白鵬「日本人帰化」を嫌う品位の底流
NEW

白鵬「日本人帰化」を嫌う品位の底流

横綱白鵬がついに日本国籍取得に動き始めた。熱望する東京五輪での土俵入りの先に白鵬親方、そして理事長への道が開ける。だが、ここのところの白鵬は、かち上げ、万歳三唱、三本締めとやりたい放題だ。とはいえ、白鵬に求める「品格」が角界にないことなど、相撲ファンならとうの昔に知っている。

コメント

一覧

いま話題の執筆陣

長岡義幸

長岡義幸

1962年、福島県生まれ。福島高専工業化学科卒・早大第二文学部中退。主なテーマは、震災と原発、出版流通、出版の自由、図書館の自由、子どもの権利、労働、政治、時事諸々ほか。著書に『マンガはなぜ規制されるのか』(平凡社)、『物語のある本屋』(ア

渡辺雅之

渡辺雅之

大東文化大教職課程センター准教授。昭和32年。福島県生まれ。埼玉県の公立中学で社会科教員として22年間勤務し、いじめ非行問題などに取り組む。著書に『いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育』『「道徳教育」のベクトルを変える』(ともに高文研

千代松大耕

千代松大耕

泉佐野市長。昭和48年、大阪府泉佐野市生まれ。和歌山大大学院修了。堀場製作所勤務を経て、平成12年から泉佐野市議を4期務め、23年4月の同市長選で初当選。現在2期目。

田母神俊雄

田母神俊雄

元航空幕僚長。昭和23年、福島県生まれ。46年に防衛大学校卒業後、航空自衛隊入隊。統合幕僚学校長、航空総隊司令官などを経て、平成19年に航空幕僚長に就任。20年、懸賞論文への応募をめぐって幕僚長を更迭。同年11月に定年退官。その後、執筆や講

寺脇研

寺脇研

京都造形芸術大教授。昭和27年、福岡県生まれ。東大法学部卒業。50年、文部省に入省。生涯学習局生涯学習振興課長、大臣官房審議官などを経て平成14年から文化庁文化部長を務め18年11月、大臣官房広報調整官を最後に退官。19年4月から現職。著書

下地幹郎

下地幹郎

衆院議員。昭和36年、沖縄県宮古島市生まれ。中央学院大卒。会社役員を経て、平成8年の衆院選に自民党公認で出馬し初当選。17年に自民党を離党し、20年に国民新党に入党。24年から郵政・防災担当相を務めた。現在、日本維新の会国会議員団政調会長。

中村逸郎

中村逸郎

筑波大学人文社会系教授。昭和31年、島根県生まれ。学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。モスクワ国立大学、ロシア科学アカデミーに留学、島根県立大学助教授、筑波大学助教授を経て平成19年から現職。著書に『虚栄の帝国ロシア――闇

片岡亮

片岡亮

フリージャーナリスト。昭和48年生まれ。K-1やプロレスにも出場した元格闘家で、アメリカで約7年間の商社マンを経験し、スポーツ紙記者を経て平成13年に独立。日刊紙、週刊誌、ネットニュースなどを中心に社会事件から芸能、スポーツに至るまで幅広く