平成10年から23年まで教授を務め、23年4月に志學館大人間関係学部教授に就任。24年から鹿児島県立図書館長も務め