「新しい地図」と合流しない中居正広の打算
NEW

「新しい地図」と合流しない中居正広の打算

元SMAPの中居正広が開いたジャニーズ事務所退所会見は、さながら彼の「独演会」となった。アイドルの事務所退所といえば、スキャンダル的な要素が拭えないが、持ち味のトーク力と演出力ですべてを覆したといえる。こうした中居だからこそ、先に退所した3人には到底できない大仕事が期待できそうだ。その大仕事とは?

一覧

いま話題の執筆陣

元木昌彦

元木昌彦

ジャーナリスト。昭和20年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。上智大や明治学院大、大正大などで非常勤講師(マスコミ論)を務めた。現在、インターネット報道協会代表理事。著書に『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版

遊川和郎

遊川和郎

亜細亜大アジア研究所教授(所長)。東京外国語大卒。外務省専門調査員(在香港日本総領事館、在中国日本大使館)、日興リサーチセンター上海駐在員事務所長、北海道大大学院教授などを経て現職。著書に『香港 返還20年の相克』(日本経済新聞出版社)など

矢追純一

矢追純一

テレビディレクター、プロデューサー、ジャーナリスト。1935年、旧満州国生まれ。中央大法学部を卒業後の1960年、日本テレビに入局。担当した番組で、スプーン曲げなどで知られる超能力者、ユリ・ゲラーを紹介し、超能力ブームの火付け役となった。そ

山岡俊介

山岡俊介

ジャーナリスト。昭和34年、愛媛県生まれ。法政大大学院中退。情報サイト「アクセスジャーナル」編集長。著書に『アムウェイ商法を告発する』(あっぷる出版社)、『だから公立学校は塾に破れた』(双葉社)など。

影山貴彦

影山貴彦

同志社女子大学メディア創造学科教授。昭和37年、岡山市生まれ。早大政治経済学部卒。毎日放送プロデューサーを経て現職。専門はメディアエンターテインメント論。上方漫才大賞審査員、日本笑い学会理事なども務める。主な著書に『おっさん力』(PHP研究

中村聡樹

中村聡樹

医療介護ジャーナリスト、株式会社地暮代表。昭和35年、兵庫県生まれ。中央大経済学部卒。新聞記者などを経て現職。著書に『親の入院・介護に必要な「手続き」と「お金」』(日本経済新聞出版社)、『定年後を海外で暮らす本』(日本経済新聞出版社)など多

木坂麻衣子

木坂麻衣子

広告会社勤務を経て渡英。帰国後はフリーランスのグラフィックデザイナーに。最近は企業のブランドマネージャーも兼任。2011年の東日本大震災に際し台湾からの多大な義援金への感謝広告を民間で出した「謝謝台湾計画」の発起人。

ラリー遠田

ラリー遠田

お笑い評論家、ライター。昭和54年、名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経て独立。主な著書に『バカだと思われないための文章術』(学研パブリッシング)など。近著に『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり』(イースト新書)。